« 外房線に211系登場!  | トップページ | 1泊で出かけてました  »

2006年11月 4日 (土)

東京紀行 

今日は、日帰りで東京に行ってきました。お出かけだから、カテゴリーは「汽車旅」になりそうなものですが、あえて「写真付き切手」にしておきます。さて、どんな1日だったのでしょうか。

 長者町を8:05の普通電車で出発。上総一ノ宮で「わかしお6号」に乗り換えます。東京に着くと、まずは東京中央郵便局へ。寄付金付き絵入り年賀ハガキのセットを買います。それにしても、今年の絵入りは少ないのですね。1セット買ったのですが、1000円でおつりが来てしまいました。

 そして、山手線で日暮里へ。そこから都バスで竜泉へ向かいます。今日は鷲神社の酉の市(一の酉)。バスも混んでいました。半分くらいの人が、竜泉で降ります。降りると歩道には、たくさんの出店があります。
 しかしながら、目ざしたのは酉の市ではなく、徒歩5分ほどの台東区立「一葉記念館」です。この11月1日にリニューアルオープンして、今日が3日目なのです。
Ichiyo_kinenkan_1
まあ、こんな感じなのですが、道路の向かい側に小さな公園があります。それでも引きがないので、正面からは写真が撮れないのです。ところが、入館券はというと・・・
Ichiyo_nyukanken_1
しっかり、正面から撮った写真なのです。う~ん、いったいどこから撮ったのだろう。超広角のシフトレンズでも使ったのだろうか。それとも、望遠で建物の隙間からねらえるところがあるのだろうか。もし、そうだったとしたら、ゴルゴ13のようだなぁ。
 大人用の入館券、ナンバーが955でした。3日目で、まだ1000人いかなのですか? いやあ、複数館の共通券や年齢別の割引券がありますから、実際はこの何倍も入場しているのでしょう。
 事実、今日も館内は盛況。展示をゆっくり読むのもたいへんな状況でした。これは、もう1回出直さなけりゃ、ダメですね。それでも、1階から3階まで、一通り展示を見て回ります。
 なんで、ここに来たかというと、台東区の今年の予算に、一葉記念館のリニューアルにともなって、広告葉書と記念切手の発売というのがあったのです。広告葉書は、郵趣ウィークリー43号にあるように、10月2日に朝倉彫塑館とセットで発売になっています。記念切手というのは、当然「写真付き切手」と思われます。
 ネットを探しても情報がなかったので、それなら実際行ってみるのが一番とやってきたわけです。最後に1階のミュージアムショップに寄ると、あるではないでか。
Ichiyo_pstamp
シルバーフレームのオリジナル切手が。お店の方にたずねると、やはりリニューアルオープンの11月1日から販売しているとのことでした。

 竜泉から、ぶらぶら歩いて大関横町の交差点を直進します。左手に三ノ輪橋の都電乗り場の案内があります。ここから、都電に乗って東池袋四丁目まで行きます。三ノ輪橋電停には、荒川区の花、バラが咲いていました。
Toden_minowabashi
三ノ輪橋から東池袋四丁目までは45分ほど。久しぶりの都電の旅です。ずっと最後部に立って、過ぎゆく風景を眺めていきました。車内は常に立つ人がいる盛況です。

 東池袋四丁目の電停を出ると、すぐ脇が吉野屋。11時から牛丼祭の開催中です。正直、アメリカ産牛肉を信用していないので、ちょっぴり恐いのですが、目の前に「牛丼祭」が現れたら吸い込まれてしまいました。う~ん、以前より牛肉にジューシーさがないような気がするのですが、こんなものでしたっけ。

 ここから、サンシャインシティの文化会館までは徒歩で5分ほど。池袋駅から歩くより、ずっと近いです。路地を右へと曲がりながら歩いていくと、すぐにJAPEXのシャトルバスの乗り場に着きました。横の扉を入れば、もうエスカレータ。これを上がってJAPEXの会場に到着です。

 入口では予告のなかった「JAPEXのスタンダードフレーム切手(シルバー)」を売っていました。外国郵政は、フィンランド、チェコ、アメリカと3つもあるのですが、以前あったような各国ごとのカバーはなく白カバーを売っているだけ。欲張りなんで、全部貼って来場記念としました。
Japex_caver
眞珠スタンプさんに送った写真付年賀、どうやら間に合ったようで、ブースで売ってました。鉄道の廃車部品解体販売のように(たとえが悪いか)、シートのご希望の部分をその場で切って売ってました。

 今日、いろいろと聞いた情報では、この写真付年賀、10万シート準備したのに、実際の注文は2万シート程度しかなかったらしいです。ということは8万シートは廃棄処分。来年の今頃は、郵政民営化してます。効率最優先の民営会社になってしまうということは、来年はこの写真付年賀は・・・。
 それにしても2万シートというのは、切手にして100万枚。50万ペア。この数は、多いのか少ないのか。あと数年して、やっぱりもう少し買おうと思っても、意外と切手商では買えない切手になっているかもしれませんね。

|

« 外房線に211系登場!  | トップページ | 1泊で出かけてました  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/12554761

この記事へのトラックバック一覧です: 東京紀行 :

« 外房線に211系登場!  | トップページ | 1泊で出かけてました  »