« 特定局で売る切手  | トップページ | 天保山登頂(日本一低い山)  »

2007年3月18日 (日)

SuicaとPASMOと・・・ 

早起きして行ってきましたよ、千葉駅へ。今日は千葉動労がスト決行中。外房線は、千葉~茂原・上総一ノ宮の区間便を中心に運休があります。長者町からの便は運休なしなので、時刻表通りに出発です。

 千葉に着いたのが8:00。まずはキオスクで、千葉支社版のポケット時刻表250円也を購入します。このポケット時刻表、千葉駅の到着番線と編成両数が入っているので、けっこう便利なんです。

 さて、どちらへ並ぼうか。京成のPASMOは1000円で1人1回3枚限定。JRのSuicaは2000円で1人1回5枚まで。やっぱり、安くて数が少ない方へ行くのが順当だろう。行ってみると、駅員さんが並んでいる人数を数えている。自分の4~5人後ろで「ここで完売です」と言っている。ギリギリセーフといったところ。
 それにしても寒かった。ビルとビルのすきま風が通り、日も差さない通路で待つ50分は、本当に寒かった。

 そして、JRへ。こちらはすごい列が続いている。本当に買えるのだろうか。でも、買えちゃった。購入したのは10時過ぎ。京成は200枚しかなくて、津田沼より配当が少ないので、売り切れてしまいすみません、と謝っていたが、JRの配当は相当多かったようだ。
 まあ、1枚2000円なんで、5枚買っている人も少ないようだったけど。そういう自分も買ったのは2枚だけ。

 さて、夕方の用事まで時間がある。そうだ、3月15日から新しく観光バス(巡回レトロバス)が走り始めた成田に行ってみよう。駅前へ行くと、ちょうどそのバスが来ていた。
Narita1

 その昔、成田山と宗吾霊堂を結んでいた「成宗電車」を模したレトロバスだ。午前と午後でコースが違い、ちょうど午前便の最終が駅前に戻ってきたところ。午後便の発車までは、かなり時間があるので、乗車することは出来なかった。

 しかたないので、参道を歩いていく。なごみの米屋に羊羹資料館があった。そこに立ち寄ってみた。

Narita2

 2階から見てくださいとのこと。米屋と成田の羊羹の歴史だった。蒸羊羹と練羊羹って、こんな違いだったのね。初めて理解しました。成田には20件近い羊羹屋さんがあるんでそうで、それらの昔の羊羹紙が展示されていました。そして、1階の展示はコレ。

Narita3

いやあ、偶然なんですよ。やっているの知ってたわけじゃないんですから。でも、何でこうも偶然に鉄とバスと切手がからんでくるんだろう。

 でも内容は、戦地へ送った慰問品の羊羹に対するお礼の手紙が中心。もっと、軍事郵便の実物がズラッと並んでいるのかと思ったらそうではありませんでしたので。

|

« 特定局で売る切手  | トップページ | 天保山登頂(日本一低い山)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/14307632

この記事へのトラックバック一覧です: SuicaとPASMOと・・・ :

« 特定局で売る切手  | トップページ | 天保山登頂(日本一低い山)  »