« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

2007年もあと45分 

今年もあと45分ほどになりました。今年も、当方のウェブサイトならびにブログにご訪問いただきありがとうございました。

旅のサイトも、切手のサイトも、更新が遅れに遅れてしまった1年でした。来年は、少しお出かけは控えて、フレーム切手も全部はやめて気に入ったものだけに絞って、もう少し落ち着いて趣味を楽しもうと思います。

明日1月1日は、さっそく長野県上田市の生島足島神社で9時からフレーム切手発売だそうで。JR東日本全線元旦乗り放題のきっぷで出かけて買ってくる、なんてことはしませんが。

それでは、みなさん。よいお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

宇井の「まつや」 

今回のバス旅。せっかく行くんだから、境港でさかな食べたいなぁと考えていた。いろいろネットで調べてみるものの、どうも駅から近いところがヒットしない。それなら、対岸の島根県側はどうだろう。旧美保関町内で調べてみると、宇井にある「まつや」というのがヒットした。

今年の3月31日までは、この宇井から境港まで、県境越えの渡船が走っていた。4月1日からは、渡船にかわりバスが宇井と境港を結んでいる。宇井は今でもバス同士の乗り換え場所。それなら、ここで乗り換えるバスを遅くして昼食にしよう。

Matuya1

日曜定休ということで、振替休日の12月24日(月)にやっているか心配。松江市内から電話するとやっているとのことで、安心して向かった。13時を過ぎていたが、店内は混んでいた。

注文したのは、店長おすすめ「まつや定食」2625円也。それがこれ。

Matuya2

これにカニの味噌汁とご飯がつく。これで2625円!?。今風にいうのなら「ありえねぇ~~」。1時間、無言で食べ続けました。煮魚は前菜で、カニの口直しにウニ食べようとか・・・。この晩、夢で魚にたたられたのはいうもあでもありません(嘘)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

中山地区巡回バス 

今回、一番悩ませてくれたのが、試験運航中の中山地区巡回バス。大山町のウェブサイトにあった通り、スクールバスの間合い運用のようです。正面に貼られた「中山地区巡回バス」のプレート(シール)は、すっかり縮れて読めなくなっていました。

Bus_nakayama

今日は1日大そうじ。でも、まだぜんぜん片付きません。明日は天気が回復しそうなので、拭き掃除だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

奥出雲交通 

今回の旅で乗った奥出雲交通のバスは4回。でも、車両に限っていえば、同じ車両に2回ずつ乗っているから2台しか出会っていない。

Bus_okuizumo

どちらも、写真のようなワンステップのキュービックだ。このようなバスを新車で導入したとは思えず、さて、どこから流れてきた車だろうかと想像してしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

年賀状の残りを制作中 

年賀状の残り20枚ほどを制作中。ということで、今夜はこれにて失礼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

福山駅から鳥取駅ゆき路線バス+αの旅 第5日 

いよいよ最終日です。

30 はわい温泉9:08→9:34小浜(日本交通)
 この路線、かつては青谷駅までだった。自治体合併の影響か、今では湯梨浜町の東端、小浜バス停までしか行かなくなってしまった。
 その小浜、集落より一段高いところを通る国道p号線の道端にあった。当然、折り返すこともできないので、バスはそのまま先へ走り去っていった。しばらくすると、回送と表示を出して戻ってそのまま通り過ぎていった。

徒歩 小浜バス停→長和瀬バス停(約20分)
 小浜~青谷駅を日本交通は止めてしまったのだが、鳥取市内になる長和瀬~青谷駅は、元々青谷駅より東側の路線を運行していた日ノ丸自動車が運行を引き継いでくれた。
 ということで、湯梨浜町と鳥取市の境だけを歩けば、今のところなんとかつながるのだ。この間国道9号線は、海側に歩道があるので、歩くことは風が強くない限りは大丈夫だ。

31 長和瀬10:10→10:18青谷駅(日ノ丸自動車)
 乗客は自分とお年寄り1名の2人だけ。そのもう1人は、海岸沿いの青谷バス停で降りていった。

32 青谷駅11:10→11:27浜村駅(日ノ丸自動車)
 こんども、始発時点では3人。でも2人はすぐに降りてしまって、あとは自分だけ。車両も運転士さんも長和瀬からのバスと同じだったので、降りるとき「どこから来た」とたずねられてしまった。
 浜村ではちょっと歩いて、浜村温泉会館「気多の湯」に行く。入湯料420円で丘の上の温泉に入る。

