« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

大量リリースにびっくり 

今日の郵便局会社、各支社のリリースの多さには、一瞬ビックリ。RSSリーダには、未読22件ですよ!

 4月の初めに支社版フレーム切手の大量販売かっ! と不安になったものの、その大半は年度末の人事異動のリリースでした。支社版フレーム切手関連も3件あったものの、すべて販売期間の延長でした。ちょとホッとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

さよなら上市場線 

千葉中央バスの茂原営業所、唯一の路線、上市場線が明日3月31日限りで廃止になります。そこで、昨日の日曜日、さよなら乗車してきました。

Kamiitiba20090329_1
茂原駅に、このブルーのバスが見られるの今月いっぱいです。日曜日はローザで運行されるのを見かけるのが多かったのですが、今日はいすゞ車での運行でした。16:10の上市場行きに乗車します。

Kamiitiba20090329_2
自分がこの方向幕を見るのも、これが最後になってしまうのでしょう。

 途中のバス停は、4月1日から運行を引き継ぐ小湊鐵道のオレンジ色のポールになっていました。まだ、千葉中央バスが運行しているのに、ポールだけは先行して廃止されてしまったのでしょうか。
 車窓から見る限り、千葉中央バスのポールが残っていたのは、七井戸、伊勢化学、上市場くらいだったのではないでしょうか。

Kamiitiba20090329_3
4月1日から上市場バス停は、一ノ宮駅行きと同じ睦沢郵便局前になります。かつて、国吉まで行っていた道路上にある千葉中央バスの上市場バス停は使われなくなります。

Kamiitiba20090329_4
そのためか、上市場バス停には千葉中央バスの藍色のポールが残っていました。片面には、路線廃止と小湊鐵道への継承のお知らせと、このバス停が使われなくなることなどが書かれた紙が貼られていました。

Kamiitiba20090329_5
そのバス停に、16:52の茂原行きがやってきます。これに乗って、茂原駅へ戻りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

本日13:00に郵便局株式会社九州支社からリリース文が配信さました。4月3日分の情報です。

御嶽神楽
販売日 2009年4月3日(~2009年6月30日
販売部数 1,000部
販売地域 佐伯市、臼杵市、津久見市、豊後大野市内の計69局

シートはフラワーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

路線バスでまわる大島(2) 

 2月27日は、7時半から宿で朝食。8時過ぎに元町港へ送っていただいて、そこからバス旅の再開です。

6 元町港8:20→8:35地層切断面
Osima20090326_06
そのものズバリのバス停名です。バームクーヘンのような地層をくっきりと見ることができます。でも、それ以外なにもないところです。人家も自動販売機もありません。

7 地層切断面8:50→9:00火山博物館前
Osima20090326_07
バスは3分ほど遅れてやってきました。このバスは、けっこう乗ってます。後ろの方の空席に座っていきます。火山博物館は9時開館。ちょうどよい時間に到着です。

 火山博物館で次のバスの時刻を確認します。波浮港行き4便は、入港地によって20分の違いがあります。今日は岡田港入港時刻で運行だそうで、ここで1時間半以上の時間がとれます。
 20分以上かかるビデオをゆっくり見てから、館内の展示を見学します。同居人は、昨日の登山で足が痛いと、ほとんどソファで休んでました。
 ちなみに、フリーきっぷの割引券で、500円の入館料が400円になりました。

8 火山博物館前11:06→11:34波浮見晴台
 バスがなかなかやってきません。発車時刻は10:54なのに。もしかして、早い時刻で運行されていたのかと、バス停にある電話番号にかけてみると、今日は遅い時刻で間違いないと。遅れているので、もう少し待って下さいとのことで、そのまま待つと、12分遅れでやってきた。車内には、大勢の乗客が乗っていた。

9 波浮見晴台11:53→12:17大島公園
Osima20090326_08
波浮見晴台から大島の東岸を走って大島公園へ行くバスは、片道1本だけ。反対方向はない。そんなバスだから、乗る人はいないだろうと思ったのだが、これを狙った観光客が自分たち以外にもいて、全部で8人ほどの乗客を乗せて発車した。
 崖崩れによる通行止めがあり、波浮地区は迂回運行。あまり海の見えない路線だった。でも、貴重な路線に乗れたし、本当に人家がない荒涼とした景色の中を走ることを体験できたのでよかった。

10 大島公園12:50→13:06三原山温泉
 結局、火山博物館前からここまで3本乗ったバスは、全部同じ車両で運転士さん。バスの運行経路とまったく同じ行程になってしまった。
 バスに乗る前に、大島公園の売店でラーメン(それしかない)の昼食。その後、冷凍ケースにあった「明日葉アイス」を食べる。
Osima20090326_09
 甘さの後にほろ苦さが広がる。たしかに明日葉だなとわかる味だった。大島温泉ホテルでは、13時から日帰り入浴可能。時間もちょうどよく、フリーきっぷの割引券で500円になった温泉に入る。露天風呂から眺める三原山の景色は最高だった。

11 三原山温泉13:47→14:05岡田港
 今日の出港地は岡田港。昨日と同じ時刻のバスに乗ったのだが、車両は昨日のとは違い、黄色い前後ドアのバスだった。
Osima20090326_10
 岡田港について、さすがにラーメンだけではちょっと足りない。港の前の食堂に「べっこう寿司」の文字が見える。昨日読んだ、大島のガイドブックに、白身魚を醤油と島唐辛子でピリ辛に漬けた「べっこう寿司」という家庭料理があると書いてあった。どうやら、それが食べられるらしい。
 10カンで1000円(あら汁つき)とのこと。「今日の魚はメダイです」といって出されたのがコレ。個人的には、もう少し島唐辛子がきいていてもよかったけど、なかなかおいしかった。

岡田港15:20→16:10館山港
 昨日乗ったのと同じ「アイランド虹」に乗って、館山港を目指す。今日は、途中まで行くと、右手に房総半島が見えて来た。無事に館山港到着。けっこう楽しく充実した大島紀行だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

路線バスでまわる大島(1) 

2月に予定していたのに、船が欠航していけなかった大島。つばき祭は3月29日まで。館山港からの船も、その1週間後の4月5日まで。
 来年にしようかとも思ったのだが、大島町議の方がやっているブログを見ると、大島バスそのものがあまり芳しくないようだ。路線バスでゆっくり観光できるかどうか、何ともいえない状況らしい。できれば今年行っておきたい。ということで、何とか年度末に休みを(むりやり)とって、同居人と一緒に大島へ行くことにした。

 2月26日、6時過ぎにテレホンサービスで、本日の運航状況を確認する。今日は平常通り運航とのこと。6時半に家を出て館山港へ向かう。

館山港9:20→10:10岡田港
Osima20090326_01
出航時間が近づき、やってきたのは「アイランド虹」。けっこう岸壁の近くまで翼走してくるんだ。
 乗ってしまえば、50分で大島到着。今日は岡田港への到着だった。2階席の進行方向右側だったので、陸地が見えるかと思っていたのだが意外と見えなかった。伊豆半島がしっかり見えたのは、大島に上陸してからだった。

1 岡田港10:30→10:55三原山頂口
Osima20090326_02
島内を走っているのは、大島バスという会社。かつては東海汽船だったのだが、バス部門だけ分社化された。車内の整理券は、いまだに「東海汽船」の文字がついているものもあった。

 山頂口バス停から、三原山の山頂までは往復5.2kmとのこと。同居人は股関節がよくないので、あまり歩きたがらないのだが、今日は山頂まで挑戦するという。
 ゆっくり、休みながら遊歩道というか登山道を歩いて行く。急な坂道が2ヵ所ほどあって挫折しかけたけど、なんとか頂上までたどりついた。
Osima20090326_03
山頂まで行くと、利島がすぐそこに見えた。

 山頂を後にしたのが12:05のこと。これなら12:50のバスには乗れそうだ。それなら、三原山温泉まで下って、大島温泉ホテルで昼食にしよう。

2 三原山頂口12:50→12:57三原山温泉
Osima20090326_04
待っていたのは、真っ黄色の前後ドアのバス。観光タイプだけでなく、最近は路線タイプの中古車を導入しているのだという。それでも、1人掛け座席のモケットは幅が広く、座り心地はよかった。
 女性の運転士さんで、ガイドさながら観光案内をしながら途中速度をゆるめたりして説明してくれた。

