« 天保山登頂(日本一低い山)  | トップページ | フレーム切手Web通販  »

2007年3月20日 (火)

211系はどこへ行った? 

外房線の改正時刻表。駅貼りされたのを見てみると、ちゃんと編成両数が入っているのですが、211系である5連は、長者町駅で見る限り改正前と同じ上下2本ずつです。

 今回の改正は、上総一ノ宮~大原の本数削減までやって運用を変えたのに、211系はいったいどこへ行ってしまったのでしょう。千葉支社版のポケット時刻表を見ると、少し答えがわかりました。
 千葉~東金線の直通電車に5連が目立つようになりました。改正前1日1本しか見ることが出来なかった「外房線・東金線」の表示を、今度はそこそこ目に出来そうです。
 それから、朝の外房線・内房線に211系5+5連の10両編成が投入されているそうです。
<予想です>
      千葉  上総一ノ宮  君津  安房鴨川
225M(6) 555------648
236M(3) 757------654
145M(3) 806----------------859
152M(3) 952----------------905
ここで分割
159M(3) 959-----------------------1247
161M(3)1016---------------1103


こんな感じでしょうか。それから、京葉線からの内房快速の折り返しが、東京行きでも新習志野行きでもなく、千葉行きというのが出来たそうです。京葉線のピンクラインの10連が、夜、君津~千葉を1往復するそうです。
 夜の千葉駅で、突然ピンクラインの電車が停まっていたら、ちょっとびっくりしますよね。かつて、外房快速の勝浦行きが113系から217系になったとき、勝浦に着いた付属編成が、勝浦~千葉のローカルを1往復担当していたのを思い出しました。


|

« 天保山登頂(日本一低い山)  | トップページ | フレーム切手Web通販  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 211系はどこへ行った? :

« 天保山登頂(日本一低い山)  | トップページ | フレーム切手Web通販  »