« 『能登半島デラックス』バスと船の旅(3)  | トップページ | 『能登半島デラックス』バスと船の旅(5)  »

2009年7月24日 (金)

『能登半島デラックス』バスと船の旅(4) 

7月24日
宿泊地の穴水からのと鉄道に乗って能登中島で降ります。そこから歩いて5分ほどで、昨日の中断地点、曽福バス停に到着しました。能登中島駅からここまでは歩道があるのですが、ここから先はありません。

徒歩 曽福バス停→横見集会所バス停(約20分)
 曽福バス停からは、旧道を歩いていく。ほとんどの家に蔵があり、しっかりとした家並みが続く。きっと由緒ある集落なのだろう。
 曽福の集落を抜けると、再び国道を歩くことになる。山側の路側帯は、幅が1mほどあり歩くのに不安はない。しかも数百m歩くと、もう穴水町と七尾市の境界だ。七尾市に入ってすぐが横見集落。集会所を探すまでもなく、海側の空き地にマイクロバスが停まっているのが見えた。

23 横見集会所8:00→8:16うるおい公園(100円)
 バスの向こうに見える「ツインブリッジのと」(正式名称;中能登農道橋)のたもとにあるうるおい公園まで、旧中島町のコミュニティバス「中島げんきバス」に乗っていく。
 乗車できるか不安だったので、事前に役場に問い合わせると「100円で旅行者の方でも利用できます」との返事だったので、今回乗せても らうことにした。
Genki20090724_2

徒歩 うるおい公園→(ツインブリッジのと)→百万石バス停(約40分)
 うるおい公園で9時まで写真を撮ったりして過ごす。9時になって、いよいよツインブリッジのとを渡り始める。片側に歩道もあり、橋を渡ること自体は景色もよく非常に快適だ。
 橋の上は駐停車禁止なので、橋の上からの風景を楽しみたければ、歩道を歩くしかないのだ。とっても贅沢な気持ちで、何度も立ち止まって写真を撮りながら能登島へと渡っていく。
 能登島では、渡ってすぐの交差点を左に行けば通バス停があるのだが、少しでも長く乗りたいので、そのまままっすぐ進み、突き当たりを左に曲がった百万石バス停まで行くことにした。
Twinbrig20090724

24 百万石10:05→10:32マリンパーク島の湯(710円)
 この4月から南止まりが1日2本だけマリンパーク島の湯まで延長された。バス停の貼り紙によると、島内巡回バスが廃止されたたためとある。島内住民で、健康センター、診療所、歯科医、市民センター、島の湯を使う場合は、利用証明書を出すと100円で乗れるのだそうだ。
 やってきたバスは、方向幕は南行き。マリンパークまで行くが、放送や運賃表は南までしかなかった。4月に延長された南~島の湯間は一般運賃400円で、合算とのこと。運転士さんが三角表で調べると、しっかり710円と合算額になっていた。
Notojimakotu2090724

25 マリンパーク島の湯11:09→11:24のとじま臨海公園(290円)
 30分ほどしかなかったが、島の湯へ入浴。浴槽はいくつもあるものの、泡風呂などは白湯の表示があり、温泉なのは「あつい」「ぬるい」「露天」の3カ所だけ。これだけなら、この時間でも、それなりにくつろぐことができた。
 のとじま臨海公園では、もちろん水族館へ入館。イルカショーやマゼランペンギンの散歩など、それなりに楽しいものだった。

26 のとじま臨海公園13:50→14:00向田宮ノ前(220円)
 明日行われる、向田火祭りのたいまつをクレーン車を使って立てていた。能登島郵便局へ行ったりして時間を過ごした。

27 向田宮ノ前14:58→15:20祖母ヶ浦(490円)
 能登島のバスに乗るなら、やっぱりここまで行かないとと思って乗ってみました。やっぱり乗っておいてよかったなと思う路線でした。

28 祖母ヶ浦15:45→16:10マリンパーク島の湯(乗り継ぎ券)
 これが上りの最終です。これに乗り遅れたら、和倉方面へバスで戻ることができません。

29 マリンパーク島の湯16:14→16:47食祭市場(910円)
 道の駅きっぷの発売が17時までだというので、来てしまいました。

30 食祭市場17:23→17:27七尾駅(170円)

この後、のと鉄道で穴水へ行きコインロッカーの荷物を引き取って、再び七尾まで来ました。周遊きっぷのゾーン券があればこその行動です。

|

« 『能登半島デラックス』バスと船の旅(3)  | トップページ | 『能登半島デラックス』バスと船の旅(5)  »

コメント

こんにちは!

いや~楽しまれてますねぇ!
乗車される路線もツボを押さえて
おられて、さすがです。

中島のコミバス乗ってみたいですね。
恥ずかしながら見たこともありませんでした。

投稿: もりさけてん。 | 2009年7月25日 (土) 14時54分

もりさけてんさん、こんにちは。

その節は、面識もないのに質問に丁寧に回答していただきありがとうございました。おかげで少し安く旅ができるはずだったのですが・・・。200円券にしとけばよかった。というのが結果です。

いよいよ、明日が最終日。しっかり1日2本のあのバスに乗る予定です。

投稿: わらしべ長者町 | 2009年7月25日 (土) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/45730299

この記事へのトラックバック一覧です: 『能登半島デラックス』バスと船の旅(4)  :

« 『能登半島デラックス』バスと船の旅(3)  | トップページ | 『能登半島デラックス』バスと船の旅(5)  »