« 支社版フレーム切手7種だ!  | トップページ | 路線バスでまわる大島(2)  »

2009年3月28日 (土)

路線バスでまわる大島(1) 

2月に予定していたのに、船が欠航していけなかった大島。つばき祭は3月29日まで。館山港からの船も、その1週間後の4月5日まで。
 来年にしようかとも思ったのだが、大島町議の方がやっているブログを見ると、大島バスそのものがあまり芳しくないようだ。路線バスでゆっくり観光できるかどうか、何ともいえない状況らしい。できれば今年行っておきたい。ということで、何とか年度末に休みを(むりやり)とって、同居人と一緒に大島へ行くことにした。

 2月26日、6時過ぎにテレホンサービスで、本日の運航状況を確認する。今日は平常通り運航とのこと。6時半に家を出て館山港へ向かう。

館山港9:20→10:10岡田港
Osima20090326_01
出航時間が近づき、やってきたのは「アイランド虹」。けっこう岸壁の近くまで翼走してくるんだ。
 乗ってしまえば、50分で大島到着。今日は岡田港への到着だった。2階席の進行方向右側だったので、陸地が見えるかと思っていたのだが意外と見えなかった。伊豆半島がしっかり見えたのは、大島に上陸してからだった。

1 岡田港10:30→10:55三原山頂口
Osima20090326_02
島内を走っているのは、大島バスという会社。かつては東海汽船だったのだが、バス部門だけ分社化された。車内の整理券は、いまだに「東海汽船」の文字がついているものもあった。

 山頂口バス停から、三原山の山頂までは往復5.2kmとのこと。同居人は股関節がよくないので、あまり歩きたがらないのだが、今日は山頂まで挑戦するという。
 ゆっくり、休みながら遊歩道というか登山道を歩いて行く。急な坂道が2ヵ所ほどあって挫折しかけたけど、なんとか頂上までたどりついた。
Osima20090326_03
山頂まで行くと、利島がすぐそこに見えた。

 山頂を後にしたのが12:05のこと。これなら12:50のバスには乗れそうだ。それなら、三原山温泉まで下って、大島温泉ホテルで昼食にしよう。

2 三原山頂口12:50→12:57三原山温泉
Osima20090326_04
待っていたのは、真っ黄色の前後ドアのバス。観光タイプだけでなく、最近は路線タイプの中古車を導入しているのだという。それでも、1人掛け座席のモケットは幅が広く、座り心地はよかった。
 女性の運転士さんで、ガイドさながら観光案内をしながら途中速度をゆるめたりして説明してくれた。

 大島温泉ホテルのレストランで、椿御膳なる定食を食べる。三原山が一望できる展望レストランで、景色もよかった。

3 三原山温泉13:47→14:05岡田港
Osima20090326_05
次のバスの行き先は、当日の出港地。今日は岡田港が出帆港だから岡田港行きが来るのだと思っていたら、行き先表示は「出港地」。ある意味、観光客にはこの方がわかりやすい、かな。

4 岡田港14:29→14:43大島公園
 バスで大島公園へ行く。ここで1時間15分ほど、観光タイム。椿博物館で知識を仕入れてから、椿園を散策する。椿って赤い花ばかりと思っていたらそうではなかった。白椿や赤と白の絞り模様、温室の中には黄色い椿まであった。
 少し時間があったので、無料の動物園にも入ってみる。ワオキツネザルが気持ちよさそうに日光浴をしていた。

5 大島公園16:00→16:33元町港
 先ほど山頂口から乗った、黄色の路線バスがやってきた。女性運転士さんは、椿トンネルなどの解説をしながらバスを進めていく。行きには解説がなかったから、これがなかなかおもしろかった。
 元町港に近い、安めのホテルに泊まる。ウイルコムがまったく通じない。残念ながら、その日のうちにアップすることができなかった。

|

« 支社版フレーム切手7種だ!  | トップページ | 路線バスでまわる大島(2)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/44494725

この記事へのトラックバック一覧です: 路線バスでまわる大島(1)  :

« 支社版フレーム切手7種だ!  | トップページ | 路線バスでまわる大島(2)  »