« 支社版フレーム切手  | トップページ | 風邪ひき出張 »

2008年11月 5日 (水)

郵便局の通販ショップ 

 昨日11月4日から、郵便局株式会社のウェブサイトに『通販ショップ』なるページが開設されました。郵便事業株式会社の『切手SHOP』とは、ちょっと違います。自社製品も自社では売らないショップなんです。

 この『通販ショップ』、いろんなものを売っていますが、収集家にとっての目玉?は、11月発売分以降の支社版フレーム切手を通信販売すること。しかしながら、販売するのは「プレジール」と「郵趣サービス社」なんです。だから、プレミア価格。
 これって、自社から数百枚をこの2社に転売。確実に売り上げる。2社は手数料と消費税を上乗せして、再び発売元の郵便局株式会社のサイトで販売する。というものですよね。
 プレジールがエンタメポストで売るのはいいんです。郵趣サービス社がスタマガネットで売るのはいいんです。何で発売元のサイトに(たぶん掲載手数料払って)売らなきゃならないんですか。これで、郵便局会社は確実に売り上げを得られる。2社は(たぶん優先的に)支社版フレーム切手を売ってもらえて、手数料上乗せして、回収する。これって、土地転がし切手転がしじゃないんですか。
 結局収集家は、プレミア分+送料を払わないと買えないんですよね。う~ん、何か納得いかないな。ところで、リリース文の発売枚数は、純粋に郵便局での販売分なんでしょうか。2社に売り渡した分も入っているのでしょうか。売り渡し分も入っているなら・・・1000枚って言っても、実際の局での販売分は800枚くらいになってしまうのでしょうか。自社サイトで通販やるんなら、この辺の数についても、明瞭にリリースして欲しいなあ。

|

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 風邪ひき出張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/43021752

この記事へのトラックバック一覧です: 郵便局の通販ショップ :

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 風邪ひき出張 »