2018年10月21日 (日)

青春18栃木日帰り紀行(26) 

19:28に宇都宮駅に到着しました。
Karasuyama20170821_126
しっかりパンタグラフを上げて、電車として到着しています。

宇都宮19:42の通勤快速上野行きで浦和へ。浦和で東京上野ラインに乗り換えて、19:23に東京に着きます。京葉線で行くか、総武快速で行くか、迷いましたが、ロングシートでも乗り換えがない方がいいなと考え、21:37の京葉快速上総一ノ宮行きに乗車します。上総一ノ宮で普通電車に乗り換えて、23:27に長者町駅に戻ってきました。

かなり長い1日になりましたが、青春18きっぷ1回分を使って栃木の鉄道を楽しんで来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(25) 

烏山駅の駅名標です。
Karasuyama20170821_121
七福神の表示があるのは、非電化時代から変わりません。

Karasuyama20170821_122
ACCUMの車内です。見た目は見慣れた電車の座席と同じです。

Karasuyama20170821_123
車内には乗降の仕方のご案内がありました。やはり、2ドアのディーゼルカーから3ドアの電車になって説明が必要になったのでしょうか。

車内で座っていると、バタンという大きな音が頭の上でしました。
Karasuyama20170821_124
もしやと思って車外に出てみると、パンタグラフが折りたたまれていました。

Karasuyama20170821_125
発車の数分前には、パンタグラフがたたまれて、蓄電池電車としての発車準備が整いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(24) 

宝積寺始発17:32の339Mに乗って、18:06に終点の烏山に到着しました。
Karasuyama20170821_116
烏山線は全線非電化です。宝積寺駅で充電しただけで、あとは蓄電池でちゃんと走りきりました。非電化路線ですが、車両が電車なので列車番号がMなのですね。駅構内にだけある充電用の架線にパンタグラフを上げて、さっそく充電が始まりました。

烏山駅舎もすっかり変わっていました。
Karasuyama20170821_117
かつては重厚な駅舎と、駅前にはJRバス(国鉄バス)のりばがあったのですが、まったく別の駅になってしまったようです。

無人駅になり、出札口もなくなりました。でも、最新の指定席券売機はありました。
Karasuyama20170821_118
来週乗車する12系客車最終日の「SLやまぐち号」。下りは何度やっても通路側しか出なかったのですが、ここでいじってみたら窓側がありました。すかさずゲットです。出札口はないので、変更はできませんから、今持っている通路側はどこかで払い戻すか変更しましょう。

帰りは折返し18:34の宇都宮行き342Mに乗車します。
Karasuyama20170821_119
この蓄電池電車、愛称はACCUM(アキュム)です。

行きは宝積寺始発でしたが、帰りは東北本線に入って宇都宮まで直通します。
Karasuyama20170821_120
宝積寺から宇都宮までは、パンタグラフを上げて普通に電車として走行するのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

青春18栃木日帰り紀行(23) 

15:50には、JR日光駅に着きました。
Nikko20170821_111
駅舎だけ見ると、東武より立派なのですが、こちらの駅にやってくるのは普通列車だけになりました。

ここからは、16:00の宇都宮行きで宇都宮まで出ます。
Nikko20170821_112
宇都宮16:51の黒磯行きに乗り換えて、烏山線の分岐駅、宝積寺へ行きました。

烏山線のホームで架線を見ると、デッドセクションのように太くなったところがあります。
Karasuyama20170821_113
ここが急速充電用の設備なのでしょう。

そうこうするうちに、烏山線の電車がやってきました。
Karasuyama20170821_114
ちょうどパンタグラフを上げたのは、あの架線が太くなったところでした。

Karasuyama20170821_115
今日は平日なので、乗客の高校生が次々と乗り込んでいきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(22) 

SL展示館のパノラマに着いたときには、もう回転が始まっていました。
Tobu20170821_106
ここからなら、全体が見えるのでやってきたのです。

ここも時計回りに回転しています。
Tobu20170821_107
残念ながら、ここまで撮って時間切れです。

15:35の日光行きに乗らなくてはならないのです。
Tobu20170821_108
普通電車東武日光行きは4両編成でした。

Tobu20170821_109
東武日光へ着くと、幕は新栃木に変わりました。折返しは新栃木までの普通電車になるようです。

東武日光駅の改札で、乗り放題きっぷを見せて改札を出ます。そして、JR日光駅へ歩いていきます。
Tobu20170821_110
その途中に東武バス日光の車庫がありました。そこに、先ほど鬼怒川温泉駅にいた軌道電車バスが停まっていました。ここまで回送されてきていたのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(21) 

