« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

今日は1日原稿書き 

数日前に、ある雑誌の編集部からメールがありました。何でも、次号のヲタク紹介コーナーに、私をバス旅ヲタク(バスヲタク?)として載せたいのだそうな。
 そうか、あんなサイト(汽車旅バス旅長い旅の方ね)やっていると、世間はヲタクして認めてくれるのね。ハイハイわかりました、ということで、質問やら何やらの回答を作って1日が過ぎてしまいました。ま、質問の回答が中心だったので、原稿というには語弊があるんですけどね。
 これで、ヲタクの集まるイベントに行くと、「お前程度の人間が、何でヲタなんだよ。雑誌なんかに載りやがって」と後ろ指を指されるようになるのですね。わーい、わーい。どうしよう・・・。

雑誌名および発売日はナイショです。あしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

今別町営バス その3 

今別診療所始発の宇田回転場行きのバスです。バス正面の貼り紙は宇田ではなかったので、運転士さんに確かめてから乗りました。
Imabetu3_bus
 先ほど同様、マイクロバスですが、こんどは日野でなくトヨタでした。今別診療所を出たときは、ほぼ満席でしたが、集落ごとに数人ずつ降りていき、いつしか車内は自分だけに。
 宇田回転場は、まわりに何もない海沿いの空き地。そこで、ピンク色の外ヶ浜町営バス(旧平舘村営バス)に接続していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

今別町営バス その2 

今別神社始発の山線の町営バスです。先ほどは大型だったのですが、今度はマイクロバスがやってきました。
Imabetu2_bus
いったん、目の前を通り過ぎて、三叉路で方向転換して戻ってきました。ドアが開いて乗り込んだのは、自分を含めて2人でした。
 マイクロバスというと、三菱のローザを使うところが多いのですが、これは日野でした。5分ほどの乗車で、今別診療所に着きます。ここは、今別町の中心地。町役場や郵便局がすぐ近くにありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

すごい雨と雷でした 

今日は、短時間でしたがすごい雨と雷でした。仕事中にも停電が数回ありました。
 家に戻って、夜パソコンの電源を入れるのですが、インターネットにつながりません。以前にも雷で、ADSLモデムがいかれてしまって、買い直した苦い経験があるのです。あのときは、「買取じゃなくて、NTTとレンタル契約しておけばよかったのに」と思ったものの後のまつりでした。
 またADSLモデムを買い直しか、まいったなと思いつつも、ランプはついているのでモデムの初期化をしてみます。ブラウザから設定画面にアクセスするもダメ。確認すると、IPアドレスの自動取得のチェックがはずれているじゃないですか。でも、そこを直してもダメ。途中のハブをはずして、モデムとパソコンを直結して、ようやく設定画面が出てきました。
 何とか設定をやり直して、インターネットにつながるようにはなりました。でも、ハブが使えないと、家庭内LANが機能を果たしません。もしかして、ハブもリセットすればいいのかな? いったん、電源を抜いて入れ直すと、あっさりつながりました。
 ということで、原因探査と解決に、夜の2時間を費やしてしまいました。でも、メールのやりとりができなくなると、そちらの手当の方がたいへんなので、ひと安心といったところです。
 そんなこともあって、今別町営バス2の紹介は明日にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

今別町営バス その1 

いやあ、ネタがないんです。しかたないので、夏のバス旅から今別町営バスを貼付けときます。インターネット上でも、あまり写真を見る機会がありませんので。
Imabetu1_bus
これは、旧三厩村との堺にある、二ッ浜から今別神社までわずか数分乗ったバスです。三菱の大型だったんどえ、今別町営バスはみんなこんな大型バスなのかと早合点してしまいました。
 このあと2回乗っているのですが、こういう大型バスはこれ一度だけでした。ちなみに、今別神社で降りて10~15分ほど歩くと、青函トンネルの本州側入口に行けます。入口前は、公衆トイレもある立派な公園に整備されています。ただし、列車通過時間になるとアーチ状に吹き出るという噴水は、休止中でまったく水がありませんでしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

いろいろあった1日 

今日から、あたらしい週が始まります。世間でいうところの?、最後の夏服週間です。でも、今朝通勤時に運転席から見えた自転車の女子高生は、もうすっかり冬服だったな。

千葉ロッテマリーンズ、高校生ドラフト1位に大嶺祐太投手を指名だって。マリーンズに入ってくれるかな。来てくれればいいのですが。

丹波哲郎さん、肺炎で死去。そういえば、霊界双六ゲーム「たんば」ってのがありましたね。X68000のゲームでやりました。これ、丹波哲郎さんの監修だったんですね。丹波さん、楽しいゲームをありがとう。私はいつもゲジゲジでした。

家の前の田んぼの畦に、真っ赤なヒガンバナが咲いています。あいつら、なんで時期を間違えずに、しっかり花を咲かせるのでしょう。自然の驚異ですね。

何だからわかりませんが、今日はこれでおやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

写真付き切手館展示館 更新! 

