« 支社版フレーム切手  | トップページ | 『佐原町並み号』を撮りに行く  »

2009年3月14日 (土)

改正初日は大混乱 

今日はJRダイヤ改正初日。ところが、千葉県は強風でダイヤは早朝から運休・遅延が続出。大混乱の初日になったようです。

 こちらは、知り合いに頼まれて、記念Suicaを買いに勝浦駅へ。電車で行く予定だったのですが、インターネットで運行状況を調べると、これは車の方がよさそうと、同居人と共に車で出発。7:13頃、長者町の踏切でひっかかります。こんな時刻に列車はないはず。やってきたのは、上りの普通電車。みまちがいでなければ228M。これって、安房鴨川からの初電じゃないですか。2時間近い遅れですか?。それとも、列車番号の表示間違いかな。238Mだとしても、かなりの遅れ。

 市民会館にある無料駐車場に停めて、勝浦駅まで歩きます。着いたのが7:40頃。整理券の配布をしたところらしく、1人で何枚も整理券をもらう人がいて、駅員と並んでいる人がもめてます。こちらも、もらえたのですが、70番代。これなら余裕です。
 ところが、ひと通り配ると事務室に戻ってしまいます。後から来た人はどうしたらいいのか、ウロウロ。また出てきて配ります。そうすると、ここでさっきもらった人がまた並んでもらっていく人がいます。整理券を配るなら、ずっと出ていて配るべきだし、1人1枚を徹底したいなら整理券など配らず、きちんと整列させておくべきです。
 ひとりで複数整理券を手にした人には何枚も売って、1枚買ってから整理券を再びもらおうとした人には、もうあげられないと断ったりして、対応が統一しておらず、険悪な雰囲気が漂います。
 勝浦駅で、限定品を売るのは、20年前のさよなら木原線オレンジカード以来かな。あの時も買いに行ったけど、3人しかならばなかったから、大人数をさばくのは今回が初めてかも。きちんとさばくことに慣れてないんだよな。1人1枚を徹底するなら、目を離さずにもっとしっかりやらなくと、不公平感が購入者に生まれるだけなのに。地元の駅だけに、あのような対応しかできないのが、悲しかったです。
Katuura20090314_01_2
とりあえず購入できた記念Suica。購入時からかなりキズがあるんだけど。通常品でない、記念品に対する扱いも慣れてないみたいです。

 勝浦~安房鴨川間もかなりの時間抑止されていました。まもなく代行バスが到着しますと放送がありました。しばらくすると、2番線の電車を安房鴨川まで運転しますに、放送が変わりました。
 しばらく様子を見ていたのですが、整理券は350番まで。それ以降は、整理券ナシで並んで下さいと放送が入り、さらに混乱に拍車がかかりそう。地元の駅の混乱は見たくないので、そのまま帰りました。
 駅の階段を下りると、小湊鐵道バスが「列車代行」の表示を出して停まっていました。このバス、その後どうなったんでしょうか。抑止解除で、そのまま戻っていったのかな。
Katuura20090314_02

自宅に戻って、バス旅日記の更新をしていたので、勝浦駅がその後どうなったのかは知りません。

 天気がよければ、勝浦から長者町ゆきの房総半島大回りをやる予定だったのですが・・・。この混乱では止めて正解でしょう。3月20日に、大原から長者町ゆき千葉県大回りをやろうと思ってます。木更津で旧客を見るくらいはできるかな?


|

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 『佐原町並み号』を撮りに行く  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改正初日は大混乱 :

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 『佐原町並み号』を撮りに行く  »