 大島温泉ホテルのレストランで、椿御膳なる定食を食べる。三原山が一望できる展望レストランで、景色もよかった。

3 三原山温泉13:47→14:05岡田港
Osima20090326_05
次のバスの行き先は、当日の出港地。今日は岡田港が出帆港だから岡田港行きが来るのだと思っていたら、行き先表示は「出港地」。ある意味、観光客にはこの方がわかりやすい、かな。

4 岡田港14:29→14:43大島公園
 バスで大島公園へ行く。ここで1時間15分ほど、観光タイム。椿博物館で知識を仕入れてから、椿園を散策する。椿って赤い花ばかりと思っていたらそうではなかった。白椿や赤と白の絞り模様、温室の中には黄色い椿まであった。
 少し時間があったので、無料の動物園にも入ってみる。ワオキツネザルが気持ちよさそうに日光浴をしていた。

5 大島公園16:00→16:33元町港
 先ほど山頂口から乗った、黄色の路線バスがやってきた。女性運転士さんは、椿トンネルなどの解説をしながらバスを進めていく。行きには解説がなかったから、これがなかなかおもしろかった。
 元町港に近い、安めのホテルに泊まる。ウイルコムがまったく通じない。残念ながら、その日のうちにアップすることができなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

支社版フレーム切手7種だ! 

昨日、今日と、同居人とともに2月のリベンジと、大島に行ってきました。館山からジェット船で50分で大島です。大島では、大島のも波浮港のもフレーム切手を売ってました。

 と、そんなことは置いといて、出かけている間、3日間に発表された支社版の販売リリースが7件。すべて、4月1日と3日の分です。今回もまとめて載せます。

<中国支社>
4月1日販売
・自然たっぷりゆったり真庭(ブルー)2000部
・秋芳洞開洞100周年(大型)2000部

<南関東支社>
4月1日販売
・相模原の四季の花(フラワー)3000部
4月3日販売
・郵便の父 前島密と創業時の風景(大型)3100部
・甲斐善光寺 御開帳記念(ブルー)2000部

<関東支社>
4月3日販売
・ちちぶ 春の羊山公園 芝桜の丘(シルバー)5000部

<九州支社>
4月1日販売
・川渡り神幸祭(シルバー)1300部


まだ発表になっていない支社は出ないのでしょうか。それならいいのですけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

支社版フレーム切手14種も! 

 今日はリリースの発表ラッシュ。4月1日販売分12種、4月3日販売分2種の計14種の販売情報が載りました。春です。販売ラッシュです。これだけ出ても、東北、信越、四国支社だけ。他の支社の分はないのです。明日以降の発表が、とっても怖いです。

あまりに多いので、簡単に書きますので、詳しくは「写真付き切手展示館」の該当コーナーをご覧下さい。

<東北支社>
4月1日販売
・三春の桜(ブルー)5000部
・郡山のさくら(大型)4000部
・須賀川牡丹園(ブルー)3000部

<信越支社>
4月1日販売
・チューリップ(オリジナル)1000部
・佐渡の大空へトキよ舞え!2009(グリーン)3000部
・信州伊那 高遠の桜80(ブルー)4000部
・信州伊那 高遠の桜50(グリーン)4000部
・信州伊那 元善光寺・麻績の里(グリーン)4000部
4月3日販売
・花のまち上越(桜)2009(グリーン)3500部
・真田三代と十勇士(シルバー)4500部

<四国支社>
4月1日販売
・まほろば夢街道in脇町(グリーン)1500部
・しおのえ温泉郷の四季(グリーン)1500部
・金刀比羅宮(シルバー)3000部
・金刀比羅宮 奥書院 上段の間 花丸図 伊藤若沖 作(グリーン)2000部


いやあ、それにしても多いです。いったい、関東支社はどれくらい出ることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

支社版フレーム切手 

本日15:00に郵便局株式会社近畿支社からリリース文が配信さました。4月1日分の情報です。いよいよ、4月分のリリースが配信です。いったい今度は何件販売されることやら。

南紀 自然と癒しの旅
販売日 2009年4月1日(~2009年10月30日
販売部数 1,000部
販売地域 田辺市、白浜町、上富田町、すさみ町、串本町、那智勝浦町、古座川町、新宮市内の計81局

シートはフラワーです。すさみ町のイノブータン王国や白浜の赤ちゃんパンダなど、風景以外のものもタブに見られるのが楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

支社版フレーム切手 

本日17:00に郵便局株式会社信越支社からリリース文が配信さました。

善光寺御開帳
販売日 2009年3月27日(~2009年6月30日
販売部数 10,000部
販売地域 長野市内の全局、他21局。他の長野県内の局は取り寄せ。郵便事業会社:長野県内の全支店。

シートはシルバーです。鉄関係でも、いろいろなフリーきっぷや臨時列車があるようです。今年の善光寺は、趣味的にも目を離せないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

今日は車で墓参り 

今日は、車でおでかけ。昨年4月に亡くなった父の墓参りに行ってきました。

 10時ちょっと前に出発します。アクアライン値下げ効果で、京葉道路は空いているかと思ったのですが、そうでもなかったですね。途中、八千代で昼食と墓参用のお花を買って、13時前には霊園に着きました。
 その後、生家によってしばし休憩。買い物をして19時前には帰宅といったところです。来月は一周忌もあり、今月同様、土日はかなりの予定が埋まっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

のどかな1日 

2月に『DL春さきどり号』に乗ったとき、車内で社員の方から183系のさよなら運転の話があった。急遽決まったので2月24日14時からびゅうプラザで受付とのことだった。平日の昼間じゃ申し込みに行けないなと思いながら、「えきねっと」のツアーのネットパンフを見ていた。

 するとそこに、3月21日鴨川シーワールド日帰りツアーがあった。特別列車で行くとあり、使用車両はなんと「NO.DO.KA」。2人以上に1テーブル確約という、なかなかのプラン。参加したいが、乗車駅は新宿限定で他は不可とのこと。それじゃ、撮影にするかと方針転換。

 鉄道ダイヤ情報4月号によると、鴨川到着後は勝浦まで回送して留置されるという。これなら、撮影チャンスは4回。いつものコンデジだけど、せっかく地元に滅多に来ない車両が来るんだし、たまには撮影もいいだろう。

 9231Mは自宅最寄りの太東~長者町間の踏切で撮りました。3両編成なので、サイドから狙います。すでに、三脚に大判カメラをセットして撮影している方が1人おりました。
Nodoka20090321_1

 自宅に戻り、自家用車で勝浦へ。市民会館の無料駐車場に入れて、勝浦駅10:50の普通列車でひと駅鵜原へ向かいます。そのホームで回9232Mを撮ります。
Nodoka20090321_2

 鵜原11:22の普通列車で勝浦駅へ戻ります。「NO.DO.KA」は1番線に留置されていました。すでに下り方のヘッドライトが点灯していますから、側線への転線はなさそうです。
Nodoka20090321_3

 勝浦の街中で、いきつけの床屋に行き頭をさっぱり。その後、これまたお気に入りの「あまからや」という中華のお店で昼食にします。
 再び自家用車で、鴨川に向かいます。サーファー御用達の海沿いの無料駐車場に車を入れて、そこからは歩いて国道128号線バイパスの歩道から撮影します。ここは同好の方6名で、回9233Mの撮影となりました。私以外は、みんな立派なカメラを持ってます。
Nodoka20090321_4

 最後の9234Mは、地元の勝浦市部原の海岸を入れて撮影したいと思っていたのですが・・・。ロケハン不足でした。全然撮影できるところがありません。でも、列車の時刻が近づいてきて。結局、こんな写真しか撮れませんでした。後追いの編成写真の方がまともに撮れたほどです。
Nodoka20090321_5
後ろにチラッと、部原の海が見えるがわかりすか? 展望席の子どもたちの方が、撮っている私より楽しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

千葉県一周大回り(6) 

11 372M 松岸16:50→17:36成東
Chiba1syu_26
今回も113系の4連。2000番代が中心だから、やはり東海道線からの移転組だろう。成東に到着すると、夕日がまぶしかった。

12 1658M 成東17:39→17:57大網
Chiba1syu_27
成東からの東金線は、211系の5連。千葉直通なので、方向幕は「東金・外房線」という表示になっている。