この週末は、久しぶりに2日間とも遠出をしませんでした。そこで、ようやく「写真付き切手展示館」の更新が出来ました。
 これまでも、フレーム切手のデモとか、昨日届いた通販版のフレーム切手とか、ちょこちょこ小さな更新はしていたのですが、今日はオリジナル版の7月前半までの解説ページを作ってリンクを貼りました。ほかにも、古い発掘ものとか、非売品も1点追加してあります。

 BLTが2年ぶりに、応募者全員プレゼントやるんですね。前回は、為替が届いたらすぐ送るって書いてあったのに、3ヶ月も待たされました。今回は、ちゃんとしめ切ってから制作に入るので、お届けは12月初旬から下旬と書いてあります。注文から出来上がりまでのシステムが、この会社も理解したのでしょう。
 相変わらず、販売ではなくプレゼントだからか、応募不備は申込みの為替没収(返金はしない)という点は、以前と同じです。発送手数料?が、写真付き切手からフレーム切手になったためか、前回より100円値上がりして1900円になりました。900円なんて小為替なくなってしまったから、どんなに工夫しても、小為替3枚になってしまうなあ。
 ちなみに、これが2年前の応募者全員プレゼントの写真付き切手です。
Or041205

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

フレーム切手届きました 

9月5日に、写真付きお年玉付年賀切手と一緒に申し込んだ「フレーム切手」が、ようやく届きました。昨日、1通不在通知が入っていたのが「フラワー」。そして、今日「シルバー」が配達になりました。
St008
St009
 タブ部分が2.8cm×2.8cmということだったので、もっと小さく感じるかと思っていたのですが、そうでもなかったですね。「フラワー」ですが、詳しい色がわからないまま予想でタブ画像を作ったのですが、バックのイエローからブルーへのグラディエーション。切手の地の色とほぼ同じになりました。これは大正解でした。まあ、制作担当者がかなり色調整してくれた結果なのでしょう。いやあ、ホントありがとうございました。
 「シルバー」は、ミーちゃんに登場していただいたのですが、切手の地が少し青みがかったシルバーだったのですね。白黒のミーちゃんがすっかり溶け込むところまではいきませんでした。
 今度の切手の特徴は、目打ち型の一部が楕円(フラワー)や三角(シルバー)の特殊な形になっていること。それをタブ画像にも入れたのですが、シルバーの三角はともかく、フラワーの楕円は色が薄いのであまり目立たなくなってしまいました。そこがちょっと残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

ゲド戦記みてただいま帰宅 

今さらですが、レイトショウの「ゲド戦記」を見て、ただいま帰宅しました。どうしようかなと気にしてはいたのです。ジブリ作品は、20年近く前の「風の谷のナウシカ」からリアルタイムで劇場で見てきたので。あの「山田くん」もお金払ってみましたし・・・。
 それで、感想は・・・なしということで。8月だったかの朝日新聞の、今年の夏アニメ映画のおすすめは、とかいう記事があって。それによると「時をかける少女」>「ブレイブストーリー」>「ゲド戦記」という評価でした。「時をかける少女」は、新宿1館でしかやっていなかったので、サマーペックスのときに一緒に寄って見てきました。「ブレイブ・・」は結局見てません。そして今回「ゲド戦記」。う~ん、朝日の記事は当たっていたんじゃないかな。

それじゃ、おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

外ヶ浜町営バス 

外ヶ浜町営バスの3回目。これが、今年の7月1日から走り始めた、三厩と蟹田駅を結ぶ路線に使われているバスです。
Sotogahama3_bus
 ドアが開くと、新車の臭いがしました。車体を見ても、三厩とも平舘ともないので、新規に購入したものだと思います。
 この路線、観光客を意識しているようで、蟹田駅発は12:00。蟹田11:42着の「スーパー白鳥1号」を受けての発車です。そして、三厩支所では数分の待ち時間で、三厩駅からの竜飛行き町営バスに乗り継げます。つまり、その日の朝東京駅をでても竜飛にお昼過ぎには着くという時刻設定になっているのですね。
 乗ってみると、そんな特急からの乗り継ぎ客はいないようでした。駅前から乗ったのは自分を含めて3名。そして、外ヶ浜中央病院に着くと、大勢の病院帰りのお客さんが乗ってきました。