33 浜村駅13:05→13:43安長(日ノ丸自動車)
 久しぶりに、ほどほど乗客が乗ったバスになった。鳥取駅行きだが、途中の安長で降りる。

34 安長14:08→14:31かにっこ館前(日ノ丸自動車)
 日本海のカニをテーマにした展示施設「かにっこ館」に行ってみる。カニ以外もいるのだけれども、カニについての説明が丁寧で、おもしろかった。脱皮時の再生の話や写真は、なかなか興味深かった。

35 かにっこ館前15:42→16:15鳥取駅(日ノ丸自動車)
 今回の旅、最後のバス。LEDだと、行き先表示にかにっこ館の文字があったのだけれども、今度のバスは幕式。残念ながらかにっこ館の文字がなかった。
 途中、ジャスコ北店によることもあり、けっこう乗っている。ジャスコでの乗客の入れ替えもあり、今日一番乗客の多いバスで、鳥取駅にゴールした。

さあて、本土横断路線バス+αの旅。残っているのは、大沼公園~苫小牧駅です。これは、年が明けて、成人の日の三連休に乗ってしまう予定です。今度こそ、雪の中のバス乗り継ぎになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福山駅から鳥取駅ゆき路線バス+αの旅 第4日 

今日は本当にどうなるか、行ってみての勝負。っといったコースだったのですが、なんとかつながりました。

20 米子駅7:00→7:51下市入口(日本交通)
 まずは日本交通の下市入口行きに乗る。国道9号線を東へ向かう路線だ。しばらく前に、バスマガジン誌に鳥取乗り放題手形で鳥取から米子へ向かうルポが載っていた。そのときは、すべてつながっていたバス路線も、今は2カ所で断線している。
 終点の下市入口は「大衆食堂おおさか」とかかれた食堂の駐車場に入っていく。えっ、何コレと思っていると、その裏の空き地にワフ転用の待合室とポールが立っていた。

21 下市入口8:01→8:05前谷(日本交通)
 ここから先は、かつて日ノ丸自動車の路線だったのだが、廃止されてしまった。今は、大山町の中山巡回バスが琴浦町との境まで試験運転されていると、大山町のウェブサイトにあった。役場に電話してみると、町民専用ではなく誰でも利用できるとのことだったので、これを利用しよう。
 その巡回バスの始発地点前谷まで、今来たバスで2停留所だけ戻る。同乗の地元に人によれば「ここで待っておれば通るわな」とのこと。ただ乗ったことはないがということばが付け加わったが。

22 前谷8:38→9:01金屋・折返場(中山地区巡回バス)
 いやあ、乗り場がわからなかった。前谷は、名和巡回バスと中山地区巡回バスの接続地点であること。名和巡回バスのサイトには地図と前谷(前谷・木料交差点北側)の文字があること。この2つを頼りに乗り場を探さなくては行けない。少なくとも、日本交通の前谷停留所とは別の集落の中であることは確かだ。
 地図と道路を照合し、たぶんここだろうという交差点に来たけれども、バス停はない。でもここに違いない。バス停表示のないコミュニティバスもめずらしいことではない。しかし不安だ。そのうちに、お年寄りが2人ほどやってきて、確認するとここだという。ホッとした瞬間だった。
 ところが、お年寄りが2人とも名和巡回バスに乗ってしまい1人になると、また不安になった。この2分後が中山地区巡回バスなのだが、やってこない。そのうち、大きなエンジン音が聞こえた。そちらの方向に行くと、まさにマイクロバスが三叉路で方向転換していた。声をかけて、ようやく乗り込むことができた。
 名和巡回バスは1乗車100円だが、こちらは試験運行ということで無料とのこと。なんだか申し訳ない。途中乗車は、お年寄りが2名。中山口駅近くの医院の前で降りていった。
 運転士さんから「金屋はバス停のところでいいかな。折返場は少し先なんだが」という。折返場まで乗っていいんですかと聞くとかまわないという。それではとお願いすると、道路脇の標識にに琴浦町の文字が現れた。折返場は町境を越えた坂を下った三叉路のところだった。これで、歩く距離がかなり少なくなった。