編成からC11と車掌が切り離されて、浅草方に手旗誘導で移動し始めました。
Tobu20170821_101

踏切は閉まっていますが、踏切の手前で赤旗が出て停止します。
Tobu20170821_102
たしかにこの位置なら、転車台への引き込み線への分岐は越えているようです。

車掌車の前照灯が点灯し、転車台への引き込み線をバックしてきました。
Tobu20170821_104

そして、転車台手前で、また赤旗が出て停車です。
Tobu20170821_105
転車台への進入の安全を確認すれば、また動き出すのでしょう。その間に、場所を先ほどのSL展示館へ移動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

青春18栃木日帰り紀行(20) 

今日は暗くなるまでここにいることはありません。
Tobu20170821_096
でも、暗くなって下からのライトで照らされたら、どんな風に見えるのか、見てみたいと思いました。

これが下今市駅の転車台です。
Tobu20170821_097
ちなみに、鬼怒川温泉駅は芸備線三次駅、ここ下今市駅の転車台は山陰本線長門市駅に設置されていた転車台を譲渡してもらい設置したそうです。

機関庫の奧には、車掌車の姿が見えます。
Tobu20170821_098
SL運転にあたり、ヨ8634とヨ8709の2両を譲渡されたそうです。今日、営業で走っていたのはヨ8634でしたから、あそこに見えるのはヨ8709でしょう。

その隣には、車両移動機に連結された14系客車が見えます。
Tobu20170821_099
客車も14系客車4両と12系客車2両を譲渡されました。12系は部品取り用で営業には使わないようです。ですから、これは14系客車の予備車でしょうか。

浅草方に引き上げていたSL編成がDE11を先頭にして側線に入ってきました。
Tobu20170821_100
このあと、C11と車掌車が切り離されて、この転車台にやってくるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(19) 

下今市駅に到着しました。先ほどは行けなかった、転車台広場へ行って方向転換を眺めましょう。
Tobu20170821_091
跨線橋を、改札口とは反対方向へ歩いていくと転車台広場へ出られます。

Tobu20170821_092
その通路の壁には、C11、14系客車、DE11の大きな写真が展示されており、これを見ているだけでも楽しくなります。

転車台広場へ降りる階段の途中に、「SL展示館」の入口があります。ここで、今日の乗車証明書が2種類入手できたので、記念品をいただきに寄り道します。
Tobu20170821_093
2列車賞の賞品は、今市報徳二宮神社のSL「大樹」御守です。

SL展示館の端の窓からは、機関庫と転車台がよく見えます。
Tobu20170821_094
そろそろ人が集まってきています。早くあそこへ行ってみましょう。

Tobu20170821_095
転車台広場入口のアーチには、こんなC11の透かし彫りがありました。あえて、ボイラー部分を切り抜くことで、機関車を上手に表現しているんだなと、感心してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

青春18栃木日帰り紀行(18) 

帰りのSL「大樹4号」も行きと同様、2号車の通路側です。
Tobu20170821_086
まだ走り始めて10日あまり。8月14、17、18日は運休日でしたから、実日数でいったら今日は運転9日目です。発売初日を過ぎていたのに、よくとれたものだと思います。

35分しかない乗車時間です。行きは駅弁を食べるだけで精一杯でした。
Tobu20170821_087
黒いアイスクリームと、車内限定発売のキーホルダーを買いました。

これが黒いいちごアイスです。
Tobu20170821_088
真っ黒なのに、食べるとちゃんとイチゴ味なのです。なんだかだまされているような食べ物です。

4号でも乗車証明書をいただきました。
Tobu20170821_089
もちろん、3号とは別図案です。

裏面は号数が違うだけで、文章は同じでした。
Tobu20170821_090
押されている車内改札印のような乗車記念印も、3号と同じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(17) 

もしかしたら、もう1回煙が上がるんじゃないかな。まだ発車まで少しあるので、待ってみます。
Tobu20170821_081
願いが通じて上がりましたが、カメラは横向きでした。またしても残念。

さすがに、もう時間切れです。乗車ホームへ向かいます。
Tobu20170821_082
最後にヘッドマークとナンバープレートのアップです。ヘッドマーク、寝台特急のようにもう少し立体的だともっといい感じになるのですけどね。

Tobu20170821_083
C11の区名票も撮っておきます。

Tobu20170821_084
ホームから見た転車台とそこへの引き込み線です。

跨線橋の窓からも1枚撮っておきます。
Tobu20170821_085
エレベータ線用の跨線橋なので、間に合うか少しハラハラしましたが、間に合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

青春18栃木日帰り紀行(16) 

ホームに近づいて速度が落ちると、急に煙がなくなってしまいましたけど。
Tobu20170821_076

一旦停止です。連結器や接続する配管の点検でしょうか。

Tobu20170821_077

連結完了まで、たしか3回くらい停車を繰り返したようです。

いよいよ連結します。客車まであと少しです。
Tobu20170821_078

連結完了です。これでSL「大樹4号」の編成ができました。
Tobu20170821_079
時刻は14:24です。発車まであと10分です。時間を気にしながら行動しないと、乗り遅れますね。

見ていたら、突然煙を吐きあげてくれました。
Tobu20170821_080
あわてて、カメラを煙が入るように縦位置に構えて撮ります。でも、ほんの一瞬でした。カメラを構えた頃には、かなり弱くなっていました。残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(15) 

これで硬券入場券も、収まるところに納めることができました。
Tobu20170821_071

駅前に出ている間にDLも新藤原方に連結し直されていました。
Tobu20170821_072
ちゃんと新藤原方のエンドにもヘッドマークがついています。

14系客車のサボです。
Tobu20170821_073
横幕は書体や英字の入れ方にそれなりのアレンジがありましたが、サボは色使いといいなつかしい国鉄仕様ですね。

DLと客車が、C11の連結を待っています。
Tobu20170821_074
それを撮ろうと多くの人がカメラを構えています。

手旗誘導で、C11と車掌車がバックで近づいてきました。
Tobu20170821_075
けっこうな煙が出ていますね。なかなかいい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(14) 

方向転換が終わりました。もうしばらくすると、今度は客車へ連結のために動き始めます。
Tobu20170821_066
その様子も見たいので、そろそろ構内に入りましょう。

ところが駅前にこんなものがいました。
Tobu20170821_067
鬼怒川温泉と日光・東照宮を結ぶ路線バスです。なんと、廃止になった東武の日光軌道の車両を模しています。

屋根にもカバーでかさ上げして、鉄道車両っぽいカーブを表現しているみたいです。
Tobu20170821_068

リアがまたすばらしいです。
Tobu20170821_069
まるで鉄道車両の運転席面のようにヘッドライトまで再現されていました。

そうだ、乗り放題きっぷに挟む硬券入場券を買わなくては。ところが、有人改札は特急券を求める人で長蛇の列です。どうしようかと思ったら「硬券入場券は改札口で販売しています」と表示があります。
Tobu20170821_070
そこで、有人改札へ行き無事に購入することができたのです。そこには、実物の石炭が置いてありました。「これ、撮ってもいいですか」とたずねると「どうぞ」とのこと。しっかり1枚撮らせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(13) 

転車台での方向転換を見せてくれるところは、水上とかほかにもあります。しかし、転車台まで歩いて行かなければならないところばかりです。
Tobu20170821_061

なんと、鬼怒川温泉駅は転車台を駅前広場に造ってしまったのです。機関車の方が駅前まで来て方向転換風景を見せてくれるという、今までとは逆転の発想ですね。

C11が転車台の上へとゆっくり入ってきます。
Tobu20170821_062
 
黒山の人だかりの中、方向転換が始まりました。
Tobu20170821_063
時計回りに動き始めました。

Tobu20170821_064

ちょうど横向きになったところです。
Tobu20170821_065

もう少しで回転終了です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(12) 

バック運転で、いったん下今市方に引き上げていきます。
Tobu20170821_056


もう少しバックしてから、再び前進して、今度は写真右側に分岐する駅前の展示線へ入っていくはずです。

Tobu20170821_057
展示線へ行く様子も興味ありますが、まずは駅前の展示線を見てみたいです。


改札への行きがけに、DLの区名表を撮っていきます。
Tobu20170821_058


改札へ向かう通路には、8月10日運転開始を伝える幟が何本も立てられていました。
Tobu20170821_059


折り返しのSL「大樹4号」は14:35の発車です。
Tobu20170821_060

まだ40分ほどありますが、乗り遅れないように時間を気にして撮影しないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«青春18栃木日帰り紀行(11)