今日は思い切り眠いので、このへんで・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

外ヶ浜町営(旧平舘村営)バス 

再び、夏のバス旅で出会ったバスの話の続きです。前回(9/14)に引き続き、外ヶ浜町営バスです。でも、今度は旧平舘村営バスだったものです。今別町と旧平舘村の境界にある、宇田回転場と旧蟹田町の蟹田駅を結んでいるバスです。
Sotogahama2_bus
 車体は鮮やかなピンク色。日野のトップドアです。車体には、旧村名のTAIRADATEの文字が入っています。この日、今別町営バスから外ヶ浜町営バスに乗り継いだのは自分だけ。その逆も1人だけでした。
 バスは大型ですが、乗客は最高で3人でした。平日の昼前なので、こんなものなのでしょうか。平舘灯台があるところは、台場だったところだそうで、『Oh!だいば』(おだいばって読むのかな)という名の道の駅になっていました。
 ちなみに、宇田回転場~蟹田駅の運賃は500円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

有馬切手文化博物館 

今回の関西紀行で立ち寄ったのが、有馬にある切手文化博物館。六甲のケーブル2つに乗ってから、山上巡廻バスで有馬六甲ロープウェイまで行って、そこから裏六甲をケーブルで有馬温泉まで一気に下ります。
 ロープウェイも乗車時間12分と、規模としては大きなものです。六甲から有馬だと下りになるのですが、最後の支柱を過ぎてからの下る角度は、かなり急でスリルがありました。
 ロープウェイの有馬温泉駅からは、温泉街の外周を行く100円バス「ループバス」に乗っていきます。瑞宝寺公園バス停で降りて、坂道をちょっと下ったところが「切手文化博物館」でした。
Kitte_bunka1
 入口には自然石に彫った看板?がありました。
Kitte_bunka2
 建物の入口には、赤い丸ポストと青い速達用丸ポストが立っていました。ただし、実際に使用はできませんと注意書きがしてありました。
 建物は古風ですが、入口は自動ドア。スイッチを押して入ります。入口で入館料500円を払うと「今、前の方が説明はじめたばかりですので、ご一緒にどうぞ」という。どうやら、自由に参観はできない模様。前の3人組について、説明を聞く。学芸員ではなくボランティアの方の解説のようだ。
 まずは、初日カバーとは何ぞやという説明から。ハトの入った消印は、切手発売日の午前中しか使用されずたいへん価値のあるものだという説明がある。個人的には、事実の説明だけで、価値うんぬんはいらない気がするのだが、切手収集を知らない人には「価値」とか「値打ち」という言葉の方がピンとくるのだろう。

 特別展示の阪東収容所切手。未使用田型が2種と実逓はがきが1通。これはなかなか見応えがあった。その他、郵便局や切手売り捌きに関する資料はそれなりにおもしろかった。しかしながら、第2展示室の日本切手の解説は、もうたくさん。丁重にご辞退し、先ほどの第1展示室の資料をゆっくり見学させてもらった。
 いい施設だとは思うけれども、切手収集家用とそれ以外の方用の説明を分けて欲しかった。ハッキリ言って、聞くのに苦痛を感じる解説もあったのは事実。切手を知らない人に理解してもらおうという、その方針はわかるのですが・・・。

 ここでは、建物をタブ画像にした写真付き切手(切り花)を受付で売っていた。それ以外にも、入口の石碑?(上の写真)のところで記念撮影したて、それをタブにして写真付き切手を作ってくれるサービス(1500円)もやっていた。その気がなかったので、送料込みか別かは聞き忘れてしまったが。
 とりあえず、一度見ておきたかったので、目的は達成したということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

帰ってきました 

今日は1日かけて、大阪から千葉へ帰ってきました。
 乗車予定は、大阪駅8:10発の東海道昼特急という高速バス。夜行用の独立3列シートの2階建てバスです。片道6000円なので、行きのバスが8970円でしたから、往復14970円。夜行の往復割引と同じくらいです。もちろん、昼特急の往復割引なら10000円ですが、往復2日間も移動だけに使えるほど時間はありません。
 さすがに土日だけなら、往復夜行で帰ってすぐ出勤なんですが、3連休ですから最後の1日は移動日にして、ゆっくり帰ってきました。
Hirutoku_060918
今にも雨が降りそうな浜名湖サービスエリアにて

 心配だったのは、台風による運休。ここで運を使い果たしてしまったのか、それとも日頃の行いが良かったのか、台風が日本海側に行ってくれたおかげで、運休することなく走りました。3連休の最終日ですが、40分ほど遅れただけで、東京駅日本橋口に到着しました。
 東京からは、電車で帰ってきました。う~ん、昼特急の独立シートと「わかしお」のシートって、幅は同じくらいじゃないか。足下の広さは電車が勝る。やっぱり汽車旅の方が、快適さでは上だなと実感したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

