« 夜行明けは注意力散漫  | トップページ | 桑名駅から名古屋駅ゆき路線バス+αの旅2  »

2007年4月 8日 (日)

桑名駅から名古屋駅ゆき路線バス+αの旅1 

今回は1泊2日で、木曽三川路線バス+αの旅です。

1 桑名駅9:50→10:13陽だまりの丘郵政研修所前(三重交通)

2 陽だまりの丘郵政研修所前10:43→11:03多度駅(K-バス)
K-バスっていうのは、桑名市コミュニティバスの愛称だそうです。路線ごとにりっぱな路線図入りのポールが立っていました。

3 多度駅11:08→11:28油島大橋西詰(K-バス)

 油島大橋(揖斐川)を徒歩で渡って、三重県から岐阜県へ入る。渡ったところが、国営木曽三川公園。なんと、今日がチューリップ祭りの初日で、たくさんの人がいるではないか。そればかりか、大垣・桑名・多度の各駅からシャトルバスが運行されていて、苦労せず県境越えができたのだ。
 せっかくだから、多度駅までのシャトルバスに往復乗って、今バス+徒歩で来た経路を、バスでたどってみる。もちろんバスの走る道は違うけれども、川沿いの堤防の細道を走ったりして、それなりにおもしろかった。ちなみに、多度駅までのシャトルバス会員券(運賃)は100円だった。

4 木曽三川公園12:10→12:19多度駅(シャトルバス)

5 多度駅12:25→12:35木曽三川公園(シャトルバス)

6 木曽三川公園14:12→14:37海津医師会病院(海津市営)

7 海津医師会病院14:55→15:31大須(広域バス)

8 大須15:42→15:52石田(代替バス・円空さん)

羽島市の名鉄廃止代替バスに乗って、八神の2つ先の石田で降りる。そこから堤防に向かって1kmほど歩くと、西中野渡船の乗船場にたどりつく。

9 岐阜側乗船場16:19→16:23愛知側乗船場(第5中野丸)

10 西中野16:41→17:08名鉄一宮駅(名鉄バス)

ということで、徒歩・バス・渡船で、木曽三川(揖斐川、長良川、木曽川)を越えた1日でした。2日目は、一宮から名古屋まで、ちょこっとバスに乗ってから、青春18きっぷで帰ります。

|

« 夜行明けは注意力散漫  | トップページ | 桑名駅から名古屋駅ゆき路線バス+αの旅2  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/14598443

この記事へのトラックバック一覧です: 桑名駅から名古屋駅ゆき路線バス+αの旅1  :

« 夜行明けは注意力散漫  | トップページ | 桑名駅から名古屋駅ゆき路線バス+αの旅2  »