« 今朝も通院です  | トップページ | 明日からSL南房総号運転  »

2008年1月23日 (水)

雪とバス 

今日、東京では雪だったようですが、房総半島は雨でした。でも、けっこう冷たい雨で体が全然温まりませんでした。

先日の北海道のバス旅で感じたこと。歩道からバスに乗るのがたいへんだということです。歩道と車道の間に、車道の雪かきでできた、雪の山脈があり、それを乗り越えないとバスのステップにたどりつかないのです。
Rusutu1

バスはウインカーを出して停まってくれるのですが、この小高い雪の山脈を乗り越えないと、ステップにたどり着かないのです。もちろん、始発地点から乗れば、そんなことはないのですが、途中停留所だとこんなとこが多かったです。ちなみに、これは留寿都バス停。都市間バスも停まる、大きな停留所なはずなんですが・・・。

それにしても、このバス。どうやって降りるのか、最初は迷いました。だって、放送は流れるのに押しボタンが見つからないのだもの。ようやく見つけました。天井に、天井と同じ色のボタンが付いてました。

Rusutu2

貸し切りバスの格下げ車なのでしょう。改造して降車ボタンをつけたのではないでしょうか。それにしても、わかりにくい降車ボタンでした。

|

« 今朝も通院です  | トップページ | 明日からSL南房総号運転  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/17806899

この記事へのトラックバック一覧です: 雪とバス :

« 今朝も通院です  | トップページ | 明日からSL南房総号運転  »