スルッとKANSAIまつりと写真付き切手 

台風はどうしてしまったのでしょう。今日は、荒天中止も覚悟していたのですが、暑いくらいの晴天でした。まあ、夕方には雨も降りましたけど。

 8時半くらいに会場に着いたのですが、もう長蛇の列。今回は10周年記念で「電車&バスまつり」で規模も大きくなりましたから、いろいろな目的の人が集まったのでしょう。

 10時に参加しているバスが一斉にクラクションを鳴らして開場。みんなお目当てのブースに走っていきます。一番人気は、大阪市営の廃部品売り場のようです。こちらも、まずはお目当ての京阪ブースで、会場限定バスコレをゲット。京阪宇治バスに行くと、サイトにもあった写真付き切手を売っていました。いすゞの路線バスと、最近日野自動車が売り出したコミュニティバス「ポンチョ」を題材にしたものが2種。もちろん、これもゲット。
 しかしながら、今年は新作の写真付き切手を置いていたのは、京阪宇治バスだけでした。南海バスは、今年は切手はなし。岡電は昨年置いていた、水戸岡デザインの路線バスと日光塗色の路面電車。それにあと1種リムジンバスがあったのだけれども、これは新作でなくさらに前の年のものだったような・・・。
Keihan_uji_stamp_2  

Keihan_uji_stamp2

Keihan_uji_stamp3
一番下のシートの実物が、展示されていました。
Keihan_uji_poncho
日野自動車が最近売り出した、コミュニティーバス「ポンチョ」です。

 それよりも、昨年の事務局制のオリジナルを売っているブースがいくつもあったこと。どうやら、昨年の残部をタブになった10社で引き取ったのではないかな。売っていたのは、すべてタブ画像になっていた会社のブースだったもの。

 ちなみに、あるブースでISUZUやFUSO、三菱などのエンブレムを売っていた。なんと新品。裏にはシールがまだついたまま。「コレ新品ですよね。何でこんなの売ってるんですか」「深いことは聞かんといて。でも、偽物じゃないからね」 。1枚1000円でしたけど、ISUZUとFUSOを買ってしまいました。

Makers_p
 それから、嵐電&叡電でブースがでていて、そこで1枚200円で好きな用紙に好きな区間の「ありえない定期券」と作ってくれるというのをやっていました。そこで、叡電の大人用紙に、嵐電の嵐山から京福ケーブルの比叡山頂までというのを作ってもらいました。残念だったのは、比叡山頂ではなく表示は「山頂」だけだったことです。でも、どうせなら大人用紙でなく、通学定期か小人用定期の用紙で作ってもらえばよかったと後悔しました。
Arienai

 どうも画像のアップがうまくできません。Meだと相性が悪いのかなあ。家に戻ってXpで、画像だけ追加アップする予定です。

昨日と同じ 大阪市内のホテルにて 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

未乗線区4つ踏破しました 

夜行バスは、10分ほど早く終点のハービスOSAKAに着きました。今回は阪神利用なのでここまで乗ったのですが、ここって、エレベータ1つで阪神梅田と地下鉄西梅田につながっているのですね。阪急三番街より、ずっと使いやすい気がしました。
Keisei_yakou
ハービス大阪に到着した京成夜行バス

 それで、まだ時間は早いし、JRと山陽電鉄が上下逆になった姫路駅周辺を見に行こうと、阪神梅田から直通特急に乗ったところから、今日の汽車旅は始まりました。しかし、まったく時刻を調べていなかったので、半分思いつきの行動です。よって、時刻の記録も曖昧です。行程だけですが、あしからず。

梅田(阪神・山陽電鉄)姫路(山陽電鉄)新開地(阪急)三宮(神戸市営バス)摩耶ケーブル下(まやケーブル)虹の駅(まやロープウェイ)星の駅・摩耶ロープウェイ山頂(阪急バス)阪急六甲駅(神戸市営バス)ケーブル下・六甲ケーブル下(六甲ケーブル)六甲ケーブル山上(六甲山上巡回バス)ロープウェイ山頂・六甲山頂(六甲有馬ロープウェイ)有馬温泉駅(有馬ループバス)瑞宝寺公園(徒歩)切手文化博物館(徒歩)有馬温泉(阪急バス)宝塚(阪急)蛍池(大阪モノレール)千里中央(北大阪急行・御堂筋線)なかもず・中百舌鳥(泉北高速)和泉中央(泉北急行・南海)天下茶屋

こんな行程で、まやケーブル、六甲ケーブル、北大阪急行、泉北高速が完乗、御堂筋線が地下鉄の1路線として完乗になりました。近畿の大手は、まだ南海しか完乗できていません。京阪なんか、ほとんど未乗です。
Maya
摩耶ケーブルです
Rokkou
六甲ケーブルは2両編成。下の1両は窓ガラスなしのトロッコ風でした。