徒歩 折返場→坂ノ上南口バス停(5分程度)
 少し歩くと三叉路に出る。ここはすでにバス通り。右に行けば坂ノ上南口。左に行けば箆津西口バス停があるはず。これは琴浦町のウェブサイトのバス時刻表で確認済み。右手にどうやらバス停らしきものが見えたので、坂道をあがっていく。

23 坂ノ上南口9:33→9:47上中村(日ノ丸自動車)
 赤碕駅方面はまだ30分待たなければ行けない。そこで反対方向に乗って終点まで行って折り返してこよう。やってきたのは、トヨタのワゴン車。でも座席数が多いから2ナンバーになっていた。

24 上中村9:50→10:10赤碕駅(日ノ丸自動車)
 同じバスで戻る。先ほどは貸し切りだったが、今度は途中から3人ほど乗車があった。

25 赤碕駅10:42→11:10北栄町大栄庁舎前(日ノ丸自動車)
 青山剛昌さんの出身地、大栄町(現北栄町の一部)で降りる。役場前の道を行けばブロンズ像がならぶ「コナン大橋」。橋を渡ってさらに行くと、青山剛昌ふるさと記念館があるのだが、火曜休館でアウト。橋の手前を右に入ると「コナン探偵社」という、コナングッズのお店がある。
 ここには、コナンと大栄町のスイカをあしらった数々のグッズがあった。数点買い求めて、バス停に戻る。

26 北栄町大栄庁舎前12:06→12:31赤瓦・白壁土蔵(日ノ丸自動車)
 倉吉の市街地にある白壁土蔵の町並みをちょこっとだけ見学する。

27 赤瓦・白壁土蔵12:53→13:17関金温泉(日本交通)
 関金温泉で降りて、てくてく歩いて関の湯へ。入浴は200円だった。

28 関金温泉14:41→14:57西倉吉(日本交通)
 次のバスの始発地点、西倉吉で下車。ここは日本交通のちょっとしたターミナルになっていた。

29 西倉吉15:17→15:56はわい温泉(日本交通)
 日本のはわいで、この旅最後の夜になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

福山駅から鳥取駅ゆき路線バス+αの旅 第3日 

今日は中海、ほぼ半周の旅です。松江市内で遊覧船に乗って、それを+αにします。

12 松江駅8:40→8:50大手前(レイクライン)
 まずは松江市交通局がやっている、観光ループバス「レイクライン」に乗っていく。乗車してすぐに、500円の1日乗車券を買う。それほど乗るわけではないが、観光施設の割引にもなり、結果的には安くつく。
 大手前で降りて松江城へ。天守閣はかつて行ったことがあるので、松江郷土館「興雲閣」を見学してくる。

13 大手前9:20→9:27堀川遊覧船乗場(レイクライン)
 レイクラインに使われているのは、専用のレトロ調バス。先ほどは、いすゞ/岩戸工業のノンステップバスだったが、今度は日野のノツーステップバスだった。後部の展望デッキ状の部分に、クリスマスツリーが飾られている。

14 松江堀川ふれあい広場乗船場9:40→10:25松江堀川ふれあい広場乗船場(堀川遊覧船)
 けっきょくこの便は、乗客は自分だけ。船1艘貸し切ってしまった。
 4カ所ほど橋が低いところがあって、前に伏せて頭を下げるようにと船頭さんから指示がある。自動的に屋根を支える柱が折れて屋根が下がってくる。この屋根が下がるのは、スリル満点だった。
 ネット情報ではわからなかったが、3カ所ある乗船場のうち、カラコロ広場乗船場で下車することも可能。また、カラコロ広場で、大手前広場行きに乗り換えることも可能と表示がある。これがわかっていれば、1周せずに経路をくんだのだが。

15 小泉八雲記念館前10:56→11:17大橋南詰(レイクライン)
 時間があったので、1停留所戻って、お堀を行く遊覧船を眺めてバスを待った。

16 大橋南詰11:55→12:33美保関ターミナル(一畑バス)
 途中、川部入口を過ぎると、右側に中海が広がってきた。

17 美保関ターミナル12:36→12:51宇井渡船場(美保関コミュニティバス)
 ここからは、三菱ローザで運行されているコミュニティバスに乗り換え。部活動でもあったのか、女子中学生数人と一緒に乗り込む。
 今年、2007年3月31日限りで廃止になった、境港(鳥取県)と対岸の宇井(島根県)とをむすぶ宇井渡船。その渡船があった、宇井渡船場まで乗っていく。

