« 今日は1日会議でした  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

2009年7月 5日 (日)

「いけちゃんとぼく」見に行きました 

 今日は、昨日に引き続き千葉に行きました。今日は会議じゃなくて、映画。ひさしぶりに行きました。いつもは、茂原のアスモのレイトショーなんですが、茂原でやっていないので、千葉までお出かけです。昨日の会議のあとで、チケットショップで京成の映画券買っておいたのです。大人1800円が1280円で買えました。

 見たのは、西原理恵子画伯の「いけちゃんとぼく」。「ぼくんち」のときは、原作読んで銀座の映画館まで行ったんですけど、今回は原作読まずに映画見ちゃいました。
 西原画伯の映画だから、観客は大人ばかりだと予想していたのだけれども、子供のグループとか親子とか、けっこう子供が見に来ているのが、自分にとっては意外でした。恨ミシュランとかサイバラ式から読む内容が進化していないので、そういう先入観があるのかな。
 映画はね、よかったですよ。原作も読んどこうとおもいました。もちろん、DVDでたら買っておこう。夏の終わりには、西原画伯の「女の子ものがたり」も封切られんですね。一応西原ファンなので、これも行かないとね。

 その後、東京中央郵便局へ。地元の郵便局では「扱っていません」と言われてしまった、カーボンオフセットかもめーるとポスティーズのフレーム切手を買いました。高いからどうしようかなと思っていた、観測グラス付きフレーム切手は都合よく「好評につき売り切れ」。これで衝動買いせずにすみました。

 そして、浜松町からモノレールで羽田空港へ。第1ターミナルにある、北海道キヨスクのやっている「四季彩館」へ行きます。7月1日から販売している、函館開港150周年記念の「青函連絡船」フレーム切手を買います。2300円とちょっと高めですが、青函連絡船は鉄道ものですので、収集縮小後でも買っておきたい題材。売り切れを心配しましたが、あと数枚残っていました。

 東京モノレールにも乗って、ホリデーパスをそれなりに活用できた1日でした。やっぱり映画はいいですね。本当は1月に1本は見たいんですけどね。

|

« 今日は1日会議でした  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

コメント

「ちくろ幼稚園」映画化希望・・・できるかな?

投稿: akagi | 2009年7月10日 (金) 22時16分

う~ん、実写では難しいでしょう。アニメならできるかもしれませんが。

ただ、西原画伯のあの「書き殴り文字」をいかに表現するかが難しいですよね。

投稿: わらしべ長者町 | 2009年7月11日 (土) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いけちゃんとぼく」見に行きました :

« 今日は1日会議でした  | トップページ | 支社版フレーム切手  »