« 淡路島一周路線バスの旅(2)  | トップページ | 自宅へ戻る汽車旅の1日  »

2008年12月27日 (土)

神戸のダックツアーに乗りました 

今日と明日の2日間で自宅へ戻ります。帰路に寄ろうと思っているのは次のところです。
・神戸のスプラッシュに乗りたい
・中之島新線の初乗り
・近鉄伊賀線の伊賀鉄道に移管後の乗車
・近鉄養老線の養老鉄道に移管後の乗車

ということで、今日はスルッとKANSAI2daysを利用します。明石から山陽電鉄に乗って新開地へ行きます。大きな荷物をコインロッカーへ入れて、再び阪神で元町へ。歩いてメリケンパークのバス駐車場へ向かいます。

 電話予約したときは『1時間前から並んでいただいた順に乗車となります』ということだった。小さなポールの立つ乗車位置に着いたのが9:10。ところが誰もいない。9:20頃に係のお兄さんが自転車でやってきて、受付順の札をくれた。そうしているうちにスプラッシュが到着。みなさんで、車内や車外の清掃が始まった。
Dukw1

 9時半を過ぎてチケットの販売。3000円払ってチケットとパンフレットをいただく。

Dukw2

 少し早めの9:45に乗車開始。車内にはいると、大阪の水陸観光バスよりも狭い。こちらはGMの水陸両用車をそのまま使っているから、左ハンドルのボンネット車。後輪はバスのようにダブルタイヤになっていない代わりに、後輪2軸になっている。
Dukw3

Dukw5

 まずは、山の方へ向かい、北野の異人館街を行く。あの狭い道を背の高い水陸両用車が行くのだから注目の的。ガイドさんも、神戸の人も存在は知っていても実物を見たことのある人は意外と少ないという説明をしていた。

 再び海沿いに戻って、いよいよスプラッシュイン。大阪と違い、ここはやはり海。波による左右の揺れがある。
 ただ、航行域が制限されていて、すごく狭い範囲を2周するだけ。運行実績を積むと、もっと遠くまで行く許可が出るかもしれないとガイドさんが言っていた。
Dukw4

 今日はその後、新開地で昼食。阪急梅田を経由して、東梅田から淀屋橋、そして中之島へ。中之島から快速急行で丹波橋へ。近鉄丹波橋から特急で大和八木の渡り線を通って伊賀神戸へ。そして伊賀鉄道に乗って今日は上野市で泊まりです。
 明日は伊賀上野から青春18きっぷの旅で、養老鉄道に寄り道してから帰ります。

|

« 淡路島一周路線バスの旅(2)  | トップページ | 自宅へ戻る汽車旅の1日  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/43547813

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸のダックツアーに乗りました :

« 淡路島一周路線バスの旅(2)  | トップページ | 自宅へ戻る汽車旅の1日  »