« データがとれない  | トップページ | 福知山駅から大阪駅ゆき路線バス+αの旅(1)  »

2007年9月13日 (木)

10月1日フレーム切手は新種!? 

フレーム切手についての報道発表が9月12日にされました。目玉は、新切手となるF-3,F-4タイプなんでしょうけど、F-1、F-2タイプも、なかなか怪しい動きをしています。

F-1タイプ(フラワー)
 切手(型抜き)位置をシルバーに合わせて上に移動する。印面内の微細文字を「JAPAN POST」から、「JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd.」に変更する。シート地の赤文字を「郵便局」から「JP日本郵便」に変更する。

F-2タイプ(シルバー)
 印面内の微細文字を「JAPAN POST」から、「JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd.」に変更する。シート地の赤文字を「郵便局」から「JP日本郵便」に変更する

 ということで、見た目はフラワーフレームのシート上の切手位置が変わります。問題は、印面上の微細文字の変化を図案変更ととるかどうかです。微細文字は、郵趣ウィークリー2006年42号を見てもらうと、詳しく載っているのですが、ルーペで見ないとわからないような隠し文字のようなものです。肉眼では、相当目を凝らさないと読み取れないものです。さて、切手カタログは両方ともメインナンバーとして採用するのでしょうか。う~ん、難しい問題だ。

|

« データがとれない  | トップページ | 福知山駅から大阪駅ゆき路線バス+αの旅(1)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/16438150

この記事へのトラックバック一覧です: 10月1日フレーム切手は新種!?  :

« データがとれない  | トップページ | 福知山駅から大阪駅ゆき路線バス+αの旅(1)  »