※お昼は宇井にある、民宿と食堂をやっている「まつや」へ。ここで「まつや定食」2625円を注文する。びっくり。でも、写真がないと、この驚き伝わらないよな。

18 宇井渡船場14:08→14:19境港駅(美保関コミュニティバス)
 この便は美保関ターミナルからの接続便がないので、乗客は自分だけ。ゆったり県境越えの橋を楽しみました。

18 境港駅16:20→17:08米子駅(日ノ丸自動車)
 無事に米子到着。

明日は早起きです。乗り遅れないようにしなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

福山駅から鳥取駅ゆき路線バス+αの旅 第2日 

今日は日曜日。奥出雲交通も運休便があるものの、その先乗り次ぐ安来市のイエローバスの運休便が多い。半減して朝昼夕の3本しかないので、あわててもしかたない。昼の便に間に合うように、寄り道しながらいくことにした。

5 三成駅8:13→8:26亀嵩駅(奥出雲交通)
 まずは亀嵩駅へ。ここのそばや「扇屋」へ一度行ってみたいと思っていたのだが、一度は定休日で断念。あと数回は、途中下車する時間がなく通り過ぎただけ。
 ガイドブック等には9時から営業とあったので、今日立ち寄ったのだ。9:26の列車を見送ってから、店へ入る。まだ電気は消えているが、ドアは開いているし、どうやらOKのよう。割子そば650円也をいただく。短めのこしのあるそばは、なかなかおいしかった。

6 亀嵩駅10:50→11:10亀嵩温泉(奥出雲交通)
 昨日乗ったキュービックがやってきた。温泉は500円。にもかかわらず、たいへん立派な施設。レストランは、地元の食材にこだわった料理が自慢だそうで、仁多米のごはんはおかわり自由だった。

7 亀嵩温泉12:58→13:07西比田(奥出雲交通)
 先客は2名。坂道を登り切るまでに、降りてしまった。峠を越えると、奥出雲町から安来市に変わる。坂をどんどん下って、小さな比田集落のはずれにある木造の車庫の前が西比田だった。同じ場所に、イエローバスの西比田車庫バス停があった。

8 西比田車庫13:50→14:32広瀬ターミナル(安来市イエローバス)
 三菱ローザにゆられること40分。広瀬ターミナルの建物には、「出雲広瀬駅」「一畑電鉄株式会社」という文字の跡が残っていた。
 車庫には、マイクロから中型まで、さまざまな大きさのイエローバスが停まっていた。

9 広瀬ターミナル14:50→15:18安来駅(安来市イエローバス)
 今度のバスはリエッセ。少し大きくなった。

10 安来駅前15:30→15:59矢田(日ノ丸自動車)
 松江行きの日ノ丸バスに乗って、松江市の矢田で降りる。当初案では、ここにある「矢田の渡し」を経路に入れる予定だった。ところが、土休日運休。せめて、渡船場くらい眺めておこうと、ここで降りたのだった。
 今日が平日なら、渡船で対岸に渡って、対岸の矢田渡船場前バス停から、松江市営バスに乗る予定だったのだが・・・残念。

11 矢田16:24→16:43松江駅(松江市交通局)
 ほぼ30分後の市営バスで松江駅を目指す。道路が結構渋滞している。

明日は、中海をぐるっと一周回ります。さて、どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

福山駅から鳥取駅ゆき路線バス+αの旅 第1日 

昨夜は総社のホテルに泊まり、総社7:02の井原鉄道に乗って神辺へ。福塩線に乗り換えて福山へ出て、そこから約1年前に中断したバス旅の再開です。

1 福山駅8:55→9:48目崎車庫(中国バス)
 バスの行き先表示は「府中」。運転士さんに確認すると、間違いなく目崎車庫まで行くという。
 最初は福塩線よりもかなり東側を行く。横尾駅の先で線路を横切り川の対岸へ渡る。その後、上市で再び福塩線と平行する道へと入っていく。
 バスは府中駅前を過ぎて、町並みも切れたところにある目崎車庫が終点だった。

