« 支社版フレーム切手  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

2008年8月 3日 (日)

世田谷文学館&ていぱーく 

今日は、久しぶりに東京へ行きました。目的は2つ。世田谷文学館の「宮脇俊三と鉄道紀行展」と、ていぱーくの「サマーペックス’08」です。

まずは、開館直前の世田谷文学館に到着しました。すでに、数人の方が入館を待っています。
Miyawaki

特別展なので入館料は500円でした。特製の入場券が渡されます。展示会場は2回。入ってすぐのスライドショーで数分足止めされてしまいます。だって、全部見たいですものね。
 とにかく、読める展示が多かったので、ゆっくり読んで楽しませてもらいました。全部見るのに、1時間40分ほどかかりました。その後、1階のミュージアムショップで、書籍を1500円以上買うと、上の写真にあるポスタープレゼント(限定数200)とあったので、まだポスターがあることを確認して、持っていない本を買ってしまいました。

 その後、新宿経由で東京へ。無料バスの丸の内シャトルに乗ってていぱーくへむかいます。

Teipark
しかし、ていぱーくはいったいどうなってしまうんでしょ。「郵趣」8月号にも書いてありましたが、日本から郵便の博物館がなくなってしまうんですかね。今回は、展示の一部が2階とのことで、いってみると、たしかここは、歴代のポストとかが展示してあったところだと思うのですが・・・。展示物は跡形もなく、なくなってました。いや、勘違いかな、展示は3階だったかな。今日は3階まで行かなかったけど。

その昔、新宿の郵趣会館の上の方でやっていた「ジュニア切手展」の頃がなつかしいです。狭いけど、もっと熱気があったような気がします。

今日は早めに、東京16時のわかしおで帰ってきました。明日から、また仕事です。がんばろうっと。
 

|

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 支社版フレーム切手  »

コメント

ポストの展示は3階です。

投稿: やまざき | 2008年8月 4日 (月) 21時26分

やまざきさん、こんにちは。ご指摘ありがとうございます。そうでしたか、ポストは3階でしたか。

あの空間は、何があったんでしたっけ。すっかり忘れてしまいました。

8月8日と12日、がんばって下さいね。もう、未使用を集めるだけでもお手上げに近いです。

投稿: わらしべ長者町 | 2008年8月 4日 (月) 21時30分

道を歩く通行人に声を掛け、郵便局の隣の喫茶店のお姉さんに手伝ってもらい、歌舞伎町のお姉ちゃんにも並んでもらった写真付き切手でしたが、…
見知らぬ民宿のお姉さんや個人タクシーのオジサンに電話で頼み、スナックで隣り合った他人に買いに行ってもらうフレーム切手です。「立ってる者は親でも使え」というのが親の遺言でしたが、「立ってる者は誰でも使え」という状況です。

投稿: やまざき | 2008年8月 4日 (月) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷文学館&ていぱーく :

« 支社版フレーム切手  | トップページ | 支社版フレーム切手  »