13 4519F 大網18:04→18:20上総一ノ宮
Chiba1syu_28
長者町まで行くなら、18:23の大原行き普通列車に乗ればよい。でも、今日の旅でまだ総武快速のE217系には乗っていない。ということで、上総一ノ宮まで快速に乗っていくことにした。
Chiba1syu_29
普段からよく乗っているE217系快速電車。大網~茂原間は120kmで走り、所要時間はわずか9分。たしかに早いと感じることができる快速だ。

14 293M 上総一ノ宮18:45→18:56長者町
Chiba1syu_30
最後の1列車は、写真を失敗してしまった。停車時間1分弱の電車を、ノーストロボで撮るのは焦ってしまう。約12時間の乗車は、けっこう楽しい時間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉県一周大回り(5) 

10 2445M 成田14:51→16:05松岸

Chiba1syu_22
成田からは、113系の4両編成に乗っていく。成田線は113系4連か211系5連。ある意味、乗って楽しい方に当たったということか。千葉からの接続になる、快速エアポート成田が到着すると、乗り継いできた人たちでかなりの席が埋まった。
Chiba1syu_23
佐原で快速「すいごう」と行き違い。昨年の「すいごう」は、座席車(普通席)の全車指定快速だったのだが、今年はお座敷(グリーン席)の全車指定快速として運転されていた。

Chiba1syu_24
松岸駅の駅名票。JR東日本仕様ではなく、国鉄仕様の生き残りだろうか。ちょっと文字ははげているけど。

Chiba1syu_25
松岸では45分の乗り継ぎ時間。その間に、成田線上りと総武本線下りの行き違いがある。小駅で黄色と緑の方向幕が並ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉県一周大回り(4) 

6 1152E 南船橋11:57→12:03西船橋

武蔵野線に信号機トラブルがあったそうで、11:51の府中本町行きが6分ほど遅れるとのこと。
Chiba1syu_16
まだ発車まで時間があると、隣のホームから写真を撮っていると、こちらのホームにも武蔵野線がやってきた。どうやら、次の列車から定時に戻ったようだ。

 西船橋駅の駅ナカDila西船で昼食タイム。どこにしようか、ちょっとだけ迷って中華のお店にする。おすすめの担々麺を注文。辛さはというので、普通で頼んだが、これがけっこう辛かった。でも、濃厚なゴマのおかげで、それほど苦もなく食べられるんだよな。おいしかった。次回は辛口に挑戦かな。


7 1204E 西船橋12:27→12:42新松戸
Chiba1syu_17
予定より2本早い武蔵野線で新松戸へ移動する。

8 1101K 新松戸12:46→12:59我孫子
Chiba1syu_18
予定より早い武蔵野線に乗ったのは、常磐線にどうせならJRの車両に乗りたかったから。予定ではこの1本後の列車だったのだが、それは唐木田からの多摩急行。東京メトロ車両なのはあきらか。
 新松戸からの常磐線も1本速い列車に間に合い、無事JR車両に乗って我孫子へ移動することができた。


我孫子といえば弥生軒
Chiba1syu_20
弥生軒のそばスタンドは、1・2番線ホームに2ヵ所、4・5番線ホームに1ヵ所ある。しかし、どこも混んでいた。上の写真は、1・2番線ホーム北側のもの。一番空いていそうな、4・5番線に行ってみたが、ここもいっぱい。とりあえず食券を買って、ベンチで食べてもいいかお伺いを立てる。OKということなので、ベンチに座って食べる。
Chiba1syu_19
これが弥生軒の名物「唐揚げそば」340円(唐揚げ1個)。1個でも十分に大きな唐揚げがのっている。そばつゆがしみた唐揚げって、けっこうおいしい。食べたのはこれが2回目。何度も挑戦したのだが、夕方に来ることが多く、いつも唐揚げ「売り切れ」で食べられなかったのだ。


9 855M 我孫子13:46→14:28成田
Chiba1syu_21
E231系の10両編成に乗っていく。単線を走る10両編成。昼間の空いている時間は、なにかミスマッチを感じる。安食~下総松崎で、印旛沼の湖面をみることができた。成田線から印旛沼の湖面が見えることを今日まで知らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉県一周大回り(3) 

5 1194A 蘇我11:26→11:45南船橋

 木更津をあの時間に出たのは、土休日は95運用にE331系が運用されるらしいという情報があったからだ。列車番号の下2桁が94(上り)95(下り)になっているのが95運用。11:26の快速東京行きが該当する。
Chiba1syu_12
跨線橋にある乗り場案内には、次の快速は「14両3ドア」とある。これはE331系に間違いないだろう。

急いでホームの先端に行くと、ちょうど折り返しになる列車がやってくるところだった。
Chiba1syu_11
E311系が走っているのを見るのがこれが初めてです。

Chiba1syu_13
ドア上の表示器も、ちゃんと14号車まで表示しています。そして、1,7,8,14号車だけ車長が長くなってます。芸が細かいです。

Chiba1syu_14
1,14号車の両先頭車にだけあるボックス席。かなり狭そうでした。

Chiba1syu_15
南船橋を発車した1194A快速東京行き。7,8号車間は連接構造になっていないのがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉県一周大回り(2) 

3 5610M 館山9:07→10:01君津10:24木更津

Chiba1syu_05
館山からはE257系5連の「さざなみ10号」に乗っていく。この10号だけは館山~君津間が普通列車。乗車券だけで乗れる、豪華普通列車になるのだ。
Chiba1syu_06
普通列車区間は全車自由席なので、特急区間で指定席になる1号車に乗っていく。

 富浦を出て岩井に近づくと、左手に東京湾が見えてくる。まだ雨は上がっていないようだ。浜金谷で行き違う下り列車が遅れて、それにともなって発車が6分遅れる。
 上総湊まで来ると車内放送が入り「この先、佐貫町まで強風のため速度を落として運転します」という。どうやら、下り列車の遅れはこのためだったようだ。この列車もノロノロと走っていって、佐貫町を出るときはすでに君津到着時刻を過ぎていた。
 佐貫町を出て放送が入り「本日、君津駅での普通列車への接続はございません。君津駅から普通列車をご利用の方は、このまま木更津までこの列車にご乗車になり、木更津10:24の普通列車千葉行きにお乗り換え下さい。本日は、木更津まで普通列車として運転いたします」という。
 遅れたのは困りものだが、こういう接続は想定内なのだろう。こちらも、1駅余分に特急車両に乗れて、ちょっとうれしかった。

木更津駅でレトロ列車「のんびりくるり号」を見学
Chiba1syu_07
今日から3日間運転される、旧型客車2両を使った『のんびりくるり号』。定期列車があるため、この時間でもまだ側線に停まったままだった。でも、木更津で旧型客車が見られるとは思ってもいなかった。

Chiba1syu_09
どうやら、機関車にヘッドマークはないようだ。このまま運転されるのだろうか。今日は天気も悪いので、走行写真よりタブレット交換の駅撮りをする人の方が多いのではないだろうか。

4 164M 木更津10:40→11:12蘇我
Chiba1syu_10
レトロ列車がホームに据え付けられるまで木更津にいたかったのだが、先の予定もあり10:40の木更津始発の普通列車で蘇我へ移動する。113系1000番代の6連だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉県一周大回り(1) 

2009年3月14日から東京近郊区間が拡大され、千葉県全域が東京近郊区間になった。100kmを越える区間(勝浦~東京など)の乗車券を買っても途中下車ができなくなったかわりに、区間内を大回りしても最短経路の乗車券で乗れるようになった。

 そこで、区域拡大から1週間経ってしまったが、千葉県一周大回りの旅をすることにした。地元で朝から券売機が稼働しているのは、大原か上総一ノ宮。自宅最寄りの長者町と太東は7時半くらいにならないと稼働しない。三門と東浪見は終日無人駅だ。
 大回りをSuicaでやるのは、制限時間とかあって少々怖い。そこで、大原駅で乗車券を買って長者町まで。180円大回りをすることにした。

Chiba1syu_01
雨の大原駅からスタート

Chiba1syu_02
券売機で長者町まで180円のきっぷを買ってホームに入った。

1 2227M 大原7:07→7:57安房鴨川
Chiba1syu_03
大原始発の安房鴨川行き。土休日は、千葉からの初電が運休なので、地元に住んでいない限り利用できない列車だ。113系の6連。オール1500・1600番代の座席改良型だった。