2 目崎車庫10:28→12:11庄原駅前(中国バス)
 中国バスのウェブサイトの時刻表によると、このバスは上下行きで、上下で4分待ちで庄原行きに接続になっていた。4分接続が心配で、車庫に併設されている府中営業所の窓口で訪ねると「同じバスが直通します」とのこと。
 実際にやってきたバスは、最初から庄原行きの表示だった。福山からのバスが遅れたので、接続をとって5分遅れて目崎車庫を発車した。
 ほぼ全線、片側1車線の県道か国道を走っていく。だんだん、山が迫ってきて、道路のアップダウンが多くなってきたなという程度で、それほど多いな景色の変化がなかったのが残念だった。

3 庄原バスセンター14:03→15:03殿垣内(備北交通)
 中国バスは駅前に停留所がある。乗り継ぐ備北交通は、駅前の交差点を左に曲がって少し行ったところにある。歩いて3分くらいの距離だ。
 バスセンターと言うにはあまりに小さな設備だが、中には待合室、売店、トイレなどが一通りそろっている。ここから14:00の下高野山行きに乗っていく。ほぼ時間になってやってきたバスは、行き先表示が「比和 下高」となっている。比和とあるからコレだろうと乗り込んで運転士さんに確認する。下高野山を下高と省略するあたり、地元じゃないのでまったくピントこない。
 バスセンターからは自分だけ。ジョイフルというショッピングセンターから1人乗ってきた。でも、その人も10分足らずで降りてしまい、あとは運転士さんと二人だけ。
 目指すは旧高野町の健康福祉センター。先ほどのバスセンターで調べてもらったら、どうやら殿垣内(とのごうち)バス停が近いらしい。運転士さんも「たしか、その先に温泉施設があったらから、それだろう」という。自由乗降区間ということもあり、その健康福祉センターの目の前でおろしてくれた。

4 健康福祉センター15:23→16:13三成駅(奥出雲交通)
 島根県の奥出雲町内路線を担当してい第3セクターのバス会社、奥出雲交通のバスが、1日2往復県境を越えてこの旧高野町までやってくる。そのバスに乗って島根県へ入ろうというわけだ。
 駐車場に停まっていたのは、ワンステップのキュービック。マイクロだろうと思っていたのだが、こんな大きなバスがいようとは思ってもみなかった。
 このバスの運転士さん、とっても仁多町を愛しているようで、地元の話をいろいろと聞かせてくれる。もとより乗客は自分だけ。「土日は全然乗らないので、今後はどうなるか私にもわかりません」と運転士さんが言っていたように、土曜日にこんな山の中の路線だけ使って県境越えができることが奇跡に近いだろう。
 ちなみに、いつもはマイクロか12人乗りのバンが走っているとのこと。今日は冬休みに入った高校生が大勢板の待っていたので、急遽車両を差し替えたのだとか。ワンステップとはいえ、マイクロより遙かに高い視線で景色を眺められたのはラッキーなことだったのだ。

ということで、今日は三成駅近くの宿泊施設に宿泊。明日は、米子といきたいところだけれども、+αを楽しむために、いったん松江へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

明日からバス旅 

明日からバス旅です。今回は、以前中断している、福山駅から再開して鳥取駅まで乗ります。

福山に行くのなら、未乗の井原鉄道に乗っておきたい。それなら、「サンライズ出雲」でいけばいいのではと思っていたのですが、これが意外と接続が悪い。「サンライズ出雲」が総社に停まってくれたなら、話はうまくいくのですが。

ということで、今日は午後半休をとって、午後の飛行機で岡山まで飛んできてしまいました。明日は総社から井原鉄道初乗りをして福山へ。そこから、バス旅を再開します。

今回の旅。当初は、井笠鉄道バスで、新山の記念館を見て井原へ。そこから備北交通、中鉄バスに乗り継いで倉吉へと考えていました。岡山・鳥取県境が真庭市営バスになってしまったほか、備北交通の土休日運休路線が多く、この3連休で実施するには、かなり無理がある。そこで、福山まで来たのに、また逆戻りして、広島・島根県境を越えて、そこから鳥取県に入るコースに変更です。これなら、土日でも行けるんですね。調べてみて、ちょっと驚きました。

さて、どんな旅になりますか。明日からの更新をお待ちください。ただ、明日はネット環境が整っているかどうか、不明なんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

エンタメポスト誌と支社版フレーム 

今日、2日前の18日にリリース文が発表されたフレーム切手東京支社版が発売されました。あまりに急ですよね。これが、郵便局会社(オレンジ会社)初の支社板フレーム切手と言うことになりそうです。矢沢は郵便事業会社(赤会社)でしたものね。