 明日は、スルッとKANSAIイベントのあと、また少し乗ってくるつもりです。

大阪市内のホテルにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

夜行バスでまもなく出発 

日曜日の『スルッとKANSAI10周年 電車&バスまつり』に向けて、今日の夜行バスで出発です。まもなく自宅を出て、電車で乗車地点に向かいます。
 明日は、スルッとKANSAI2daysで、未乗の関西私鉄とケーブルカーめぐりの予定です。でも、天気が・・・。日曜日は、台風でイベントそのものが中止になりませんように。

 ということで、今日はこれだけです。明日は、大阪のホテルからUP出来ると思います。いつものように、モバイルパソコン(最初期型LOOKS-SですけどMeのやつね)を今回の旅もお供に連れて行きますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

外ヶ浜町営(旧三厩村営)バス 

今回の旅では、外ヶ浜町営バスに3回、今別町営バスにも3回乗りました。それが、全部違うバスだったのです。外ヶ浜町も今別町も、いったい何台バスを持っているのでしょう。なかなか興味深いです。
Sotogahama1_bus
 まずは、龍飛と三厩駅を結んでいる外ヶ浜町営バスです。これは、元三厩村営バスだったもの。黄緑色一色のボディーに、龍飛の文字がペイントされています。
 トップドアのワンステップバス。座席は前半分は片側1列、後ろ半分は片側2列座席でした。車体も大きいので、立ち乗りスペースが多いです。実際、龍飛から乗ったときは、途中から中学生がたくさん乗ってきました。青森は、もう夏休みが終わり2学期が始まっている時期だったのですね。
 それでも、これだけ収容力がある車両ですから、観光客と一緒でもそれほど混雑という印象はありませんでした。旧三厩村内だけ乗るなら、200円均一です。龍飛を訪れる観光客も利用しますから、外ヶ浜町営バスの中では、一番町外の人にも知られている車両かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

がんばれ象潟合同タクシー 

鳥海山の鉾立は、秋田県にあります。山形県の庄内交通のバスが、ここまで県境を越えてやって来たのです。しかしながら、この鉾立から麓の象潟への羽後交通バスは、何年も前に廃止になってしまいました。
 その後、2003年7月から地元の象潟合同タクシーが会員バスとして予約制でバス(人数によってはタクシー)を運行していたそうですが、翌2004年7月からは路線免許を取得したようで、1日3往復の定期運行をはじめました。
Blueline_bus
 今回乗ったのは、その定期運行されている象潟合同タクシーの「鳥海ブルーライナー」です。やって来たのは、日野のマイクロバスでした。車内は3列(2+1列)のリクライニングシートになっていますから、なかなか上等です。
 このバスも乗客は2名。そのもう1人のお客さんは、今朝の1便で登って来て登山をしてきたそうです。運転士さんは「燃料代も高くなったのに、毎日ほとんどお客さんがいない。」とこぼしていました。
 せっかく地元の会社が引き継いでくれたこの路線。もっと多くの人が使って、1年でも長く運行してもらいたいなあと思います。下りの景色は、雲も晴れたこともあって、たいへんよかったです。目の前に海が見えるところ、風力発電の風車がいくつも並んでいるのが見えるところ。いろいろな風景が眺められました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

鳥海への快速バス 

前回のバス旅で、どんなバスが来るのだろうと楽しみにしていたのが、酒田から鳥海山の鉾立へ行く、庄内交通の快速バス。観光タイプのリクライニングシートだろうか。登山客で一杯だったら、窮屈だなあ。などといろいろと想像していたのだ。
 で、酒田の庄交ターミナルにやってきたのは、ごく普通の前後ドアの路線車だった。
Chokai_bus
 登山客で満員になることもなく、ターミナルから乗ったのは自分だけ。酒田駅前から乗ったのも1人。それきり乗ってくる人はおらず、大型バスに2人のお客を乗せて鳥海ブルーラインを登っていった。
 ちょっとおもしろいのは、行き先が「鉾立」ではなく「鳥海ブルーライン」と表示されて、その下に「Mt.CHOKAI」と入っていることかな。
 夏を中心とした季節運行だけれども、いつまで運転してくれることか。秋田県側の鉾立~象潟は、もう何年も前に羽後交通が撤退してしまっている。庄内交通、がんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

これもバスですよね 

先月のバス旅の途中で見かけたバスです。ワゴン車のように、運転席隣の助手席にもドアがあります。でも、車体中央には、バスと同様の折り戸もついています。これは、大型ワゴン車ですかマイクロバスですか。
Gojome_bus

秋田中央交通 五城目営業所 2006.8.25撮影

 見かけたのは、秋田中央交通の五城目営業所。このバスは、大潟村の保養センター行きとして発車していきました。今回乗ったのは、まったく逆方向の沖田面行きです。しかし、乗ってみたかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

