« 南極シール狂想曲?  | トップページ | 新型機械印  »

2007年1月24日 (水)

さったバス停 

1月のバス旅で、さった峠を越えるために歩いたバス停は、新浦安橋(しずてつジャストライン)と寺尾橋(富士急静岡バス)の間でした。最短を目指すなら、さった(しずてつジャストライン)と倉沢区公会堂(由比町コミュニティバス)にすると1km程度短くなります。でも、こちらはとっても本数が少ないです。さったは平日のみ1日1本。倉沢公会堂は月水金のみ1日5本です。

 新浦安橋バス停で降りて、新浦安橋で興津川を渡ります。ちょっと広めの通りが平日1日1本のバス通り。左手を見たら、すぐバス停がありました。
Satta1_1

 せっかくだからポールを見に行きます。ウェブサイトで確認していたとおり、但沼車庫から清水方面への片方向1本のみの運転です。そもそも、清水や興津からの但沼車庫行きで、こちらを通る路線はないのです。

Satta2

 平日のみ、たった1本のバス。でも、バス停ポールはとってもきれいです。それ以上にびっくりしたのは、バス停にはポールのほかにベンチが置いてあること。

Satta3

たった1本をこのベンチ座って待つ人が、毎日いるのでしょうか。歩道もない道路の側溝上に置かれたポールとベンチ。はたして、どんな人が利用しているのか。そんな興味をおぼえつつ、さった峠への登り道を歩いていったのでした。
 

|

« 南極シール狂想曲?  | トップページ | 新型機械印  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/13646469

この記事へのトラックバック一覧です: さったバス停 :

« 南極シール狂想曲?  | トップページ | 新型機械印  »