« 早寝です  | トップページ | 山口~広島路線バスの旅 第2日 »

2006年11月23日 (木)

山口~広島 路線バスの旅第1日 

予定通り4時に起きて、長者町4:46の電車で出発です。蘇我、新木場、天王洲アイルで乗り換えて、羽田空港第1ターミナルに到着したのが6:57。これで、7:45の山口宇部行きには十分間に合う。

 久しぶりのバスでの搭乗。ワイドボディの専用バスで搭乗機まで運ばれる。今日は、ほとんど雲の上で、フライト自体はそれほど楽しい物ではなかった。若干遅れて、山口宇部空港に到着。宇部市営バスの新山口駅行きに乗る。ここで、5000円の山口県共通バスカードを買っておく。そして、新山口駅新幹線口に到着。ここからが、路線バスの旅になる。

1 新山口駅新幹線口10:30→10:52湯田温泉通(JR中国バス)
 まずは、JRバスの特急はぎ号に乗る。昔はバス指定券だかが必要だったけれども、今はバスカードも使える普通の路線バスになってしまった。
 それでも、車両はグレードの高いリクライニングシート車だ。途中で、右手の山口線を走るSL「やまぐち号」をみたりしながら、湯田温泉通まで乗車する。

中原中也記念館の見学と、温泉入浴&昼食

2 湯田温泉通14:42→15:45防府駅(JR中国バス)
 バスは隣の山口大学始発なはずなので、定刻14:30になってもやってこない。12分も遅れてやってきたバスは、無人だった。さらに、ところどころ渋滞があり、防府駅は15:16到着予定だったのが、実際は15:45になってしまった。

3 防府駅15:45→16:55徳山駅(防長交通) もう発車時刻なのだが、防長交通の徳山行きがまだドアを開けていたので乗り込む。なんとか予定通りのバスに間に合った。少しずつ下車があり、防府市のはずれに近づくにつれて、閑散としてくる。末田のあたりでは海がよく見えて、晴れていればきっときれいな景色なのだろうと思う。
 渋滞の椿峠を越えて、防府市から周南市にはいる。周南市に入ると、乗車がぽつぽつと現れる。天気が雨といくこともあり16時半をすぎると薄暗くなってきた。 その薄暗くなった徳山駅で降りるとき、運転士さんから「防府で乗るとき、次はもう少し早く来てくださいね」と小言を言われる。自分のせいではないのだが、言いたくなる気持ちもわからないではない。が、言われて気分がいいものでもない。だからといって「JR中国バスに、始発地近くから12分も遅れる運転をしないように、ぜひ防長交通からも伝えてください。」などとは返答しなかった。だって、この次乗るということは、まずないだろうから。

徳山駅近くのホテルにて

|

« 早寝です  | トップページ | 山口~広島路線バスの旅 第2日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/12797518

この記事へのトラックバック一覧です: 山口~広島 路線バスの旅第1日 :

« 早寝です  | トップページ | 山口~広島路線バスの旅 第2日 »