激辛マニア 

今朝、出勤途中にローソンに寄ると、新製品というふだとともにこんな商品が並んでいました。
Gekikara
「マニア」の文字に惹かれて、ついつい買ってしまいました。職場で、夕方こんなの買ってきたけど食べると配ってみると、皆恐がりつつも口に運びます。
 食べた瞬間は、チーズ味カールに唐辛子をまぶしたような味なんですが、そのうちヒリヒリしてきます。口の中じゃなくて、唇が腫れてくるような感じです。うわ~、私は3個でやめました。
 ジャパンフリトレーという会社が出している、「激辛マニア 赤とうがらし味」という商品です。久々に、恐い食べ物に出会いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

写真付き切手館 更新しました 

写真付き切手展示館ですが、ようやくちょっとだけ更新しました。まだ一覧と縮小画像だけですが、7月分をアップしました。明日からは、解説ページ作りになると思います。

 でも、明日はようやく夏のバス旅の写真ができあがってくるので、ブログのネタはバスにしようかなと思っています。実際に乗れはしなかったものの、なかなかおもしろい車体にも出会いましたし。
 ということで、写真付き切手については、直接サイトで更新を確認してもらうことにして、明日からしばらくは、旅行ネタで書いていこうと思います。

 ところで、明日は涼しくなるとのこと。本当でしょうか。どうか、天気予報が当たりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

サンプルデータ 届きました 

昨日、郵便局から電話があり、写真付きお年玉付年賀切手のサンプルデータが届いたとのことでした。
 サンプルデータは「テスト用紙」と「見本券」があり、「見本券」で頼んでおいたのですが、こちらだと1回目でも9月30日頃になるとのこと。テスト用紙出力で問題なくとも、見本券出力もしてくれるとのことでしたので、それなら1回目はテスト用紙出力でもいいとお願いしたのです。で、テスト用紙出力とはどんなものかというと・・・
Nenga_shisaku
こんな感じです。白い上質紙(ちょっとツルツルした感じの紙)に、タブ画像だけ実寸で50枚ならんでいるものでした。
 見てみた感想は、「CD-Rによるデータ入稿だからもう少し細かい模様がハッキリ出るのかな」と思っていたのですが、やはり縮小するとこんなものなのかな、といったところです。文字に重ねた水色の●が少し濃すぎる気がするので、見本券を見た上で気になるようなら、2回目のデータ入稿をするつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

パソリを買いました 

先日、ANAからEdyのついたマイレージクラブカードが送られてきました。Skipという新しいサービスに対応するために、本来なら500円の発行手数料がかかるのを無料で発行したとのことなのです。

 Edyねぇ、まだ持ってなかったんです。お財布携帯なんて縁がないし(当方はPHSです)、手数料払ってカードを買う気もなかったし。そうそう、『愛・地球博』のささしまサテライト会場がEdyしか使えなかったですね。大人1人では、それほど心動かされるアトラクションがなかったし、郵便局の臨時出張所に行っただけだったので、カードは買いませんでした。郵便局ではEdyは使えず、現金だけでしたし。

 まあ、そんな具合だったのですが、手にしてみたからにはチャージしてみたい。それには、自宅のパソコンでチャージするためにパソリという機械を買わなければならなかったのです。コレを買うと、JR東日本のスイカの使用履歴も見られますから、機会があれば欲しいと思っていたのです。送料込みで3500円ほど。今日届きました。
 で、さっそく接続。その前にインストールするプログラムが4本。これで、Edyもスイカも読めるようになったはず。スイカはしっかり履歴が読めました。Edyに入金しようと、クレジットカードの登録をするのですが、「そのカードは使えません」とでてうまくいきません。何でだろう?何でだろう?・・・・・
 ウェブサイトをよく読んで、ようやくわかりました。
JCBカードって、使えないのですね。ごく一部ANA JCBとかは使えますが。自分のメインカードが使えないのでは、ちょっとがっかりです。
 とりあえず、イーバンクから無手数料でチャージできるとのことなので、イーバンクのサイトからのチャージをやってみます。こちらはうまくいきました。まずは練習ということで1000円だけ。どこかのam/pmで、まずは使う練習をしてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

写真付き切手館 更新しました 

今日は午前中の雨と地震、午後からはカンカン照り。いったい天気はどうなってしまったのでしょう。

 さて、写真付き切手展示館も敷地がきちんと整地できたので、ぼちぼち更新しようと動き出しました。まずは、フレーム切手のデモンストレーション販売のページを作りました。でも、どこに分類しよう? デモンストレーション販売は、4面シートを前提に解説を書いてあるし・・・。
 けっきょく迷いながらも、4面のデモンストレーション販売に追加する形で載せておきました。別ページにしようかとも思ったのですが、何となく10面のデモ販売は、これが最初で最後のような気もしましたので。通販用と同じバックシートデザインで、制作場所や年月日も入らないのでは、別の場所で行われても、もう一度作りに行こうという気にはなりませんから。