民営化に際して、正刷の切手は事業会社。支社板フレームは郵便局会社の発売になるという話だとブログに書きました。矢沢は郵便局会社じゃなかったけれども、いよいよその噂通りに、事は進んでいるようです。年が明けて、また支社板ラッシュになるのかなあ。そうなってくれれば、収集をきっぱり止めるいいきっかけにはなるのだけれども。

新生エンタメポスト誌。発行こそ株式会社プレジールの文字があるものの、表紙には「郵便局株式会社 フレーム切手&エンタメ総合カタログ」の文字が躍り、中に挟まっている振込用紙もプレジールのものではなく、「郵便局株式会社カタログ販売センター」のものになっていました。
 今まで2000円を切っていたプレジールオリジナルのディズニーものが、今度は3000円以上になってしまったのは、こんな理由があったんですね。自社製品でも、いったんオレンジ会社経由でないと代金を受け取れない。それがいやなら、郵便局にチラシや雑誌を置く場所代を払わなくてはならない。どっちにしても、マージンが必要なので、定価上昇ということなのでしょう。
 しかも、今回からすべて1品ずつ送料込みの代金。複数買うのは、ちょっとためらっちゃいいますね。別サイトで送料抜きで売っている(というか合計に送料をプラスしてくれる)ところをさがしに行くことになりそうです。
 今回の掲載は、エトワール(元の天田写真印刷がやっていたところ)、プレジール、郵趣サービス社といったところの商品ですから、他のチャンネルは見つかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

角川書店のBLもの 

角川書店のBL雑誌2誌の連携企画で、オリジナルフレーム切手の全員プレゼントをやっています。BLものだし、民営化後だから、雑誌まで買って応募しなくていいやと思っていたのですが・・・。

ルビー文庫の裏編集部日記というコーナーにいくと、この切手シートのことが少し書いてあって、フレーム切手とはこういうものですと、日本郵政にリンクが貼ってあるんです。そのリンク先が、オリジナルフレーム。そう、あの「日本の山と清流」という架空のオリジナル専用のページなんです。

ということは、このBLものは、オリジナル専用シートででるんでしょうか。それなら、欲しいなあ。まだ、オリジナル専用シートは、鳴美さんの「ていぱーくミュージアムショップ」のしか見たことないし。それとも、たまたまこのページにリンクしただけなんだろうか。悩みどころです。

ところで、結局、矢沢買ってしまいました。民営23mmバージョンでした。受付は今日まで。民営24mmバージョンの矢沢ってのもあるんでしょうか。あったら、やだなぁ。買わない、買わないと言っていても、つい買ってしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

睡眠は7~8時間がいいんだと 

わたしゃ、毎日0時から0時半の間に寝て、5時半から6時に目覚めてます。正味5~5時間半しか睡眠できません。たまに、ものすごく疲れて早く寝るときはありますが。これじゃ長生きできないんですね。某国の研究によれば。

今週末からお出かけだというのに、本日負傷しました。捻挫or肉離れです。左足が痛いよう。今夜は風呂はパスして、湿布して寝ます。明日も当然仕事。私の通勤用の車は、マニュアルです(オートマ嫌いなんです)。さあ、痛いのガマンして、クラッチ踏むぞ!

リニューアル号が窓口に置かれるのは、明日かららしいのですが、すでにウェブサイトの方はリニューアルされた内容が掲載されています。・・・エンタメポスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

今日も年賀状づくりだよ 

仕事から帰宅したのが20時過ぎ。それから年賀状づくりやってます。今日中に印刷して、明日はひと言書かないと、旅立ち前に差し出せません。う~ん、このまま行くと、旅先の宿で書いて、現地で投函ということになってしまうかもしれません。

ほとんどが、オリジナル年賀切手。少しがくじ付きお年玉切手なので、住んでいるところとまったく関係ない土地の年賀印で賀状が届く人が出てしまいそうです。それはそれで、わかる人には楽しいのでしょうけど。

あと2日、19日になると新しい雑誌?が出るとか。正確にはリニューアルらしいのですけど。ちょっと楽しみです。入手したら紹介しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

地区の忘年会 

今日は、地区役員による集会所の大掃除と忘年会。ただいま帰宅しました。

輪番の地区役員も、2年間の任期は来年3月まで。あと3ヶ月ほど。ようやくここまできたぞ。ということで、今日は気持ちがいいので、早めに寝ます。

さあ、来週もがんばろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

年賀状を書いてます 

今日から年賀状の受付。さすがに、もう書いてしまったという人は、少ないのでは。

自分は、今日から年賀状を書き始めました。次の週末はバス旅に出る予定なので、金曜日には投函できるようにがんばらなくては。旅先では、せっせと自分宛に年賀はがきを投函して、オリジナル年賀切手にどんな消印が押されてくるのか、確認してみなくては。

自分の周りでも、特定集配局がことごとく配達センターになってしまい、年賀印を使うであろう局は数局になってしまった。地元、岬局の年賀印も、今年の年賀が最後だったんだなあ。

郵趣サービス社、新作のオリジナルフレーム切手は、50円「グリーン」が主流みたいです。ムーミン3が2800円だって。原価1200円の80円シートのときが概ね3150円定価。グリーンの原価は900円だから、気持ち安くなったってところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

ついてない 

昨夜は、とにかく眠くて、そうそうに落ちてしまいました。

んで、今日はというと急遽入った出張です。今日は職場の忘年会だったのに・・・。こんな日の出張なんて、誰も行きたくないですものね。所詮、わたしゃ下っ端ですから。泣く泣く忘年会キャンセルです。

こんなことなら、明日のオフ会申し込んどくんだったなぁ・・・。まぁ、いいや。明日は、1日年賀状作りしようっと。その次の週末、3連休はバス旅だもんね。

写真付き切手展示館、一覧表だけ追加しておきました。画像は、まだぜんぜんスキャンしてないので、しばらく先になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

新規出品が絞り込めない 

今朝は今まで通りだったヤフオク。夜にアクセスすると、画面が変わってました。そして、今までできた、新規出品の絞り込み機能がなくなってました。

探したけら、古い出品から全部見ろってことですね。百数十ページも見られますか。しばらく、利用しないだろうな、これじゃ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

オリジナル年賀切手届きました 

ようやく、申し込み最終日に申し込んだオリジナル年賀切手ができあがってきました。

写真付き切手展示館、少しずつ更新の準備をしています。まずはリストの確認と更新。何とか年内には少しでも更新しますので。JPSのPコレも更新が止まったままなので、少なからず更新への期待と要望が私に向けられているようなので・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

市のサイトに掲載される 

いすみ市の循環バスと地域巡回バスですが、12月1日の運行開始時は、まだいすみ市のウェブサイトに詳細が載っていませんでした。いつ載るんだろうと思っていたのですが、今日行ってみると、各家庭に配られた路線図や時刻表と同じものが、PDFファイルになって載っていました。

いすみ市役所のバス関連のページ

12月1日の出発式の写真もありますね。これによると、小湊4台と都1台が専用車になっているみたいです。当方が確認した小湊は666~668の3台なので、あと1台を探さないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

オリジナルのフレーム切手 

10月以降発売のフレーム切手は、それほど熱心に買うのはやめている。それでも、公社時代のシートで発売されたものは、完集を目指しているので、切手シートの検証のため、結局まだ買っているというのが実情。それにしても、先週の郵種ウィークリーのフレーム切手比較の記事は、とてもわかりやすかった。

 箱根登山鉄道や太平洋マスターズは、民営化23mmバージョンだった。こうなってくると、どれからが民営化24mmバージョンになるか、調べるのも楽しいかもしれない。果たして、グリーンとブルーのオリジナルバックシートで23mmバージョンというのは、登場するのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

オリジナル年賀切手あと1点 

申し込み最終日の11月26日に申し込んだ分、あと1点がまだ完成してきません。週明けは12月10日。もう12月も1/3終わってしまったんですね。次週は年賀状書きをしないといけないなあ。ということで、早く届きますように。今週もつかれた~~。寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

写真付き切手展示館の今後 

更新おさぼり中の写真付き切手展示館、今後どのように進めていくか。少々悩んでいます。

 郵政公社時代の専門館として、9月末分で更新終了してしまうのもあり。入口を2つに分けて、公社時代は展示もしっかりやり、民営化後はデータ一覧中心に今後も更新していくのもあり。

 9月にハードディスクがクラッシュしてしまい、サイトのデータはバックアップがあって大丈夫だったのだけれども、未掲載の切手のスキャン画像が全部パーになってしまったのが痛い。また、1から百シート以上スキャンしなくちゃと考えただけで、更新がストップしてしまった。
 しかし、あんまり放置もできないので、近いうちに自分なりに方針を出して、更新を再開するようにしなくては。そうそう、写真付きお年玉付年賀切手(今年の名称はオリジナル年賀切手)の扱いもどうするか、考えなくてはいけないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

胃カメラ終了 

今年4回目の胃カメラ終わりました。今回も、2つばかり組織を採取したので、1週間後の結果待ちです。

これで悪性に変質してなければ、安心してお正月を迎えられるのですが。結果が出るまでの1週間が、一番不安な時期ですね。

とりあえず、年末のバス旅を予定しているので、何事もないことを祈っておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

明日は胃カメラ 

明日は、今年4回目の胃カメラです。これで悪化がなければ、次は春まで検査なしなんだけど・・・。

さて、どうなることやら。まぁ、調べても結果が出るのは1週間後だから、それまではジタバタしてもどうしようもないんだけどね。

「汽車旅バス旅長い旅」のサイト名入りオリジナル年賀切手を作りました。

Tab_hatuhinode

毎年お世話になっている方には、これで年賀状を出しますが、このブログ見ている方で、この切手貼りの年賀状欲しい方いますか。サイト記載のアドレスまで、タイトル「年賀状希望」のメールで住所氏名を伝えてくれれば、ご愛読御礼としてお送りしたいと思います。締め切りは12月14日23:59到着分までといたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

連絡のみ 

バス旅日記専門館に「上野原駅から東京駅ゆき路線バス+αの旅」の旅日記を完成させてアップしました。

オリジナル年賀切手、図版修正版がようやくできあがりました。直接ご注文された方には、水曜日までに発送いたしますので、今しばらくお待ちください。

今日は連絡のみで失礼します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

今日は山田五区にて観察 

今日は、午後から山田五区バス停に行ってきました。ここは、夷隅巡回バス国吉線と大原巡回バス東線の接続バス停。夷隅巡回バスは小湊鐵道、大原巡回バスは都自動車の運行です。山田五区~清水尻間は、時間によりどちらかのバスが清水尻まで行きますので、ここで接続をとる形にダイヤが組まれています。

Isumi_city05

バス停には、小湊鐵道、都自動車の2社の運行会社名が書かれていました。

Isumi_city04

国吉線は13:57着だったのですが、数分遅れてきました。このバスは、ここ止まりなので、そのまま交差点の先にある、ほたるの里の無料駐車場で折り返し時間まで待機していました。

Isumi_city06

14:07の清水尻行きは、東線の担当です。こちらは、都自動車が運行しています。残念ながら、どちらも乗客はいませんでした。明日は月曜日。運行最初の平日を迎えます。さて、どれくらい利用者がいるでしょうか。せっかく運行を開始したバス。もっとたくさんの人に利用してもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

朝の長者町駅前 

今朝、長者町駅へ行って、いすみ市の市内循環バスと岬巡回バスの運行初日の様子を見てきました。

まずは、6:30の岬巡回バス(古沢線)です。1台のバスが、古沢線(4往復)と音羽線(3往復)を交互に1日計7往復するダイヤになっています。

Isumi_city01

袖ヶ浦200か・666(三菱)でした。一般の乗客は1名のようです。市職員らしき方が、前ドア直後に座っておりました。

Isumi_city01b

方向幕もきちんと新調されていました。

続いて6:34の市内循環バス内回りです。袖ヶ浦200か・667(日野)でした。撮影しようとしたとき、ディジカメのバッテリーランプが赤になって、撮影不能になってしまいました。残念。

その次は、7:50の市内循環バス外回りです。

Isumi_city02

袖ヶ浦200か・668(日デ/富士重工)でした。こちらは、調査員らしき方の姿しか見えませんでした。土曜日の早朝ということもあり、まだ一般利用者がいないようです。

ちなみにバス停はオリジナルのものが立っています。

Isumi_city03

時刻だけでなく、工業団地入口バス停での、いすみシャトルや国吉線の乗継情報も書かれています。

Isumi_city03b

明日も天気がよいようなので、都自動車が運行している大原巡回バスを見学してこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »