2021年2月24日 (水)

2月28日休憩時間に勝浦・御宿(4)

河口に近い川岸は、砂浜のようになっています。川とはいっても、すでに潮の満ち引きが影響する場所なんでしょう。
Onjuku20190228_16
そこにカモやサギなど、海にはいない鳥たちが休んでいます。砂浜のカモって、よく考えるとちょっと不思議な風景な気もします。

再び、月の沙漠記念館に戻ってきました。
Onjuku20190228_17
つるし雛めぐりの期間中は、入館料が無料で見学できます。

中はつるし雛だらけです。
Onjuku20190228_18
壁一面がつるし雛で覆われています。

布の人形でつくられたジオラマが展示されていました。
Onjuku20190228_19
月の沙漠の像もありました。

そして、こんなつるし雛もありました。
Onjuku20190228_20
カツオノエボシ雛ですかね。本物なら危険すぎますけど、布の人形なら安全ですから。布でこんなの作ってしまうなんて、海月姫の世界ですよね。

| | コメント (0)

2月28日休憩時間に勝浦・御宿(3)

キュステの会場内にある御宿町の紹介コーナーに巡回バスの全時刻が貼ってありました。
Katsuura_big_20190228_11
これで全容がわかりました。勝浦駅にも御宿駅にも寄らず、本当に会場を巡回する運転になっているのですね。

会場外に少ないながらもテントの出店がありました。
Katsuura_big_20190228_12
たいやきを1個買います。スリムな形が多い中、ずいぶんここのたいやきはずんぐりしています。その分、あんこも多めかな。

キュステ10:30の便に乗ります。
Katsuura_big_20190228_13
勝浦市の山口運輸の担当でした。

御宿の月の沙漠記念館バス停で降ります。
Onjuku20190228_14
この記念館が会場なのですが、入館前に少し周辺を歩きます。

橋を渡ったところに、月の沙漠像があります。
Onjuku20190228_15
今日は天気が悪いので、空も海もどちらもライトグレーです。その代わり像はしっとり濡れてダークグレー、しかも陰が出ないので、なんとなく落ち着いた風景が海岸に広がっていました。

| | コメント (0)

2月28日休憩時間に勝浦・御宿(2)

入場券を買って、キュステに入ります。
Katsuura_big_20190228_06
ここにも掛け軸のひな人形絵が飾られていました。

入口にある竹人形です。
Katsuura_big_20190228_07
これだけの長さにずらっと飾れているのは、なかなかのスケールです。

歴代のポスターです。
Katsuura_big_20190228_08
自分が勝浦のアパートに住んでいたのは1985年から1992年の年末まで。その時は、まだビッグひな祭りはやっていなかったですからね。

このキュステのいちばんの見所は大ホールに展示された雛壇です。
Katsuura_big_20190228_09
雨だから、数少ない屋内展示のこの会場が混んでいるかなと思いましたが、平日なのでそれほどでもありませんでした。

Katsuura_big_20190228_10
今日は雨なので、遠見岬神社の石段展示はありませんからね。

| | コメント (0)

2月28日休憩時間に勝浦・御宿(1)

2019年2月28日(木)。今、勝浦市では2019かつうらビッグひな祭りが、御宿町では第13回おんじゅくまちかどつるし雛めぐりが開催されています。両地区を結ぶ、無料の巡回バスも運行されています。

そこで、平日に1回、勝浦線の担当にして下さいと頼んでおきました。平日の勝浦線は9時過ぎから14時少し前まで、3時間半以上の休憩があるのです。その間に、少し両方の展示を見学してこようと考えたのです。そして、今日2月28日のその勝浦線担当が回ってきました。

朝1往復、大多喜車庫のバスが勝浦~御宿を担当します。
Katsuura_big_20190228_01
駅前で発車待ちの間に、ちょっとだけ撮ります。駅前ロータリー側のフェンスには、連続してかつうらビッグひな祭りのバナーが張られています。

