« 天草路線バスと船の旅(2)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

2009年6月15日 (月)

天草路線バスと船の旅(3) 

今朝は、まず天草の上島と下島の間にある海峡、瀬戸を見に行きます。ここには歩道のある自動車橋と歩行者・自転車専用の歩道橋の2本の橋が架かっています。

16 本渡バスセンター7:20→7:28工業高校前(産交バス)130円
 工業高校の脇の道を入っていくと、瀬戸歩道橋にでます。この橋は昇開橋になっていて、船が通るときは中央部分があがります。
Amakusa20090615_1
 干潮なので、水面からの高さがあるためか、漁船が通ったくらいではあがりません。30分ほどいたのですが、あがらないので渡ってみることにしました。

Amakusa20090615_2
 歩道橋から見た国道の自動車橋『瀬戸大橋(せどおおはし)』。片側には歩道もあるので、あちらを歩くこともできますが、あれだけの高さを登らなければならないので、歩いている人を見ませんでした。

Amakusa20090615_3
 渡り終わってしばらくすると、突然ブザーが鳴って信号が赤になり、遮断機が下りてきました。

Amakusa20090615_4
 すると、橋の中央部分がどんどんあがって行くではないですか。遮断機だけで、柵が何もないのがちょっとこわいです。でも、みなさん、慣れているから大丈夫なんでしょうね。

Amakusa20090615_5
『しーがる3』という旅客船が通過していきました。通過するとすぐに橋が下がってきて、何事もなかったように、皆さん渡っていきました。

17 瀬戸大橋8:32→8:41本渡バスセンター(産交バス)130円
 橋の対岸、天草上島にあるその名も「瀬戸大橋(せどおおはし)」バス停からバスに乗って、本渡バスセンターに戻ります。

18 本渡バスセンター8:50→9:57松島(産交バス)980円
 トップドアのリエッセでした。旧道経由という北側の海岸沿いを行くバスです。

19 松島10:31→10:43さんぱーる(九州産交バス)350円
 快速「あまくさ」号に短区間乗ります。15分ほど遅れています。バスは、3列シートのトイレ付きでした。かつて高速バスで使われていたのでしょう。それにしても豪華です。このまま熊本まで乗って行きたくなりました。
 さんぱーるに着くと、目の前の高台にある天草四郎メモリアルホールという資料館に行きました。

20 さんぱーる11:35→12:23大矢野郵便局前(SUNまりんバス)150円
 上天草市の大矢野島内を走る路線は、SUNまりんバスというコミュニティバスになっています。150円均一で、回遊きっぷは使えません。大矢野島と橋でつながっている野釜島まで足を伸ばす上循環というバスに乗ります。

21 大矢野郵便局前12:41→13:04さんぱーる(SUNまりんバス)150円
 今度は、島の東半分を回る登立循環というバスに乗ります。こちらは平日のみ3本の運転です。

22 さんぱーる13:14→13:35三角産交(産交バス)370円
 最後は「あまくさ」号ではなく、さんぱーるからのローカル便で三角に戻ります。

以上で、今回のバス旅は終了です。JR三角線で熊本へ戻り、そこからリムジンバスで阿蘇くまもと空港へ向かいました。時間があれば、回遊きっぷは使えませんが、三角から松橋まで、半島の南岸を行く産交バスに乗ってみたかったです。松橋からJRで熊本まで行けばいいのですから。ところが、三角~松橋はバスで1時間ほどかかり、コレに乗るためには、SUNまりんんバスをあきらめなければなりませんでした。考えた末、今回は半島より島を重点的に乗ることにして、今回のような経路になりました。回遊きっぷの有効期限いっぱいの4日間休みが取れれば・・・。

|

« 天草路線バスと船の旅(2)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/45353080

この記事へのトラックバック一覧です: 天草路線バスと船の旅(3)  :

« 天草路線バスと船の旅(2)  | トップページ | 支社版フレーム切手  »