 明日は、鉄ネタかバスネタで書きたいなあ。夏のバス旅の写真は日曜日にならないと出来上がらないのが、ちょっと辛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

写真付き切手展示館 移転しました 

『斜視付き切手館』ですが、すべての内容を@nifty館の方へ移転しました。全部移転しても、今のところ80MBほど。とりあえず、来年の民営化までの分をアップしても、まず間違いなくディスク容量は足りるでしょう。これで、明日から少しずつ更新をしていくつもりです。とりあえず今日は放置状態だったリンクのページを整理しました。

 しかし、今日10時頃の雨はすごかったです。部屋の中にいても、会話がよく聞こえないほどの激しい降り方でした。でも午後になると、薄日がさしてきたりするのですから、天気はわからないものです。まあ、昨日のうちに日本橋局に行っておいてよかったということは言えるでしょう。

 来週の3連休中日は、スルッとkANSAI電車&バスまつりです。そろそろ旅立ちのことも考えないといけません。どうやら、今年はオリジナル版の写真付き切手の発売はないようです。さて、スタンダード版はどれくらい並んでいるのでしょうか。それ以上に、開催日が17日というのが微妙です。もしかすると、スタンダード版のフレーム切手を作って並べる会社があるかもしれません。最速なら、この日に間に合う可能性もありますから。
 バスも楽しみなのですが、当日の切手さがしも楽しみな、関西紀行になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

日本橋郵便局に行ってきました 

今日は、午後から半休とって、地元郵便局でフレーム切手と写真付きお年玉付年賀切手を申し込みました。それから、車で茂原まで行って特急に乗って日本橋郵便局へと向かいました。

 地下鉄に乗り換えて、日本橋駅D2出口を出ると、日本橋郵便局はすぐそこです。エスカレータで2階に上がると窓口が並んでいます。その奧、私書箱が並んでいるホールが、フレーム切手のデモンストレーション販売に充てられていました。
 並んでいる人はなし。すぐに撮影です。でも、暑い。汗が流れているので、引くまでしばし休憩。いよいよ撮影です。基本的に、『愛・地球博』と同じでした。新千円札が使えました(愛・地球博以前は使えなかったのですよ!)。ピント合わせのボタンもありました。違ったのは撮り直しが2回まで、最初と合わせて都合3回撮影と1回分撮り直しが多くできるようになったことです。
 それと、他の方のレポートにもあるように、今まではオレンジ色の筐体の中にA4対応カラーレーザープリンタが入っていたのですが、今回は筐体の外に、よく見えませんでしたがA3対応のカラーレーザープリンタが置いてあるようでした。
 どうせならもっと改造して、身長にあわせてカメラ部分の上下首振り機能とか、1人用と3人用で望遠・ワイド切り替えズーム機能とかつけてあるとおもしろかったのですけど、さすがにそこまでの改造はありませんでした。


 さて、ウェブサイトの再構築を考えています。@niftyが、月額525円で300MBまで使えるようになったので、切手関係のウェブページを、再び@niftyに結集して、ジオシティーズ館の閉鎖を考えています。そして、もう手狭になって有料追加している旅のサイトを、CyberStationの基本料金で収まる20MBに減らして、バス旅関係だけをジオシティーズにバス旅館として移転しようと考えています。
 ジオは安くていいのですけど、物販ができないのが痛いです。自主制作本の頒布とかやっているので、そういうことができるプロバイダのウェブサイト公開サービスをやめることもできません。
 今月中に、切手部分だけは移転再構築して、ジオシティーズは新しいURLに変更する予定です。ジオのトップページからアクセスしている方はほとんどいないようですが、もしおられましたら@nifty館のトップからアクセスするようにしていただければさいわいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

いただきもの 

本日郵便受けに、こんなものが入っておりました。
Framonly
私が欲しかった、フレームだけ切手の実逓便です。送ってくれたのは、切手コレクションblogの管理人HIDENさんです。いやあ、どうもありがとうございました。大切にさせていただきます。

 昨日のblogで書いた、写真付きお年玉付年賀の件。あれから数件のお問い合わせがあり、2シートほど引き取り手が見つかりました。これ以上引き取り手が決まってしまうと、かんじんの私製年賀実逓便が作れなくなってしまうといけないので、いったんお問い合わせを中止いたします。
 私製年賀実逓の頒布希望をとって、余裕があるようでしたらさらにシートでのご提供を考えます(正直、シートでのご提供は厳しいかと思います。未使用ペアでしたらご提供できるでしょう)。今回の写真付きお年玉付年賀は、切手商・郵趣団体・個人いりみだれて、それぞれ個性的なタブでチャレンジしているとの噂です。11月後半から12月には、それらの実物を広告や即売会で目にすることと思いますので、それらを見比べていただいた上で、それでも当方のものをということでしたら、私製年賀実逓頒布のときにあわせてお申し出下されば、未使用ペアについては同時にご案内できると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

