« しっかり仕事、そしてお出かけ  | トップページ | 熊野市駅から桑名駅行き路線バス+αの旅2  »

2007年7月26日 (木)

熊野市駅から桑名駅行き路線バス+αの旅1 

火曜の夜は夜行バス、水曜の夜はネット環境のまったくない奈良県の山の中。ということで、2日間書き込みができませんでした。火曜の夜、池袋から南紀勝浦行きの夜行バスに乗って、水曜日の朝、熊野市駅で降りました。そこから、3月に熊野市まで乗ったバス旅の続きをします。

25日の行程です

1 熊野市駅9:10→10:13おくとろ公園(北山村営)
 三菱ローザのオートマチック車。ドライバーさんは、昔に比べればずいぶん運転しやすくなったと、いろいろな話を聞かせてくれる。乗客は自分だけ。朝、駅まで乗客を送ってきた回送便みたいなものだ。
 筏下りの受付が10:20までなので、熊野市駅のトイレですでに筏下り対応の着替えをすませてある。ハーフパンツにTシャツ。それにスポーツサンダル。ほぼ全区間、狭隘路を走って少し遅れておくとろ公園に到着した。

2 おくとろ公園10:40→10:50オトノリ(筏専用バス)
 村営バスを使うのかと思ったら、専用のバスが待っていた。帰りは濡れたまま乗ってもらいますとの説明通り、座席はビニールレザー貼りだった。バスは2台あり、前が1・2号筏用、後ろが3号筏用。今日は、筏は3台でるようだ。

3 オトノリ11:10→12:20小松(筏下り)
 とにかく、すごくて楽しかったです。別途、写真ができたら書きます。なんたって、下半身びしょぬれになりますので、10数年前に買った水深10mまで大丈夫という完全防水カメラ(もちろんフィルム式)で撮影したので、写真になるまで時間がかかります。

4 小松12:30→12:45おくとろ公園(筏専用バス)

5 おくとろ公園15:18→15:35七色(北山村営)

6 七色17:10→17:48池原スポーツセンター(下北山村バス)
 奈良交通廃止を受けて、和歌山県北山村七色から運転を始めた奈良県の下北山村バス。やってきたのは、トヨタのワゴン車だった。熊野市からやってきた北山村営バスから乗り継いだ地元の方が3人。それに自分を乗せて4人で出発。
 村バスと名前は付いているものの、無料のジャンボタクシーみたいな感じ。停まるところはバス停になってはいるものの、押しボタンもないし、運賃を払う必要もないし。自分も池原で降りるつもりだったのだが、乗るときに「スポーツセンターに宿をとってある」といったら、スポーツ公園の中の宿泊棟の前まで連れて行ってくれた。感謝。宿泊棟の向かいにある「きなりの湯」は、アルカリ性のつるつるした湯で、気持ちよかった。

|

« しっかり仕事、そしてお出かけ  | トップページ | 熊野市駅から桑名駅行き路線バス+αの旅2  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/15910605

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野市駅から桑名駅行き路線バス+αの旅1  :

« しっかり仕事、そしてお出かけ  | トップページ | 熊野市駅から桑名駅行き路線バス+αの旅2  »