« 角川書店のBLもの  | トップページ | 明日からバス旅  »

2007年12月20日 (木)

エンタメポスト誌と支社版フレーム 

今日、2日前の18日にリリース文が発表されたフレーム切手東京支社版が発売されました。あまりに急ですよね。これが、郵便局会社(オレンジ会社)初の支社板フレーム切手と言うことになりそうです。矢沢は郵便事業会社(赤会社)でしたものね。

民営化に際して、正刷の切手は事業会社。支社板フレームは郵便局会社の発売になるという話だとブログに書きました。矢沢は郵便局会社じゃなかったけれども、いよいよその噂通りに、事は進んでいるようです。年が明けて、また支社板ラッシュになるのかなあ。そうなってくれれば、収集をきっぱり止めるいいきっかけにはなるのだけれども。

新生エンタメポスト誌。発行こそ株式会社プレジールの文字があるものの、表紙には「郵便局株式会社 フレーム切手&エンタメ総合カタログ」の文字が躍り、中に挟まっている振込用紙もプレジールのものではなく、「郵便局株式会社カタログ販売センター」のものになっていました。
 今まで2000円を切っていたプレジールオリジナルのディズニーものが、今度は3000円以上になってしまったのは、こんな理由があったんですね。自社製品でも、いったんオレンジ会社経由でないと代金を受け取れない。それがいやなら、郵便局にチラシや雑誌を置く場所代を払わなくてはならない。どっちにしても、マージンが必要なので、定価上昇ということなのでしょう。
 しかも、今回からすべて1品ずつ送料込みの代金。複数買うのは、ちょっとためらっちゃいいますね。別サイトで送料抜きで売っている(というか合計に送料をプラスしてくれる)ところをさがしに行くことになりそうです。
 今回の掲載は、エトワール(元の天田写真印刷がやっていたところ)、プレジール、郵趣サービス社といったところの商品ですから、他のチャンネルは見つかりそうです。

|

« 角川書店のBLもの  | トップページ | 明日からバス旅  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/17431481

この記事へのトラックバック一覧です: エンタメポスト誌と支社版フレーム :

« 角川書店のBLもの  | トップページ | 明日からバス旅  »