今日は1日画像作り 

結局この土日も、サイトの更新ができませんでした。昨日はでかけてしまったし、今日はタブの画像作りです。

 写真付きお年玉付年賀切手用、フレーム切手「フラワー」用、フレーム切手「シルバー」用の3つの画像づくりで、この休みは終わってしまいました。とりあえず、完成したので火曜日に申し込んでこようと思います。それまで、写真付きお年玉が、限定数10万シートになって注文不可になりませんように。

 写真付きお年玉は、ご存じのように最低申込数が20シート(切手1000枚)からです。個人で作るには、ちょっと荷が重かったのですが、いつも付属品を買っている切手商さんが半分引き取ってくれることになりました。自分で保存する分を除けば、あとは7シートくらい。これは、時期になったら私製年賀ハガキ実逓便にして頒布する予定です。切手が2種類で、消印も和文機械と和文丸型にすれば、全部で4種類。自分の個人的な年賀ハガキも200~300枚は出しますし、それにも使うことができますから、それほど余ることはないでしょう。ちなみに作ったタブ画像はこんなものです。
Nenga
見ての通り、実逓便の私製年賀を作ることを意識して文字入れをしてみました。
 写真付きというからには、イラストや文字だけではなく、写真を入れたかったのです。でも近くにイノシシはいないし・・・。
 そこで、おめでたそうな題材の折り紙を折って、それを色紙に貼ってデジカメで撮影。色紙以外の余分な回りを透明にして、そこにグラディエーションのバックや文字を入れていきました。使ったソフトはJTrimというフリーソフトと、スキャナに付いてきたAdobe Photoshop Elementsの2つです。ブログに貼ってあるのは縮小してありますが、申込用は指定通りちゃんと540×540ピクセル350dpiのBMPファイルにしてあります。申込み関係の書類には保存形式が書いてなかったので、電話で問い合わせたら「ビットマップ形式でお願いします」とのことでした。
 「フラワー」と「シルバー」は自分の分以外は、いつも頼まれている分しか作りませんが、上にも書いたように写真付きお年玉は若干余裕がありますので、興味のある方は「写真付き切手館」のサイトのアドレスでお問い合わせ下さい。私製年賀実逓便については、切手到着後11月中頃に「写真付き切手展示館」の方に頒布要領を掲載する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

今日は日帰り18きっぷの旅 

今日は、奥さんと一緒に、あと2回分残っていた青春18きっぷで、日帰り汽車旅です。房総半島の長者町から、目指すは山梨県の清里。

 距離はありますが、新宿まで行けば「ホリデー快速ビューやまなし」で往復です。行きは新宿着が発車直前になるので指定席をとりましたが、帰りは余裕があるので大丈夫だろうと自由席です。結果的にこれで大丈夫でした。
 それで、なんで清里に行ったかというと、目的地はココでした。
Moegi1
 清里駅から坂道を下っていくと、萌木の村という施設があります。えっ、どこかで見覚えがあるって。そう、昨年秋にオリジナルの写真付き切手を出したところです。また、新しいのがないかなあと、それも探しにいったのですが、新しい切手シートはありませんでした。
 で、本当の目的は、その中のこの施設です。
Moegi2
ROCKという名の、地ビールレストランです。ここで作られている「タッチダウンビール」は、おいしいと評判なのです。一度飲みに行きたいと思っていました。
 今日提供されていたのは、デュンケル、ピルスナー、ラガーの3種類。個人的には、デュンケルがよかったですね。料理もなかなかいいですね。ゆでじゃがいものサワークリームがけは、じゃがバターとはちょっと違っていて、それでいておいしかったです。自家製ソーセージ類もおいしかったです。

 写真付き切手の収穫はありませんでしたが、清里滞在2時間半の日帰り旅にしては、充実した1日を過ごせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

フレーム切手登場! 

2006年9月1日、ついにフレーム切手が、デモンストレーション販売という形で、姿を現しました。私は残念ながら出動できなかったのですが、現地に行った方にうかがったところ、整理券の配布もあったりして、なかなかの盛況だったようです。

ということで、今日はあまり書くことナシ。ようやく写真付きお年玉付年賀50円郵便切手用のタブ画像ができました。火曜日には郵便局に申し込みに行けそうです。540×540ピクセル350dpiのBMP画像にして、CD-Rに焼かなきゃいけないので、日曜日にでもCD-Rに焼きましょう。それから、通販シルバー用の画像も完成しました。あとは、通販フラワー用の画像を作らなくては。

今日の様子は、j_deafさんの『j_deafの切手収集』というウェブサイトの日記コーナーに詳しく載っております。と他人任せにして、今日は終わりにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »