« 「SL南房総号」ホーム・駅舎編  | トップページ | まだ咳が止まらず  »

2008年1月27日 (日)

「SL南房総号」列車・運転編 

今日は、昨日見てきた「DL南房総号」と「SL南房総号」の車両や運転についてです。

まずは「DL南房総号」の勝浦駅入線の写真です。片手での撮影だったので、かなり曲がってしまいました。
Sl_dlboso

26日の牽引機は、DE11 1202 でした。さて、DL列車はSLがこんな位置で停車して乗客を降ろしました。

Sl_teisya1

 今回は、勝浦駅でのポンプ車による給水、パワーショベルによる石炭の補給はありませんでした。往路はDL牽引だったので、ほとんど消費しなかったのでしょう。また、館山駅のように引き上げ線に転線しての整備もありません。
 停車したまま注油するために、SLの左右がホームにかからないこんな位置での停車になったようです。すぐに、係の方がやってきて整備作業に入りました。

Sl_teisya2

 今回、オヤ12を連結したままの運転だったのですが、このオヤは何だったのか。停車中に車内をのぞいてみてわかりました。

Sl_oya

整備に使用するオイル類を、この車両で運んでいたのですね。ヘッドマークも使用しない片方を、オヤの車掌室に収納されているのが見えました。

 万葉軒のSL運転記念弁当。1個800円で100個限定販売だったのですが、かなり早い段階で売り切れていたようです。「びゅう」のツアーの人は、別途引換所がありましたから、見学や一般の乗客向けだったのでしょう。値段の割りに、しっかりした内容でしたし、とてもおいしかったです。今回だけとはいわず、継続販売してくれるとうれしいのですが・・・。たぶん、あれだけ吟味した素材を使っていると、ほとんど儲けはないのでしょうね。でも、もう1回食べたいですねぇ。

|

« 「SL南房総号」ホーム・駅舎編  | トップページ | まだ咳が止まらず  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「SL南房総号」列車・運転編 :

« 「SL南房総号」ホーム・駅舎編  | トップページ | まだ咳が止まらず  »