« 鶴岡~山形ミニバス旅  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

2008年10月 2日 (木)

まほろば緑道サイクリング 

一度走りたいと思っていた、高畠の「まほろば緑道」。今日、山形からの帰りに、ようやく念願が叶いました。

 山形9:35の普通列車で高畠に向かいます。ロングシート2両のワンマン列車にゆられること、約45分で到着です。ここは駅内温泉の太陽館が有名です。その太陽館の受付は、レンタサイクルの受付でもあります。3時間500円で自転車を借ります。
 今の高畠駅、山形新幹線ができるまでの駅名は糠ノ目。町の中心の高畠へは、ここから山形交通高畠線というローカル私鉄が通じていました。その廃線跡を使ったのが「まほろば緑道」というサイクリングロード。旧高畠駅は駅舎も残っていて、当時の電車が保存されているといいます。

Takahata1
 桜の木が両側に植えられたサイクリングロードを行きます。アップダウンもほとんどなく、気持ちよく走れます。

Takahata2
 途中にある、浜田広介記念館に寄っていく。入口にはこんな立て札が。最初はわからなかったのですが、入館して納得。「泣いた赤鬼」の作者だったんですね。それをまねたものだったんだ。展示物が丁寧で、小さいながら気持ちのよい博物館でした。もう開館して20年になるんだそうで。知りませんでした。

Takahata3
 記念館から、さらに20分ほど自転車をこいで、ようやく旧高畠駅に到着です。駅舎は、山形交通バスが待合室として使っていたらしいのですが、今は施錠されて中に入れません。バス停にも時刻は貼っておらず、もう路線バスもここにはやってこないようです。
 展示車両は、電車、貨車、電気機関車が1両ずつ連結された形で停まっていました。その後、街中の手打ちそばのお店で、かなりおいしい盛りそばを食べて、現高畠駅へと自転車をこいでもどりました。

 出かけている間に、近畿支社と東京支社でフレーム切手のリリースが出ましたが、明日まとめて載せようと思います。

|

« 鶴岡~山形ミニバス旅  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まほろば緑道サイクリング :

« 鶴岡~山形ミニバス旅  | トップページ | 支社版フレーム切手  »