2 2160M 安房鴨川8:02→8:47館山
Chiba1syu_04
安房鴨川からは113系の4連。すべて2000番代の座席改良型。東海道線からの転属組のようだ。千倉では雨はいっそう強くなってきた。果たして、この先列車はちゃんと走るんだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

さみしいけどうれしい 

ここ数日ですが、支社版フレーム切手の販売リリースがありません。ちょっとさみしい気もしますが、やっぱりうれしいです。でも、コレって、嵐の前の静けさでしょうね。

 ここのところ、月初めの平日に販売ラッシュがあります。4月1日は水曜日。平日です。この3連休が明けると、販売リリースの嵐がやってくるのではと、恐れています。4月1日は、身動きとれないぞ。4月2日は千葉で会議なので、その行き帰りなら寄れるけど。

 明日は、ようやく「東京近郊区間拡大記念 千葉県一周大回りの旅」にでてきます。約12時間、駅ナカの昼食と千葉の電車(しか走ってないんだよね、一周ルートには)を楽しんでこようと思います。かなり、早起きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

やってみたい18きっぷの旅 

やりたいと思っていながら、まだやったことがない青春18きっぷの旅があるんです。それは、JR旅客6社1片券の旅です。

 JR北海道、西日本、四国、九州で売っている、赤い常備券を入手します。まあ、どこか1社でいいんですけど。それで、残った5社を1社ずつ5回の利用欄に日付スタンプをもらっていくんです。それを5日連続で。
 これ、以外とむずかしいんですよね。JR四国の常備券を買ったとしてシミュレートしてみたんですが、やっぱりネックは青函トンネルですね。九州→北海道はダメでした。北海道→九州だとできそうです。北海道は長万部or江差からのスタートですが。長万部(北海道)、秋田(東日本)、高山(東海)、岡山(西日本)、博多(九州)とスタンプをもらって5日間の旅をできそうです。
 北海道の常備券を買って、他の5社を5日連続でできるか。これは、まだシミュレートしてないんですよね。なんか、頭の体操みたいなんですけど、いつかはやってみたいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

どぶろく 

日曜日に行った佐原。「佐原町並み号」のゴールは東薫酒造。12月にこのバスに乗っていったとき、1杯100円のどぶろくを飲んだら、これがやばかった。こんなの買ったら、1晩で1瓶飲んでしまうかもと・・・。でも、その時は、その後に銚子電鉄乗り歩きがあったので、買ってくることはなかった。

 そして、同じところに2回行ってしまったのだ。しかも、今回は自家用車。荷物は多く立って大丈夫。ということで、1本買ってしまいました。保冷剤込みで1本1100円
Sawara20090315_06

グラスにつぐと、ぷつぷつと炭酸が盛り上がってくるんですよね。大人の甘酒?ってとこですかね。あんまり飲むと行けないので、1日グラス1杯と決めてます。
Sawara20090315_07
でも、1週間もたないな。1本じゃ。たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

支社版フレーム切手 

本日14:00に郵便局株式会社南関東支社からリリース文が配信さました。

鎌倉・江ノ島七福神めぐり
販売日 2009年3月19日(~2009年12月31日
販売部数 5,000部
販売地域 鎌倉市内の局、江ノ島局の計23局

シートはシルバーです。少し発表が早くなったかなと思った南関東支社です。今日発表して、今週木曜日発売は、ちょっと短すぎやしませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

『佐原町並み号』を撮りに行く 

12月に川00系統さんと一緒に『佐原町並み号』に乗車した。このときは、めずらしい旧備北交通の赤バスに乗ることができた。今度は国鉄バスの方に乗ろうと、1月31日を川00系統さん、千葉ンプさんと3人で申し込んだのだが、強風で運休。

 そのリベンジということで、今日3月15日の午後便を予約しておいたのだが、数日前に今日と3月29日は赤バスで運行との情報が入る。川00系統さんは、同じバスに2回乗るのはどうもということで、パス。自分もパスだけど、千葉ンプさんは初めてなので乗りたいとのこと。それではと、千葉ンプさんと2人で、私の自家用車で佐原へ向かいました。そして、私は乗車をキャンセルして撮影に専念することに。

Sawara20090315_01
レンガ造りの「町並み交流館」で発車を待つボンネットバス

Sawara20090315_02
香取神宮の旧参道を力一杯登ってくるボンネットバス

Sawara20090315_03
乗客を降ろし下の駐車場まで回送のため旧参道を下ってきたボンネットバス

Sawara20090315_04
香取神宮の駐車場で他の観光バスと一緒に乗客を待つボンネットバス

Sawara20090315_05
佐原市街地にある諏訪神社の鳥居をくぐるボンネットバス

いやあ、とにかく天気のよい1日でした。12月も雨から曇りといった天気だったし、青空の下で見る『佐原町並み号』は今回が初めてです。いつものコンデジですが、それなりに撮ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

改正初日は大混乱 

今日はJRダイヤ改正初日。ところが、千葉県は強風でダイヤは早朝から運休・遅延が続出。大混乱の初日になったようです。

 こちらは、知り合いに頼まれて、記念Suicaを買いに勝浦駅へ。電車で行く予定だったのですが、インターネットで運行状況を調べると、これは車の方がよさそうと、同居人と共に車で出発。7:13頃、長者町の踏切でひっかかります。こんな時刻に列車はないはず。やってきたのは、上りの普通電車。みまちがいでなければ228M。これって、安房鴨川からの初電じゃないですか。2時間近い遅れですか?。それとも、列車番号の表示間違いかな。238Mだとしても、かなりの遅れ。

 市民会館にある無料駐車場に停めて、勝浦駅まで歩きます。着いたのが7:40頃。整理券の配布をしたところらしく、1人で何枚も整理券をもらう人がいて、駅員と並んでいる人がもめてます。こちらも、もらえたのですが、70番代。これなら余裕です。
 ところが、ひと通り配ると事務室に戻ってしまいます。後から来た人はどうしたらいいのか、ウロウロ。また出てきて配ります。そうすると、ここでさっきもらった人がまた並んでもらっていく人がいます。整理券を配るなら、ずっと出ていて配るべきだし、1人1枚を徹底したいなら整理券など配らず、きちんと整列させておくべきです。
 ひとりで複数整理券を手にした人には何枚も売って、1枚買ってから整理券を再びもらおうとした人には、もうあげられないと断ったりして、対応が統一しておらず、険悪な雰囲気が漂います。
 勝浦駅で、限定品を売るのは、20年前のさよなら木原線オレンジカード以来かな。あの時も買いに行ったけど、3人しかならばなかったから、大人数をさばくのは今回が初めてかも。きちんとさばくことに慣れてないんだよな。1人1枚を徹底するなら、目を離さずにもっとしっかりやらなくと、不公平感が購入者に生まれるだけなのに。地元の駅だけに、あのような対応しかできないのが、悲しかったです。
Katuura20090314_01_2
とりあえず購入できた記念Suica。購入時からかなりキズがあるんだけど。通常品でない、記念品に対する扱いも慣れてないみたいです。

 勝浦~安房鴨川間もかなりの時間抑止されていました。まもなく代行バスが到着しますと放送がありました。しばらくすると、2番線の電車を安房鴨川まで運転しますに、放送が変わりました。
 しばらく様子を見ていたのですが、整理券は350番まで。それ以降は、整理券ナシで並んで下さいと放送が入り、さらに混乱に拍車がかかりそう。地元の駅の混乱は見たくないので、そのまま帰りました。
 駅の階段を下りると、小湊鐵道バスが「列車代行」の表示を出して停まっていました。このバス、その後どうなったんでしょうか。抑止解除で、そのまま戻っていったのかな。
Katuura20090314_02

自宅に戻って、バス旅日記の更新をしていたので、勝浦駅がその後どうなったのかは知りません。

 天気がよければ、勝浦から長者町ゆきの房総半島大回りをやる予定だったのですが・・・。この混乱では止めて正解でしょう。3月20日に、大原から長者町ゆき千葉県大回りをやろうと思ってます。木更津で旧客を見るくらいはできるかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

昨日3月13日19:00に郵便局株式会社北海道支社からリリース文が配信さました。

釧路川のくぅちゃん
販売日 2009年3月27日(~2009年7月3日
販売部数 1,000部
販売地域 釧路市、釧路町、厚岸町、浜中町、標茶町、弟子屈町、鶴居村、白糠町内の計68局

