2020年1月21日 (火)

鍵開け終えてい鉄に乗って(1)

2018年3月18日(日)。今日は、7:30の鍵開けボランティアに間に合うように職場へ行きました。お昼前には家を出て、彼岸の墓参りに行こうと思っています。

そこで、少しだけ朝のいすみ鉄道を撮って、乗ってをしておきましょう。大多喜駅南側の踏切へ行きました。
Isumi350_20180318_01
上り54Dの後追いです。やっぱり主役のナノハナを順光にしないとね。351スナフキンでした。

そして、54Dと大多喜で行き違う、下り55Dが夷隅川の鉄橋を渡ってやってきます。
Isumi300_20180318_02
301パパ&ママでした。

大多喜駅下の町営駐車場に車を停めて、大多喜駅へ向かいました。
Isumi_kiha52_20180318_03
快速100D~急行1号101Dで、大多喜~大原間の往復だけ乗ってきましょう。

キハ28にはヘッドマークが着いていました。
Isumi_kiha28_20180318_04
土曜日定番の「そと房」ですね。

上りホームの大原方には、椿が大きな花をつけていました。
Isumi_otaki20180318_05
あんまり端過ぎて、見に来る人はマレですけれど。

| | コメント (0)

115系スタンプラリーと駅奪取(2-10)

東京湾フェリーが金谷港に着岸しました。
Keikyu20180317_046

下船して、浜金谷駅へ向かいます。
Keikyu20180317_047
乗ってきた船は、チーバくん仕様になったしらはま丸でした。

浜金谷18:19の館山行きに乗って館山へ向かいます。
Uchibo20180317_048
館山では、向かいの3番線から18:56の安房鴨川行きに乗り換えます。

その安房鴨川行きの車内で、高崎で買ってきた115系記念弁当で夕食にします。
Uchibo20180317_049
おしながきを見ると、小さいながらもステーキとか入っていて、内容は充実していました。

19:36に安房鴨川駅に到着です。
Uchibo20180317_050
すぐに19:38の外房線に乗り継ぎます。そのまま長者町まで乗って、今回の旅の終了となりました。

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

115系スタンプラリーと駅奪取(2-9)

横浜から京浜急行を使うことで、横須賀線で行くよりも早く久里浜に到着することができました。
Keikyu20180317_041
リラックマ駅になっている京急久里浜駅を降りてバスのりばへ向かいます。

ギリギリですが、17:25出向の金谷行きに間に合いました。
Keikyu20180317_042
Suicaが使えるとあったのですが、自販機では使えず窓口で使うことができました。窓口の人が機械を操作するかたちで、クーポン券扱いで発券させました。

線内ではノンアルコールとさつま揚げで乾杯です。(相手はいないですけど)
Keikyu20180317_043

エントランス付近はチーバくんにそまっていました。
Keikyu20180317_044

航路の途中で、僚船の「かなや丸」と行き違いました。
Keikyu20180317_045

| | コメント (0)

115系スタンプラリーと駅奪取(2-8)

高崎駅に着きました。
Ryomo20180317_036
水上行きが停まっていましたが、これも211系でした。ちなみに、水上行きは水色地に白文字です。

スタンプラリーも終わったので伊勢崎に行きます。
Ryomo20180317_037

こちらも211系の4両編成でした。
Ryomo20180317_038

両毛線は黄色地に黒文字でした。
Ryomo20180317_039
房総各線も幕時代は路線別カラーだったんですけどね。

伊勢崎駅前に観光案内所がありました。ここへ来たのは、2月に断念した島村渡船に乗ろうと思ったからです。13:30の境シャトルバスに乗る前に情報を得ようと思ったのです。その結果わかったことは、現在長期運休中ということでした。先月来たときもたまたまではなく、ずっと運休していたのです。(その後、2019年4月に運行再開され、それまで通年運行だったのが、4月~10月の季節運行になりました)

それを聞いて予定変更です。急遽予定を組み直して、久里浜から東京湾フェリーに乗って帰ることにしました。
Ryomo20180317_040
伊勢崎駅南口から、本庄駅経由本庄早稲田駅行きの路線バスに乗って、高崎線の本庄駅へ向かいます。高崎線、東海道線と乗り継いで横浜駅へ向かいました。

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

115系スタンプラリーと駅奪取(2-7)

横川駅に来ると、いつも確認してしまうものがあります。
Sinetu20180317_31
駅前の水路の蓋です。アプトレールを横向きに利用したものです。まだ、あのアプトレールは健在でした。

