« 山口~広島路線バスの旅  | トップページ | ローソンのキティ30周年  »

2006年11月27日 (月)

山口~広島路線バスの旅 第4日 

昨日書けなかった、第4日の行程を書いておきます。この日は、何とか一筆書きで鞆の浦に行きたい。でも、松永から鞆の浦に入るバスは1日3本。朝と夕方だけで日中はナシ。平日か1・3・5土曜日なら、市民病院で乗り継いで行けるのだが・・・。いったんムリかとあきらめたものの、何とか行ける方法をみつけて、こんな行程になったのでした。付け加えるなら、この行程にするため、前日ムリを承知で、日没後の三原~尾道の移動をしたのでした。

20 尾道駅前7:55→8:17三成(尾道市営)
 尾道駅前から如水館行きのバスに乗る。休日の如水館行きは、この1本だけ。8時を過ぎれば、中国バスの路線はあるけれども、それでは間に合わない。
 バスは、長江経由で新尾道駅へ向かう。大型バスが離合するのもギリギリだ。新尾道駅からは広い道。中国バスの車庫がある三成でバスを降りる。

21 三成8:24→8:42松永駅北口(鞆鉄道)
 鞆鉄道の三成線に乗って、松永駅北口へ行く。しかしながら、鞆鉄道の三成バス停が見当たらない。いったいどこにあるんだ。松永方面の交差点まで戻ってみようと歩き始めると、交差点から鞆鉄道のローザが現れた。そして、反対方向に曲がっていく。そして、追いかける追いかける。何と、スーパーの脇の細道にバス停が立っていたのだ。
 鞆鉄道のウェブサイトによると、三成線用として日野レインボーが載っていたのだが、停まっていたのはまだ新車のニオイのするローザだった。何度か、脇の細道を走り、それなりに乗っていて楽しい路線だった。

22 松永駅南口9:05→9:54鞆の浦(鞆鉄道)
 これで、1日3本しかないバスの2本目、9:05に乗ることが出来る。乗客は駅前から2人。すぐにもう1人のお客さんが降りてしまい、自分だけに。福山からの便もある阿伏兎までは、何ということのない道だった。
 ところが、トンネルを抜けた先がすごかった。狭隘路の連続なのだ。それも、バス1台がギリギリの。もちろん、歩行者がいてもバスは走れないだろう。そして、そんな狭隘路の途中にある停留所から、お客さんが乗ってくるのだ。一番乗客でにぎわったのが、この狭隘路の区間だった。

23 鞆の浦9:53→鞆港→鞆車庫→10:02鞆の浦(鞆鉄道)
 鞆の浦から、ボンネット周遊バスに乗る。200円で15分ほどの体験ができるものだ。今年の運行は、この11月26日が最終。本来は10:00発だったのだが、なぜか「どうぞ」と声がかかり乗車。何と、たった1人の周遊乗車。ボンネットバス1台貸切だ。車掌さんの解説を聞きながら、同じ道を行って戻るだけなのだが、エンジンの振動がなんとも楽しい。
 鉄道があった頃の話も聞けて、なかなか楽しい乗車だった。200円できれいな乗車券の半券も手元に残って、とってもお得に感じた。

 この後、鞆地区の散策。資料館を見たり、あちこち歩き回ったり。少し早めのお昼を食べて、次のバスに乗る。せっかくだから、バスの終点、鞆港から乗ることにする。

24 鞆港12:08→12:37福山駅(鞆鉄道)
 鞆の浦の観光塗色のバスだった。中国語やハングルでも、ボディにメッセージが書かれている。駅へ向かう便だから、途中からの乗車が多い。15分間隔で運転していても、駅へ着く頃には座席が半分以上埋まるくらいの乗車人数だった。
 駅前に着くと、先ほど乗ったボンネットバスが、午後の路線バスに使用されるため、回送されてきていた。

25 福山駅13:00→13:04北吉津住宅(中国バス)
 福山駅から、今度は中国バスの循環線に乗って北吉津住宅で降りる。すぐそばに、福山自動車時計博物館がある。ここでレストアされたボンネットバスが、今日本各地で活躍しているのだ。

 館内を見て回ったけれども、バスはどこにもいない。出口で訪ねると、道の反対側に屋外展示されているという。何だ、知らなかった。ゆるい坂道を上ったところに、大きなガレージがあり、バスが停まっていた。
 見ていると、学芸員の方が来て解説してくれた。車内もどうぞと、ドアの鍵を開けてくれた。あの「つま恋」塗色の日野のボンネットバスも、塗色そのままで健在。「この塗装のまま保存しますよ」とのこと。
 しかし、時間がない。こんなことなら、館内をもっと早く切り上げてこちらへ来るのだった。次回、バス旅再開のときは、またここへ来ることにしよう。

26 北吉津住宅14:20→14:31福山駅(中国バス)
 雨が強く降ってきた。傘を差してバスを待つ。すぐにやってきた。定刻は14:28福山駅着。14:33の岡山空港方面へ行く「ももっちライナー」に乗りたい。しかしながら、駅に近づくと渋滞している。
 それでも発車2分前に降車ポールに到着。横断歩道を渡った先にある、高速バス乗り場は目の前だ。きっぷを買う時間はなかったけれども、無事空港行きの高速バスに乗ることが出来た。

ということで、次回はいつになるかわからないけれども、福山駅から再開ということになった。

|

« 山口~広島路線バスの旅  | トップページ | ローソンのキティ30周年  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/12850066

この記事へのトラックバック一覧です: 山口~広島路線バスの旅 第4日 :

« 山口~広島路線バスの旅  | トップページ | ローソンのキティ30周年  »