シートは大型です。あの、つい先日話題になった、釧路川に現れたラッコのくぅちゃんが、もうフレーム切手で登場です。しかも、切手ショップ込みで1000枚。これは、かなり厳しい状況になるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

千葉支社版ポケット時刻表 

明日からJR東日本はダイヤ改正です。「はやぶさ」「富士」が今日で最終日。ネットニュースにも取り上げられていました。

 ダイヤ改正ごとに販売される、千葉支社版のポケット時刻表。編成両数や千葉駅の発着番線が入っているので、なかなか便利。改正のたびに2冊ずつ買ってます(家用と鞄の中用)。今日、午後から千葉で会議がありました。終わって帰るとき、駅のキオスクをのぞくと、レジ脇に積まれていました。さっそく2冊購入です。

Jikokuhyo20090314
今度の改正号は、ピンクが基調です。春らしいのですが、これ、次回販売まで1年間使うんですよね。春以外はちょっと取り出しにくいかな。前回の菜の花色の方(画像、左)が、それほど季節に関係なく気にならない色だったんですけど。

発売元はJR東日本リテールネットで1冊350円でした。千葉支社管内のキオスクやNEWDAYSで売っているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

鹿島サッカースタジアム駅 

先日の茨城紀行で、偕楽園駅とともに立ち寄ることができた、もう1つの駅が鹿島サッカースタジアム駅。このホームにも、初めて降りることができた。

 鹿島神宮14:21の162Dに乗車する。鹿島サッカースタジアム駅到着が14:26で発車が16:29。行き違い交換のため、ここで3分停車。この列車の停車時間を利用して、鹿島サッカースタジアム駅のホームに降りてみた。
Kasima_sc_01
乗車中の162D。先頭車は、塗装簡略の黒ナシ車両だった。

Kasima_sc_02
旅客列車は、鹿島臨海鉄道の車両しか止まらないけれども、駅はJR東日本のもの。駅名票はJR東日本仕様だった。

Kasima_sc_03
縦型の駅名票はオレンジライン。鹿島線って、オレンジだったかな?

Kasima_sc_04
行き違いをする147Dは、黒入りの旧塗色の2両編成だった。ホームには、撮り鉄が3名。やっぱり、この駅のホームで写真を撮ってみたいよね。

 ちなみに、大洋駅で行き違いをした151Dの写真がコレ。先頭車が塗装簡略車で後ろが在来塗色。黒がなくなって、窓が小さく見えるようになったのが、わかるだろうか。
Kasima_sc_05
おでこまで真っ赤になって、なんだか少し締まりなくなったように見える、簡略塗色の鹿島臨海鉄道の車両。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

支社版フレーム切手 

今日もリリース文が2件発表されました。3月もすでに28件の販売が発表されています。平均1日1種類以上になるのは、今月もほぼ確実ですね。

3月11日14:00に郵便局株式会社関東支社からリリース文が配信さました。

ひたちのさくら
販売日 2009年3月16日(~2009年5月29日
販売部数 2,100部
販売地域 日立市、高萩市、北茨城市、常陸太田市、常陸大宮市内の計87局、郵便事業会社:日立支店

シートは50円グリーンです。


3月11日15:00に郵便局株式会社東京支社からリリース文が配信さました。

メモリアルさくら浪漫II
販売日 2009年3月19日(~2009年6月19日
販売部数 5,000部
販売地域 八王子市、日野市、町田市内の計115局

シートは大型です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

支社版フレーム切手 

3月10日14:00に郵便局株式会社東北支社から1件3種のリリース文が配信さました。

春爛漫 花見山
販売日 2009年3月19日(~2009年6月18日
販売部数 8,000部
販売地域 福島市、伊達市、二本松市、本宮市、伊達郡、安達郡内の計90局

シートはフラワーです。


「遠野物語」発刊100周年記念
販売日 2009年3月23日(~2009年6月22日
販売部数 2,500部
販売地域 遠野市、釜石市、宮古市、上閉伊郡、下閉伊郡内の計66局、郵便事業会社の遠野支店

シートはブルーです。


さくら名所百選の地「一目千本桜」「船岡城址公園」
販売日 2009年3月24日(~2009年6月23日
販売部数 2,400部
販売地域 名取市、岩沼市、白石市、角田市、亘理郡、柴田郡、刈田郡、伊具群内の計61局、郵便事業会社の大河原支店

シートはフラワーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

『助さん号』『格さん号』の車内 

昨日乗った、助さん号と格さん号の車内です。

『助さん号』は、元三重交通の車両。ツーマン仕様で手動ドアというなつかしいバスでした。
Suke_kaku_01
車両全部はロングシートです。

Suke_kaku_02
車両後部は2人掛けのクロスシート。非常ドアは、後部中央にあります。

Suke_kaku_03
運転席は、こんな感じです。

『格さん号』は、元山形交通の車両。新庄と肘折温泉を結んでいた「ぎんれい号」として活躍した四輪駆動のトラックシャーシにバスボディを載せたボンネットバスなんだそうです。
Suke_kaku_04
車内は全部は1人掛け、後部は2人掛けのクロスシートが並びます。非常ドアは、後部中央にあります。

Suke_kaku_05
元々はツーマン仕様だったが、後にワンマン仕様、自動ドアに改造されたのだそうで、こんな見慣れぬ形の降車ボタンがつけられていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

今日はひさびさのリリース発表でした。2件3種、すべて南関東支社です。いくらか、早く発表するようにしたのでしょうか、南関東支社は。

3月9日14:00に郵便局株式会社南関東支社からリリース文が配信さました。

かながわ花ものがたりIII
販売日 2009年3月12日(~2009年12月31日
販売部数 20,000部
販売地域 神奈川県内の計753局

シートは50円グリーンです。


3月9日14:00に郵便局株式会社南関東支社からリリース文が1件2種配信さました。

身延山 久遠寺 五重塔(発表は「身延山 五重塔」)
販売日 2009年3月16日(~2010年2月1日
販売部数 4,000部
販売地域 身延町、南部町の計17局

シートはシルバーです。シート上に印刷されたタイトルは「身延山 久遠寺 五重塔」です。


身延山 久遠寺(発表は「身延山 五重塔」)
販売日 2009年3月16日(~2010年2月1日
販売部数 3,000部
販売地域 身延町、南部町内の計17局

シートは50円グリーンです。シート上に印刷されたタイトルは「身延山 久遠寺」で、五重塔の文字はありません。

今日販売開始の、中国支社の「津田恒美メモリアル」。10000枚の販売ですが、郵便局の通販ショップでは、即日売り切れになってました。現地ではどうだったんでしょうか。明日のネットニュースで様子がわかるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

偕楽園駅 

下り線にしかホームがないことで有名な偕楽園駅。今日、初めて利用することができました。

Kairakuen_st_0
入口の時刻表。みごとに下り列車しかありません。

Kairakuen_st_1
ホームには2ヵ所、駅名票が立っていました。

Kairakuen_st_2
乗車したのは、ラス前の15:24勝田行き。E501系の5両編成でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

茨城紀行(2) 

 今日は偕楽園を起点に「梅まつり」の期間の土日だけ運行されている、漫遊バス「助さん号」「格さん号」に乗りに行った。水戸駅を8時半過ぎにでる、関東鉄道バスの偕楽園行きに乗って終点まで行く。
 水戸駅前では、茨城交通、関東鉄道とも「偕楽園行き」と立て看板を出している。茨城交通の方が駅の改札口に近いのだが、事前に調べたところでは、JRの偕楽園駅に近いのは関東鉄道の方。そこで、8時半過ぎに駅前をでる関東鉄道バスに乗って、終点の偕楽園まで行く。バス停は、JRの駅の真ん前だった。

 すでに、旧山形交通の「格さん号」が配車されていて、まもなく旧三重交通の「助さん号」もやってきた。
Ibaraki090308_01

1 偕楽園9:30→9:55弘道館(助さん号)
 まずは、旧三重交通の「助さん号」に乗って、水戸駅近くの弘道館まで行く。行きは寄り道をするので30分ほどかかる。朝の1便はまだ車が少なかったからか、5分ほど早着してしまった。
Ibaraki090308_02
弘道館で、乗っていたほとんどの乗客が降りる。弘道館乗り場には、数人の乗客が待っていた。ここから乗って偕楽園へ向かうのだろう。
 入館料190円を払って、弘道館を1時間ほど見学する。再びバス乗り場に戻って「助さん号」に乗っていく。