駅舎の前には、峠のシェルパと呼ばれた碓氷峠の専用電気機関車EF63の車輪が置かれていました。
Sinetu20180317_32
蒸気機関車の動輪が保存されているところはたくさんありますが、電気機関車の車輪が保存されているところは、それほどありません。いかにEF63がこの地にとって大切なものだったかがわかります。

横川11:10の高崎行きで高崎に戻ります。
Sinetu20180317_33
211系の6両編成です。本当に115系には出会わなくなりましたね。

発車する車窓からC6120を眺めます。
Sinetu20180317_34
まだぐんまちゃんとの記念撮影会が続いていました。

高崎駅に到着です。
Sinetu20180317_35
たかべんのスタンドで、115系記念弁当を買っていきます。これは夕食ですけど。

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

115系スタンプラリーと駅奪取(2-6)

改札を出る前に、乗ってきた列車を撮っておきます。
Sinetu20180317_26
EF65 501の方がかっこいいけど、EF60 501の方が電気機関車らしさがあって好きです。

Sinetu20180317_27
C6120側はぐんまちゃんとの記念撮影会が開かれていました。

改札へ向かいます。
Sinetu20180317_28
今日のおもてなしが掲示されていました。SL発射時には和太鼓の演奏があるようです。

改札を出て115系スタンプを押します。
Stamp115_yokokawa_20180317_29
残念ながら、ここも薄かったです。でも、これで完集できました。

Stamp115_sheet_20180317_30
浸透式なので、どうしてもインクが乾いてキレイに押せない駅があります。それが残念です。

| | コメント (0)

115系スタンプラリーと駅奪取(2-5)

安中駅に到着しました。
Sinetu20180317_21
EL列車、SL列車は、ここで写真撮影等のできる停車があります。

その停車時間を利用して、115系スタンプラリーの押印に跨線橋を渡ります。同じことを考えている人多数です。たちまちスタンプの前に列ができました。
Stamp115_annaka_20180317_022
でも、無事に停車時間中に押して列車に戻ることができました。ここはインクがきれいでした。

Sinetu20180317_23
安中を過ぎても、浅間山がキレイにみえていました。

車内で抽選券の配布です。「あたり」が出れば、缶バッチがもらえます。
Sinetu20180317_24
残念ながら「はずれ」です。まあ、半券を切り取られずに手元に残せますから、よしとしましょう。

10:49に横川駅に到着です。
Sinetu20180317_25
せっかくだから5号車のスハフ32の車内を見ていきます。小窓が並ぶニス塗りの車内です。

| | コメント (0)

115系スタンプラリーと駅奪取(2-4)

停車したC61を1枚撮っておきます。
Sinetu20180317_16
さあ、そろそろ乗車しましょう。

今日の車両は4号車です。
Sinetu20180317_17
オハ47 2266です。旧型客車に乗るのも、もう高崎に来たときくらいですから。

Sinetu20180317_18
照明はLED化されているものの、形は電球当時のままです。荷棚も網のままです。

定刻9:47に高崎駅を発車しました。
Sinetu20180317_20
車窓には、雪をかぶった浅間山が見えました。

| | コメント (0)

115系スタンプラリーと駅奪取(2-3)

目的の列車は、まだ側線にいました。
Sinetu20180317_11
お座席電車「華」の姿もチラリと見えます。

入線が始まりました。
Sinetu20180317_12

無線と手旗の誘導でやってきました。
Sinetu20180317_13
こういう入線風景も味が合っていいですよね。

ホームではたくさんの人が撮影していました。
Sinetu20180317_14

そして、最後部には折り返し「SLレトロ碓氷号」の牽引機が連結されています。
Sinetu20180317_15
今日のSLはC6120です。

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

115系スタンプラリーと駅奪取(2-2)

朝食を終えて、駐車場に車を返します。元々7:45~9:15の1時間半で予約を入れてあったのですが、少し早く返せました。
Sinetu20180317_06
高崎駅からは信越本線を行き、安中、横川とスタンプを押していきます。乗車するのは、「ELレトロ碓氷号」です。

それにしても、このホームはすごいです。
Sinetu20180317_07
階段には、SL関連の豆知識が貼ってあります。

自動販売機もSL仕様です。
Sinetu20180317_08

頭上にもバナーが揺れています。
Sinetu20180317_09
これはSLそのもののバナーですね。

Sinetu20180317_10
こちらは、各種のヘッドマークです。

| | コメント (0)

115系スタンプラリーと駅奪取(2-1)

2018年3月17日(土)。前橋で泊まったホテルは、無料の朝食サービスがあるのですが、それをパスして電車に乗りました。

前橋7:17の高崎行きに乗って、終点の高崎で降ります。7:45からの利用を予約してある、タイムズカーシェアリングの駐車場へ向かいます。ここは月極駐車場の一部がカーシェアリングの駐車場になっていました。いったい出口のバーはどうやって開けて出て行けばいいのだろう。少し迷って車内を見ると、駐車場のバー開閉用のリモコンが車内にありました。事なきを得ていざ出発です。
Takasaki20180317_001
今日の車はコレです。

10分ほどの運転で到着です。
Takasaki20180317_002
駅弁の「たかべん」本社工場前にある、たかべん食堂です。「朝がゆ食べ放題」ののぼりが揺れているように、人気駅弁の「朝がゆ」がここでは好きなだけ、何回でも茶碗によそって食べられるのです。

さっそく朝がゆ食べ放題を注文します。
Takasaki20180317_003
おかゆを少なめにして、何杯にもわけて具材を楽しみます。具材はみんな駅弁のものです。味付け椎茸のみじん切りはあの弁当だな。栗はもちろん、朝がゆ弁当に入っているものでしょう。鶏肉のざく切りは鶏弁ですよね。

Takasaki20180317_004
駅弁にはない、練り梅とか白ゴマなども、この食堂のトッピングには用意されています。もちろん、この他に味噌汁もつきます。車代払っても来たくなる、大満足の朝食になりました。ちなみに、鉄道駅から歩くとすれば、上信電鉄の佐野のわたし駅から20~25分くらいでしょうか。

| | コメント (0)

115系スタンプラリーと駅奪取(1-9)

前橋駅のスタンプ台の脇には、ペットボトルのキャップで作ったモザイク115系がありました。
Ryomo20180316_046
これ、なかなかの力作ですね。

そして、スタンプも忘れずに押します。
Stamp115_maebashi_20180316_47
足利、桐生はそこそこインクが出たのですが、前橋はインクが乾燥していてキレイに押せませんでした。

駅近くのホテルにチェックインします。
Ryomo20180316_048
さて、足利で買ってきた自慢焼を食べなくては。

Ryomo20180316_049
まだ3個残っていました。これだけ甘いもの食べたら、もう夕飯はいらないや。

| | コメント (0)

115系スタンプラリーと駅奪取(1-8)

自動券売機で、終点の中央前橋まで670円のきっぷを買って改札を入ります。
Jomo20180316_42
18:46の中央前橋行きに乗って、終点の中央前橋まで駅奪取していきます。

19:38に駅奪取完了して中央前橋駅に着きました。
Jomo20180316_43
ホームの向かいには、先発になる青色ラッピング車が停まっていました。

中央前橋駅は、西桐生駅とは違い近代的な駅です。
Jomo20180316_44
この後、JR前橋駅まで行くのですが、駅ロータリーからのシャトルバスはもう終了しています。

道路上にある中央前橋駅前バス停から、路線バスで移動します。
Jomo20180316_45
やってきたのは永井バスという会社のバスでした。それに乗ってJR前橋駅に着きました。

| | コメント (0)

115系スタンプラリーと駅奪取(1-7)

わたらせ渓谷鉄道の下新田駅から上毛電気鉄道の富士山下駅まで歩きます。
Ryomo20180316_036
歩いても10分くらいでしょう。

ただ、道順がわからないので、スマホの徒歩ナビでたどります。住宅地の中を何回か曲がっていきました。

Jomo20180316_37

この駅名は「ふじさんした」ではないです。
Jomo20180316_40
「ふじやました」です。

Jomo20180316_38
18:34の西桐生行きに乗って行きます。

18:37に西桐生に到着です。折り返しまで9分あります。
Jomo20180316_39
いったん駅舎を出て、関東の駅百選にも選ばれた駅舎の夜景を撮影してから戻ります。

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

115系スタンプラリーと駅奪取(1-6)

あまりにも115系電車に出会えないので、こちらから見に行くことにしました。
Ryomo20180316_031
券売機で、わたらせ渓谷鉄道でひと駅、下新田までの乗車券を買って改札を入ります。

桐生18:04のわたらせ渓谷鉄道間藤行きに乗ります。
Ryomo20180316_032
この時間、平日だから通勤通学の帰りの時間帯ですが空席の方が多い状態でした。

下新田駅で降ります。
Ryomo20180316_033
降りたのは自分だけです。

ここは両毛線と併走している区間です。目の前には両毛線の下新田信号場があり、留置線に115系がいるのです。
Ryomo20180316_034
もう暗くて車番はわかりませんでしたが、3両編成×2の6両編成が停まっていました。

| | コメント (0)

«115系スタンプラリーと駅奪取(1-6)