そして、望遠レンズでのぞくと、階段にも装飾があるのがよくわかります。
Katsuura_big_20190228_02
あんまり近づくと、絵がよくわからないのですよね。

御宿での折り返し時間はわずかです。
Katsuura_big_20190228_03
発車待ちの間に、バスの車内から1枚撮影します。御宿駅もつるし雛めぐりの幟が立っていました。

御宿駅から勝浦駅まで運転して、勝浦車庫に入庫したら13:45までは休憩できます。車庫から雨の中坂道を登ってキュステに向かいます。キュステについて、まずはバス時刻の確認です。
Katsuura_big_20190228_04
ウェブサイトには運行の事実はあるのですが、時刻が確認できません。バス停に来ても、そのバス停の時刻はわかるのですが、全容がわかりません。たぶん、昼食休憩に当たる11時台と13時台だけが平日は極端に少なく、他は20分間隔と頭に入れておきましょう。

| | コメント (0)

2019年2月27日 ありがとう253号(2)

車庫に戻ってきた253号を撮影します。
Kominato20190227_06
車内はこんな座席配置でした。型式がKK-LR233J1改なんです。ワンステップバスなんですけどね。

テツバス少年のCくんが噂を聞きつけて、自作のさよならプレートを作ってきたから、これを載せて記念撮影していいかと断りに来ました。
Kominato20190227_07
車庫内で撮るならいいんじゃない、ということで、一緒に記念撮影です。

Kominato20190227_08
いすみ市で予算が付いたそうで、来月には新しい専用車がやってくるようです。

Kominato20190227_09
かつての受託者、都自動車の文字の上に小湊鉄道のステッカーが貼られています。17年間ごくろうさまでした。

| | コメント (0)

2019年2月27日 ありがとう253号(1)

2019年2月27日(水)。今日は大型車で茂原線の担当です。昨日がいすみシャトルバスの担当だったので、9時過ぎから始まるゆっくりスタートの日です。

今日は、いすみシャトルバス専用車253号の運用最終日です。そんなわけで、休憩時間には253号ばかり撮ってました。
Kominato20190227_01
茂原車庫で、白子車庫のエルガと並んだところです。

いすみシャトルバス、最初の受託先は今は亡き都自動車でした。
Kominato20190227_02
いすみシャトルバスは都自動車の路線車に合わせてか、前のり前おり仕様だったので、ドア上の車外灯が前ドアについているのが、他の小湊車両との違いです。

これがリアから見たところです。
Kominato20190227_03
数少ないバックモニター装着車でした。初年度登録が2002年(平成14年)3月ですから、ほぼ17年間走ってきたのですね。

自分の担当ダイヤは、大多喜に到着すると15時まで休憩です。そこで、14時に回送で戻ってくるいすみシャトルバスを街中で撮ります。
Kominato20190227_04
丸ポストの建つ夷隅神社前バス停を通過する、回送253号です。

そしてその先の鍵型の曲がりを通って車庫へ向かいます。
Kominato20190227_05
車庫では40分ほど休憩するはずなので、もう少し撮影させてもらいましょう。

| | コメント (0)

2月26日の食

2019年2月26日(火)。今日はいすみシャトルバスの担当でした。

今日は、14時過ぎの大多喜での休憩時間に、デイリーヤマザキまで夕食を買いに行きました。すると、こんなのが売ってました。
Yamazaki20190226_03
全国各地で見かける、あのホイップクリーム入りのあんパンに焼き印をしたものです。四角バージョンと丸バージョンがありますが、ここ大多喜は四角パンに丸焼き印です。ヴィドフランスとか駅のパン屋さんでみかけることが多かったのですが、ここは駅から離れた国道沿いにあるコンビニです。

Yamazaki20190226_02
商品名は大多喜パンではなく「贅沢な小倉あんぱん(ホイップ入り)」というらしいです。高カロリーなおやつですが、1つ食べてしまいました。

夕食はコレです。
Yamazaki20190226_01
デイリーヤマザキの、あの大きなおにぎりは売り切れでした。いつも午前中にはなくなってますからね。

Yamazaki20190226_04
バスの中で、これで夕食にします。

今日はいすみシャトルの専用車でした。
Kominato20190226_05
このバスを運転するのも、この日が最後になってしまいました。明日、27日が最終運用で、その後廃車回送と連絡が入りました。

| | コメント (0)

2021年2月23日 (火)

2月25日のテツと食(2)

試運転トロッコ列車が上り列車となって発車します。
Kominato20190225_06
今年も営業運転が始まったら、乗りに来る機会がもてるといいですが。

Kominato20190225_07
蒸気機関車型のディーゼル機関車にテールランプが点きます。

さて、この後は1時間弱の休憩です。
Asahiya20190225_08
今日も駅前のアサヒヤさんで、ぜんざいを食べてしまいました。やっぱり冬はこれがおいしいのです。

15時の列車がやってきました。この列車を受けて、お仕事再開です。
Kominato20190225_09
この列車の折り返し上り列車から、里見の下校小中学生の輸送が始まります。その関係から2両編成になりました。

| | コメント (0)

2月25日のテツと食(1)

2019年2月25日(月)。今日は中野線の仕事です。日中は、養老渓谷駅と粟又・ごりやくの湯を4往復します。

列車を受けてからの発車なので、到着列車を撮る余裕はあります。
Kominato20190225_01
10時の列車は213の単行でした。2月の平日ですから、観光客はいないですね。

12時の列車も単行でした。
Kominato20190225_02
屋根上のベンチレータの形が違いますね。窓もユニットサッシではなくくりぬき式ですから、これは204でしょう。

今日の昼食はデイリーヤマザキで買ってきました。
Yamazaki20190225_03
大きなおにぎり1個と店内調理のメンチ、それにサラダです。今日も午後の休憩でアサヒヤさんにいくつもりなので、これでいいのです。

駅の方から、今日はトロッコの試運転があると教えてもらいました。
Kominato20190225_04
養老渓谷駅に到着した試運転のトロッコ列車です。通常の午後便の時間帯で走っていますが、ヘッドマークのない客車は試運転でないと見られません。

小湊鉄道の線路を通るのは列車だけではありません。ネコさんもよく通ります。
Kominato20190225_05
しかし、今日はコイツが通ってました。冬場は食料が少ないので、人里をうろつくのです。コイツらは。

| | コメント (0)

今週のお仕事

2019年2月25日(月)~3月3日(日)のお仕事です。

2月25日(月) 中野線 UD+西工フィンガー
  26日(火) いすみシャトルバス
  27日(水) 茂原線 大型
  28日(木) 勝浦線 日野フィンガー
3月 1日(金) デイケアバス
   2日(土) 中野線 日野フィンガー
   3日(日) 中野線 日野フィンガー

先週、夫婦で猫島に行くので連休とりましたからね。今週は休み無しで7連勤です。まだ来週も続きますけど。

| | コメント (0)

2021年2月22日 (月)

夫婦で猫島 1泊2日(2-17)

けっきょく、この特急のグリーン車は、終点の宮崎空港まで自分たちだけの貸切状態でした。
Nippou20190224_081
一般のグリーン席にも、誰も乗っていません。

Nippou20190224_082
グリーン個室も未使用です。デラックスグリンーン席に乗った自分たちだけで1号車を貸し切ったようになりました。

宮崎空港のターミナルで、昨日食べて感激したたまたまキンカンを買います。
Haneda20190224_083
帰りのフライトは満席でした。クラスJへのアップグレードはかないませんでした。

無事に羽田に到着しました。
Haneda20190224_084
20時過ぎの高速バスまで、まだ少し時間があります。

Haneda20190224_085
ということで、ターミナルビルのカレー屋さんで夕食にします。そして、大多喜行きの高速バスに乗って大多喜オリブまで行き、停めてあった自家用車で帰宅しました。

| | コメント (0)

2021年2月21日 (日)

夫婦で猫島 1泊2日(2-16)

帰りもレール&レンタカーのグリーン車に載ります。
Nippou20190224_076
先頭の1号車乗車位置で待ちます。

特急「にちりん13号」がやってきました。
Nippou20190224_077
行きは783系ハイパーサルーンでしたが、帰りは787系つばめ型です。

Nippou20190224_078
いまではTUBAMEのロゴはなくなってしまいましたが、やっぱり格好いいです。

787系のグリーン席は3種類あります。普通のグリーン席、デラックスグリーン席、コンパートメントです。コンパートメントは、レール&レンタカーの割引対象外だったので、今回はこの787系にだけあるデラックスグリンーン席にしました。1両に3席しかない座席です。
Nippou20190224_079
夫婦で海側の2人がけ1番A・B席がとれました。

車内に入ると、グリーン車には誰もしませんでした。先頭のデラックスグリンーン席まで歩いていきます。
Nippou20190224_080
かつては扉で仕切られたトップキャビンというサロン席だったのですが、今は扉はなくパテーションで区切られた区画になっていました。大型の電動リクライニングシートと運転席側の壁には大型のハンガーが設置されていました。リクライニング角度も大きく、景色は行きに楽しんだので、今度はゆったりと座っていくことにします。

| | コメント (0)

夫婦で猫島 1泊2日(2-15)

蒲江港に停めておいたレンタカーに乗って、佐伯駅へ向かいます。駅近くのガソリンスタンドで満タンにしますが、ほとんど入りません。それもそのはず、佐伯駅と蒲江港の往復しか乗っていないのですから。あまりの少なさに、ガソリンスタンドの方もメーターとレンタカーの書類を見て、走行距離の少なさに納得してくれたようです。

レンタカーを返却して佐伯駅へ向かいます。
Nippou20190224_071
乗車するのは14:08の特急「にちりん13号」です。

発車案内には、1番線の特急と3番線の普通電車しか載っていません。
Nippou20190224_072
ところが2番線に単行のディーゼルカーが停まっていました。この辺りは普通列車も電車ばかりのハズですが。試運転でもあったのでしょうか。

特急がやってくるまで、1番線の富永一朗先生ギャラリーを見学します。
Nippou20190224_073

今回はイカはご縁がなかったですね。
Nippou20190224_074

本当に深島へ行っただけ。旧蒲江町域ばかりで佐伯の市街地には寄りませんでした。
Nippou20190224_075
機会があったら、またゆっくり来てみたい街です。

| | コメント (0)

2021年2月20日 (土)

夫婦で猫島 1泊2日(2-14)

出航時間は12:30ですからね。そろそろ港へ向かいましょう。
Fukashima20190224_066
そういえば、往復券の半券はあったなか。ありました。よかった、よかった。

防波堤を抜けて、港の桟橋へ向かいます。
Fukashima20190224_067
ネコさんたちも、桟橋へやってきます。見送ってくれるのかな。

Fukashima20190224_068
港の中にも、サンゴがみるのが深島です。

蒲江港へ向かうえばあぐりいんがやってきました。
Fukashima20190224_069
今日はちゃんと運航してくれるのですね。

ここまで見送りに来てくれたのでしょう。
Fukashima20190224_070
落ちるなよ。また機会があったら来るからね。

| | コメント (0)

夫婦で猫島 1泊2日(2-13)

そろそろ食堂へ向かいましょう。
Fukashima20190224_061

今回の旅では、夕食、朝食。そして出発前の昼食と3食お世話になりました。
Fukashima20190224_064
夕食以外は、ビックリするような食材はでませんでしたけど。

食堂前のベンチにも、相変わらずネコさんがいます。
Fukashima20190224_065

そして、食堂入口にもネコさんがいます。
Fukashima20190224_062
ごめんね。ここで靴脱いで上がらなくちゃいけないんだ。ちょっと通らせておくれ。

深島での最後の食事です。
Fukashima20190224_063
昼食にも、特産の麦味噌のお味噌汁がつきました。これ、美味しいですね。

| | コメント (0)

«夫婦で猫島 1泊2日(2-12)