2 弘道館11:15→11:30偕楽園(助さん号)
 2便も弘道館でほぼ全員降りたので、20人ほど並んだ乗客はほぼ全員座ることができた。帰りはほぼ直行で偕楽園へ向かうため、15分ほどで着いてしまった。

3 偕楽園12:00→12:07徳川博物館(格さん号)
Ibaraki090308_03
偕楽園駅の脇を通って乗り場へ向かう「格さん号」

 12:00は「助さん号」「格さん号」の同時発車。次の徳川博物館までは同じ経路を行く。今度は旧山形交通の「格さん号」に乗っていく。こちらの方が座席が少ない。座席は一杯、数人の立ち客を乗せて、「格さん号」が発車する。その後ろに「助さん号」が着いてくる。ビデオを持っている人なら、道端で撮影して区なるような風景なんだろう。
 1050円の入館料を払って、徳川博物館を1時間弱見学した。雛道具の特別展示は、なかなか迫力があった。

4 徳川博物館13:05→13:20市立植物園(格さん号)
 どうせだから「格さん号」も全区間乗ろうと、終点の市立植物園まで行くことにした。入園料300円払って、園内を見学してくる。お昼がまだなので、園内の食堂で昼食もとった。翡翠色のヒスイカズラという植物が、なんともいえない美しさだった。
Ibaraki090308_04
市立植物園を発車する「格さん号」

5 市立植物園14:20→14:40偕楽園(格さん号)
 植物園を1時間弱見学して、次の便で偕楽園へ戻る。植物園出発時点で立ち客数人。食事をして、発車の5分前にバス乗り場に着いたので、もちろん座れなかった。ここまで乗ってきて降りないでそのまま乗りっぱなしの人が4~5名いたので、その影響もあったが。

その後は、偕楽園をちょっとだけ歩いたりして、千波湖側へ移動する。ここで、今日の最終便の「格さん号」を、偕楽園駅をバックにして、偕楽園下交差点を通過するところを撮ったりしてから、偕楽園駅にもどった。
Ibaraki090308_05
偕楽園下交差点を通過する「格さん号」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

茨城紀行(1) 

 今日は青春18きっぷの旅。まずは、横浜で用事を済まし、快速エアポート成田に乗って成田に着いたのが12:30。乗り継ぐ成田始発の鹿島神宮行き普通列車は、すでに満員だった。今日はカシマスタジアムでJリーグがある日だったのね。知らなかった。

 なんで鹿島神宮へ行ったかというと、1月31日に佐原へ行ったとき買えなかった水郷のフレーム切手。佐原と潮来の観光協会分は早々に売り切れたのに、鹿嶋市観光協会分はいまだに残っているとのこと。駅前の観光案内所で売っているというので、やってきたのだ。
 満員の乗客は3分接続の鹿島臨海鉄道に乗っていく。なんと4両編成。こんなに長い編成は初めて見た。やっぱりサッカー輸送は普段とは違うんだなと感じた。
Ibaraki20090307_02

 駅前の観光案内所で、無事に水郷フレーム切手をゲット。ここまで来たのだから、別払いで鹿島臨海鉄道に乗って、ひたちなか海浜鉄道になってからはまだ乗っていない旧茨城交通にも乗ってこよう。
 改札や自販機のところには『ときわ路パス』のチラシが貼ってある。たしかにここは茨城県でフリーエリアに入っているけど、千葉支社管内。あのきっぷは水戸支社のものだし、果たして売っているのだろうか。
 鹿島神宮駅に窓口はなく、自動券売機が2台と指定券等発券できる取り次ぎ機?が1台あるだけ。事務室にいる駅員さんにきくと、その取り次ぎ機『もしもしkaeruくん』で買えるという。初めて使ったけど、顔が見えずに声だけ聞こえる窓口といった雰囲気だった。無事に『ときわ路パス』を購入。3セク2路線乗るだけで、十分に元が取れてしまうお得なパスだ。
Ibaraki20090307_01
鹿島神宮駅発行の『ときわ路パス』 千葉支社でもちゃんと買えるんだ。

 乗車したのは、鹿島神宮14;21の水戸行き。こちらは、普段通りの2両編成だった。
Ibaraki20090307_03

 水戸からJRで勝田へ。勝田から3セク『ひたちなか海浜鉄道』になった湊線に乗っていく。車体にも鮮やかなオレンジで新しい会社名が入っていた。
Ibaraki20090307_04

 まずは、終点の阿字ヶ浦へ。今日は旧型ディーゼルカーの運行はなし。37100-03と3710-02の2両が交互に運行されていた。乗ったのは新しい03の方。阿字ヶ浦の折り返しは14分ほど。写真を撮るにはちょうどよい時間だ。
Ibaraki20090307_05

その後、那珂湊で途中下車する。入場券を買って、ホームから車両の写真を撮影させてもらう。明日は、いよいよ、今回のお目当て。助さん、格さんにあう予定。天気はとりあえず午前中はもちそうなのだが。さて、どうなるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

今日は大雨だ 

 今日は昨日と打って変わって、朝から雨。しかも昼前には、これでもかという大雨になりました。なんという変化の大きさ。明日は、また天気が回復し、日曜日はまた雨の予報になっています。

 明日から、近場ですが出かけてこようと思います。東横インの無料宿泊券もあるし、青春18きっぷで行ってこようかと。実は、この春は青春18きっぷを買う予定はなかったのですが・・・。スルッとkansai2DAYSが1日分あまっていて、どうにも4月末の有効期限までに使い切りそうにないのです。本当は阪神なんば線開業で乗りに行く予定だったんですけど。
 で、予定をいろいろ整理したら、4月4・5日ならなんとかなりそう。ということで、4月3日の「ながら」もとれたし、佐久間レールパークとからめて、夜行・宿各1泊で出かける予定です。あとは、天気だけなんですけどね。今年の春はどうなるんでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

やっと晴れた 

 今日はひさしぶりに太陽が顔をだした。少し暖かい1日だった。でも、明日からまた天気が悪いんだよな。この週末は出かけようかと思っていたのだが・・・。

 今日は夕方から千葉で会合。帰ってきて夕食を食べたらこんな時間になってしまった。明日の会議の資料も作らなくちゃならないし。早く仕事して寝ようっと。ということで、今日はリリース文の発表もなかったし、これにて失礼します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

支社版フレーム切手 

3月4日15:00に郵便局株式会社九州支社からリリース文が配信さました。

古代より歴史の風香る里山 和水町
販売日 2009年3月6日(~2009年6月5日
販売部数 1,000部
販売地域 荒尾市、玉名市、山鹿市、菊池市、阿蘇市、合志市、玉名郡、鹿本郡、菊池郡、阿蘇郡南小国町、阿蘇郡小国町、阿蘇郡産山村の計99局

シートはブルーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

いすみ鉄道『社会実験』に思う 

 3月1日、いすみ鉄道の社会実験に参加してきて感じたこと。それは、各地で観光客を迎える「おもてなし」はできていたけれども、増発によって地元の利用者を増やそうという努力は感じられなかったということ。

 いすみ鉄道が2010年4月以降も存続するためには、やはり平日利用する地元の利用者が増えなければいけないだろうと思う。そのための『社会実験』だと思っていたのだが・・・。実際は、地元の利用者で、社会実験が行われているから乗りに来たという人に、ほとんど出会わなかったということ。
 利用した観光ルート無料バスの車内で、ガイドさんから「どちらから来ました」と聞かれて、地元からだったのは自分だけ。他の方は、みんな遠くからの観光客。
 土日の観光客が増えても、平日5日間の乗客が増えなければ、地元の足としての必要性はますます希薄になってしまうでしょう。

 自分は、チラシに国吉駅に無料駐車場が20台分あるということで、国吉駅まで自家用車で行ってこの社会実験に参加しました。でも、その駐車場は、2時間後観光ルート無料バスに乗るために、再び国吉駅へ戻ると満杯になっていました。
 これ、いすみ鉄道の利用者じゃないんです。おもてなしをするテント村?に集まった人の車がほとんどなのです。チラシで、国吉と大多喜に合計120台分の無料駐車場があるから、ぜひ車の人も気軽に来て下さいというような記述があるのですが、実際はその駐車場が乗車しない関係者の車で埋められてしまっているというのは、なんか違うんじゃないかなと感じてしまいました。

 昨年6月のホタルウォッチングトレインは、たしかに地元の方が大勢乗っていたという実感がありました。しかし、今回はそれがあまり感じられませんでした。今回は、いろいろと乗客にアンケートをとっていました。自分もいすみ鉄道車内と無料タクシー内でアンケートに答えました。
 その結果を踏まえて、どのような報告がでるのか、見守っていきたいと思います。まあ、立候補した社長が逃げ出して知事選に出てしまうくらいですから、そうとう厳しいといのが現実だとは思いますが、地元住民としてムリをせず自然体で協力をしていきたいと思います。
 サクラが咲いたら、自家用車ではなく1日乗車券で撮影を楽しんでこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

支社版フレーム切手 

今日もリリース文が3件発表されました。2件は2月27日付けですが、ウェブに掲載されたのは週明けの今日になってからのようです。

2月27日20:00に郵便局株式会社中国支社からリリース文が配信さました。ウェブに掲載されたのは3月2日になってからです。

みすゞのふるさと長門市仙崎
販売日 2009年3月6日(~2009年6月5日
販売部数 3,000部
販売地域 長門市、萩市、美祢市、阿武郡の計65局

シートはブルーです。


2月27日20:00に郵便局株式会社中国支社からリリース文が配信さました。ウェブに掲載されたのは3月2日になってからです。

津田恒美メモリアル
販売日 2009年3月9日(~2009年6月8日
販売部数 10,000部
販売地域 広島県安芸高田市、江田島市、大竹市、廿日市市、府中町、安芸高田町、北広島町の全局、広島市、呉市の一部の局の計269局および山口県山口市、防府市、下松市の全局、周南市の一部の局の計94局

シートはシルバーです。内容は、あの若くして脳腫瘍で亡くなった広島カープの炎のストッパー津田投手ですよ。出身の山口県と活躍した広島県での販売です。これも、さよなら広島市民球場に次ぐヒットになるんだろうか。


3月2日15:00に郵便局株式会社東海支社からリリース文が配信さました。

フラワードーム2009
販売日 2009年3月5日(~2009年4月30日
販売部数 5,000部
販売地域 名古屋市内の計302局

シートはフラワーです。昨年に引き続き、支社版での登場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のミッション完了 

今日は千葉県内で、3件のフレーム切手が販売開始。千葉なんだから、わら長さん買ってきてよという要望が寄せられ、午後から半休取ってでかけてきました。ただ、印旛沼はちょっとムリだよなと答えておいたのです。

 12時に勝浦の職場をスタート。館山局に着いたのが13:20頃。駐車場が混んでいたけれども、何とか空きを待って停める。たぶん買えるだろうと思っていたが、先日販売の関東の桜と『
花のまち 南房総・館山』が2段に飾られて売られていた。必要枚数をゲット。切り花の花束までいただいてしまった。

 館山からは富浦館山道路と館山自動車道を走って蘇我インターへ。高速部分だけで1時間走りっぱなし。軽自動車なので通行料金は1800円。蘇我インターから10分ほどで、鎌取駅近くの千葉緑郵便局へ。ここも駐車場が混んでいたけれども、ちょうど1台出てきてすぐに停めることができた。

 局内に入ると、今日販売の『花の都・千葉めぐり』の見本がどこにもない。もしや売り切れか。窓口でたずねると、「たしか25枚届いてたな」とのこと。えっ、まだ売ってなかったの? 窓口まわりは関東の桜ばかりが並んでいた。ということで、ここも必要数ゲット。まだ15:30じゃないか。

 ということで、印旛沼にもチャレンジすることにした。印旛沼の販売地域に八街市が入っている。八街市の最南部にある八街山田台局は、東金有料道路の山田インターの近く。印旛沼からは遙か遠く離れていて、どちらかというと、千葉市の外れか大網白里町じゃないかといったところにある。鎌取からならそれほど遠くない。
 ということで、なれない道を走って30分ほどで、八街山田台局に到着した。ところが駐車場が満杯。路上駐車できる状況ではなく(交通量がすごく多い)、そのまま東金市への坂を下ってコンビニでひと休み。
 再び坂を登って八街市に入ると、今度は駐車場が空いていた。

 局内に入ると、ここにも『印旛沼探訪』は飾っていない。窓口まわりは関東の桜だけ。窓口で「今日販売の印旛沼のフレーム切手はまだありますか」とたずねると、「そういえばきてたわね」と出してくれました。えっ、ここも売れてなかったの。さすがに、割当数は少なそうだったけど、ここは自分の分だけなので、ちゃんと買えました。

 長者町の自宅に戻ると、走行距離は210kmほど。今の車はリッター21km走るから、ちょうどガソリン10リットル(今リッター99円なんだ)と高速料金1800円が今日の経費。3000円弱で頼まれ分も含めてゲットできたから、まあよかったということなんでしょう。ちょっと疲れたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

いすみ鉄道『社会実験』9 

12 上総中野14:00→14:29上総中川
Syakaijikken090301_29_naka

再びいすみ鉄道に乗って、上総中川を目指します。

13 上総中川14:39→14:43城見ヶ丘
Syakaijikken090301_30_nakagawa
ちょっとだけ咲いている菜の花をからめて、臨時89Dを撮影し、これに乗っていきます。

14 城見ヶ丘14:53→15:03国吉
Syakaijikken090301_31_siromi

今日最後の乗車は90D。なんと、89Dの車両がそのまま折り返しについて帰ってきたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ鉄道『社会実験』8 

10 上総中野駅12:40→12:57粟又の滝
Syakaijikken090301_25_awamata
 上総中野駅から大増発の路線バス「探勝バス」に乗ります。これは無料ではなく、正規の路線バス運賃がかかります。上総中野駅~粟又の滝は380円でした。
 バスは大型のもの。日野シャーシに富士重工ボディという組み合わせのバスです。

Syakaijikken090301_26_awamata
粟又の滝です。本当は一番下まで降りて、そこから見たかったのですが、雨で推量が増えていて、これより下は水没していて遊歩道をあることができませんでした。残念。


11 粟又の滝13:33→13:50上総中野駅
Syakaijikken090301_27_awamata
ここには小湊の臨時バス停が立っていました。

Syakaijikken090301_28_awamata
行きに乗ってきたのと同じバスが折り返しでやってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ鉄道『社会実験』7 

伊勢幸酒店で降りると、すぐそこが渡辺家住宅です。文化財にも指定されている、あのなんでも鑑定団の故渡辺先生のご自宅です。
Syakaijikken090301_22_otaki
街中の乗り場には、こんな看板が立っていた。

Syakaijikken090301_23_otaki
これが渡辺家住宅。外観のみ見学可で、内部を見学することはできない。

 昨日と今日は、大多喜は二十八市(にっぱちいち)で、道路脇にもテントが建ち臨時売店がいくつもできている。そんななかで、寿司屋さんが出していたテントで、海鮮いなりを昼食に買って大多喜駅へ向かう。
 本当は、久しぶりに有家のとんかつを食べたかったのだが、観光ルート無料バスで予定外の見学などをしたために、その時間がなくなってしまった。ちょっぴり残念。

 大多喜12:17→12:37上総中野
Syakaijikken090301_24_otaki
車内で食べた「海鮮いなり」。2両編成だったので、空いている2両目でいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ鉄道『社会実験』6 

7 国吉11:35→11:44城見ヶ丘
Syakaijikken090301_18_siromi
 国吉から再びいすみ鉄道に乗って城見ヶ丘で降ります。ここからは、乗合タクシー周遊コースに乗って大多喜の街中へ行きます。次のタクシーはと時刻を確認すると12:00までありません。きっちり20分毎の運行になっていました。
 それではと、上り臨時86Dと菜の花の撮影をしてから、タクシーを待ちます。

Syakaijikken090301_19_siromi

11:57にタクシーがやってきてバックで駅前に停まりました。


8 城見ヶ丘駅前12:00→12:06伊勢幸酒店
Syakaijikken090301_20_siromi
車内からお客さんが2人降りてきました。これが折り返し12:00になるとのことで、乗り込みます。

Syakaijikken090301_21_siromi
後部ドアには、しっかり無料乗合タクシーのステッカーが貼ってありました。結局、この便の乗客は自分だけでした。

