« 函館駅から苫小牧駅ゆき路線バス+αの旅1  | トップページ | 不思議なバス  »

2007年11月24日 (土)

函館駅から苫小牧駅ゆき路線バス+αの旅2 

11月24日の行程です

2 恵山登山口8:08→8:16日ノ浜団地(函館バス)
 とても不思議なバスだった。前中ドアの見た目は普通の路線バス。中ドアから乗り込むと、すごく狭い通路の両側にリクライニングシートが列んでいる。足下には、小さなフットレストまでついている。座席の後ろには、灰皿をはずした大きな跡がついている。そして、シート生地には「Highway Express」のもじととともに「Niigata Kotsu」の文字が入っている。何で函館バスに、新潟交通の高速バスの座席がついている?

3 日ノ浜団地8:34→8:46椴法華支所前(函館バス)
 函館からのバスとの接続をとって、2分遅れて発車。こんどは、補助席付きのワンステップバスだ。峠を越えて旧恵山町から旧椴法華村の区域へと進んでいった。今はどちらも函館市。
 できれば恵山岬へ行ってみたい。水無海浜温泉も今日は9:30まで入浴可能時間だとか。椴法華支所前からタクシーを飛ばせば、5km程度だから大丈夫。と思っていたのだが、椴法華にはタクシーもハイヤーもないとのこと。以前はバスも岬まで行っていたし、タクシーもあったのだがと役場(支所)の宿直の方のお話でした。雨も降ってきたので、おとなしくバスの待合い小屋で2時間過ごしました。

4 椴法華支所前11:03→11:38南茅部支所前(函館バス)
 昨日、恵山登山口まで乗ったのと同じバスでした。ひたすら、海岸沿いを走ります。

5 南茅部支所前11:44→12:19鹿部出張所(函館バス)
 今朝乗ったような、前中ドアの路線車にリクライニングシートがついているバス。でもシート生地は赤く、他の函館バスと同じだった。

6 鹿部出張所12:55→13:29大沼公園(函館バス)
 ここまで乗ってきたバスが、一休みして大沼公園経由の函館行きになるのだという。同じバスに乗って発車。ここからは、海から離れて走る。晴れていれば、右手に駒ヶ岳が見えるはずだが、今日は全く見えなかった。

7 湖畔乗船場14:20→14:50湖畔乗船場(大沼合同遊船)
 11月は不定期運行と書いてあったので、もうやっていないかと思ったのだが、ちゃんと動いていた。14:00の便にタッチの差で乗り遅れ、14:20の便に乗る。大沼に来るのも25年ぶりだ。あの頃は大沼に3件のユースホステルがあったのだが・・・時代は変わったな。

|

« 函館駅から苫小牧駅ゆき路線バス+αの旅1  | トップページ | 不思議なバス  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/17174840

この記事へのトラックバック一覧です: 函館駅から苫小牧駅ゆき路線バス+αの旅2  :

« 函館駅から苫小牧駅ゆき路線バス+αの旅1  | トップページ | 不思議なバス  »