ちなみに、この周遊コースは大多喜タクシーの担当。大多喜駅と大多喜城を結ぶ歴史を学ぶコースの無料タクシーは山本観光の担当で、大原駅と椿公園を結ぶ自然に触れるコースの無料タクシーは浪花タクシーの担当だったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ鉄道『社会実験』5 

 行元寺(ぎょうがんじ)は、波の伊八(初代)が彫った欄間があることで、最近広く知られるようになったお寺。昨年の千葉DCでは「びゅうばす」のコースにも入っていたほど。ここでバスを降りたのは、ひとり旅ばかり4人だったが、拝観料を払って中に入ったのは3人だった。
Syakaijikken090301_13_gyouganji
駐車場(バス停)は、この右側。この坂道を少し登ると本堂があります。

Syakaijikken090301_14_gyouganji
この山門を通っていきます。それほどきつい上り坂ではありません。

Syakaijikken090301_15_gyouganji
こちらが本堂。こちらには、徳川家 幻の名工 高松又八の彫った極彩色の欄間がある。こちらは片面彫りだけれども、すごい迫力。又八の他の作品は戦争で焼失してしまい、現存するのはここだけだとか。

 この欄間を見た伊八は刺激を受けて、自分らしい波を彫ることを目指して、初めて正面ではなく横から見た波を彫ったのだろうと、解説してくれました。ちなみに、欄間は撮影禁止なので、見たい場合は直接見に行くしかないです。土日祝は予約しなくても10~16時の間なら、拝観料?300円で見学することができます。


 行元寺10:48→11:06国吉駅
Syakaijikken090301_16_gyouganji
ここにも廃止になったバス停を再利用した臨時バス停がありました。

Syakaijikken090301_17_gyouganji
 次のバスも、ディーライントランスポートの担当だった。この先、菜花摘み体験、万木城公園とバス停があるのだが、この雨では誰も下車希望はなく、そのまま通過して国吉駅へ戻った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ鉄道『社会実験』4 

国吉駅を出ると特設テント?があって、ここで1日乗車券を提示すると、夷隅のこしひかり2合がプレゼントされた。バスの時刻表も渡され、ほぼ20分毎運転の実態がわかった。微妙に16分だったり37分だったり、列車の時刻にあわせてあるので、等間隔にはなっていなかった。

4 国吉駅9:17→9:19郷土資料館
Syakaijikken090301_09_kuni
9:17の便は高崎交通の担当だった。三菱ローザで、チラシにあった通りマイクロバスだ。黄色いパーカーを着たガイドの方が「2台のバスで、ほぼ20分ごとに運転しています」と案内をしていた。

 まっすぐ行元寺へ行くつもりだったのだが、郷土資料館で今日まで「房総横断鉄道の魅力創出」展というのを今日までやっているという案内があり、急遽途中下車してみることにした。

Syakaijikken090301_10_kyodo
 展示は、いろいろと活性化のための提言が写真やイラスト入りで解説されていた。おもしろいなというものもあれば、それはちょっとムリでしょみたいなものもあった。
 鉄道ファンでない視線での提言なので、自分では思いつかないようなものもあり、読んでみるとそれなりにおもしろさはあった。

5 郷土資料館9:46→9:52行元寺
Syakaijikken090301_11_kyodo
昨年11月で廃止になったバス停の再利用で、たった2日間の臨時バスのバス停がつくられていた。

Syakaijikken090301_12_kyodo
今度のバスは、高崎交通同様、旧夷隅町内にあるディーライントランスポートの担当だった。リクライニングシートの小型観光バスで、さっきのより上等になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ鉄道『社会実験』3 

 上総東駅での列車交換は、通常は朝3回、夕~夜2回の1日5回しかありません。国吉での交換は4回しかないものの昼間が中心なので、通勤通学に使っていないと、上総東の交換を目にする機会が少ないのです。
 でも、今日は大増発。上総東での列車交換が11回もあります。この上総東の交換設備。JRからいすみ鉄道になるときに新設されたもの。JR時代は国吉と大多喜しか交換駅がなかったのです。ということで、そんな上総東での列車交換を見るために来たのでした。
Syakaijikken090301_07_azuma
停まっているのが82D臨時大原行き。やってきたのが11D上総中野行き。

Syakaijikken090301_08_azuma
上総中野行きは、先ほど乗っていたのと同じ車両でした。


3 上総東9:07→9:14国吉
 ということで、撮影した11Dにそのまま乗って、国吉駅へ向かいます。9時から観光ルート無料バスの運転が始まっているはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ鉄道『社会実験』2 

1 国吉7:18→7:52上総中野
Syakaijikken090301_02_kuni
国吉駅には、たくさんの『がんばれ いすみ鉄道』の幟が揺れていました。けっこう雨が強く、大きな傘をさしての移動になりました。

Syakaijikken090301_03_kuni
沿線の菜の花は、まだまだといった状況です。

Syakaijikken090301_04_naka
 上総中野駅に着いて、すぐに探勝バスの時刻を確認します。なんと、この列車に接続する7:58の便から19時過ぎまで、すべての列車に接続するバスが設定されています。日曜日は、養老渓谷駅~粟又という運行系統になるので、普段の日曜なら上総中野駅からのバスは、出入庫便だけなんですが・・・。
 ということで、当初は乗る予定のなかった探勝バスに午後から乗るべく、計画を変更したのでした。

Syakaijikken090301_05_naka
7:58の便は、乗客ゼロで発車していきました。

2 上総中野7:59→8:40上総東
Syakaijikken090301_06_naka
折り返しの大原行きに乗って、上総東を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いすみ鉄道『社会実験』1 

2月28日(土)と3月1日(日)の2日間。いすみ鉄道の社会実験が行われました。

 列車の増発(大原~大多喜はほぼ30分毎)と、巡回バスやタクシーによる観光地へのアクセス。上総中野から粟又の滝への路線バス大増発(ほぼすべての列車に接続)というものでした。
 いすみ市の住人としては、やっぱり社会実験に参加して、少しでもいすみ鉄道存続へ向けて努力しようと、でかけてきました。

Syakaijikken090301_01

 7時前に自宅を出て、国吉駅の無料駐車場に車を止めます。いすみ鉄道の1日乗車券を車内で買って、これからのプランを立てます。
 家で立てた予定をかなり変更して、次のような行程になりました。というのも、巡回バスや増発路線バスの時刻が現地に行くまでまったくわからなかったからなのです。

Syakaijikken090301_00_tick

いすみ鉄道
 国吉7:18→7:52上総中野
 上総中野7:59→8:40上総東
 上総東9:07→9:14国吉
観光ルート無料バス
 国吉駅9:17→9:19郷土資料館
 郷土資料館9:46→9:52行元寺
 行元寺10:48→11:06国吉駅
いすみ鉄道
 国吉11:35→11:44城見ヶ丘
乗合タクシー周遊コース
 城見ヶ丘駅12:00→12:06伊勢幸酒店
 徒歩で渡辺家住宅前を通って大多喜駅へ
いすみ鉄道
 大多喜12:17→12:37上総中野
探勝バス
 上総中野駅12:40→12:57粟又の滝
 粟又の滝13:33→13:50上総中野駅
いすみ鉄道
 上総中野14:00→14:29上総中川
 上総中川14:39→14:43城見ヶ丘
 城見ヶ丘14:53→15:03国吉
これで終わりにして、自家用車で東浪見駅に向かったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ひなまつり』号2題 

いやあ、ミスしました。実は、この年末は時刻表を買いませんでした。JTB時刻表11月号の次は、今回の改正が載ったJTB時刻表3月号。11月号では『かつうらひなまつり』号の運転日は、2/20,21,28となっていたのです。ところが、今日3月1日も運転日になっていたんですね。知らずに東浪見駅に行ったら、やってきたのでびっくりでした。

今日の東浪見駅。先客が1人おりましたので、少し下がって撮影。特急『かつうらひなまつり』号が突然やってきたので、びっくり。停車して『わかしお15号』とすれ違うところを1枚撮りました。
Hinamaturi20090301_1_2

それから5分ほどで急行『勝浦ビッグひなまつり』号が通過です。こちらは停車せず、少しスピードを緩めただけで行ってしまいました。
Hinamaturi20090301_2_2

とにかく今日は曇っていて暗く、開放F3.3のコンデジにとっては、たいへん厳しい撮影でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »