2017年11月18日 (土)

アクトランド経由で自宅へ(4) 

この移動ボイラのような機械は、いったい何なのでしょうか。
Actland20170221_16

これはわかります。給油機ですよね。
Actland20170221_17
移動式だし、かなり古いモノのようですけど。

その奧に、屋根付きの広場がありました。
Actland20170221_18
この車とバイクは、自由に乗れるようになっていました。

幌つきミゼットが2台止まっています。
Actland20170221_19
土日はこのミゼットが売店になるのだそうです。

ボンネットバス博物館に入る前に、無料の展示会場を見てみます。
Actland20170221_20
これなかなかスゴイです。赤電話、青電話、黄色電話、緑電話。ICテレホンカードのオレンジ電話と、現役のグレー電話はないようでしたけど。ダイヤル式、プッシュ式とそれぞれ揃っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

アクトランド経由で自宅へ(3) 

のいち駅を出ます。駅前にはやなせたかしさんのキャラクターが待っていました。
Kuroshio20170221_11
のいちんどんまんというそうです。

アクトランドへ歩いて行きます。15分くらいの道のりです。
Kuroshio20170221_12
マンホールのふたにはNOICHIとあります。現在は香南市ですが、2006年3月の合併で香南市になるまでは野市町でした。

アクトランドに着きました。正式名称は「創造広場アクトランド」です。
Actland20170221_13
8つの有料資料館と無料のエリアからなります。資料館は龍馬資料館が1500円、他の7館が1000円。全館入館可能な1日券が5000円とけっこうお高めです。目的は「ボンネットバス博物館」だけなので、1000円の単館券を買うことにします。

チケット売り場へ向かうには、無料エリアを通っていきます。
Actland20170221_14
池に金属の造形がならんでいます。

Actland20170221_15
ゲージツ家KUMAさんこと、篠原勝之さんの作品だそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

アクトランド経由で自宅へ(2) 

後免行き5875Dが到着しました。上り列車ですが、乗り入れしている土讃線に合わせて、奇数の列車番号になっているのですね。
Kuroshio20170221_06
この列車に乗ったのは数人でした。ほとんどの人は、自分と同様下り列車を待っているようです。

家並みの中を曲がりくねっている高架線を、こちらに向けて列車が走ってきます。
Kuroshio20170221_07
あれが、これから乗る快速奈半利行きでしょう。

14:45の下り5838D快速奈半利行きがやってきました。
Kuroshio20170221_08
この列車も、土佐くろしお鉄道9640形です。

快速列車は次の立田駅は通過なので、すぐに下車駅ののいち駅に着きました。ここは、香南市の中心地です。
Kuroshio20170221_09
行き違いの出来る高架駅で、行き違いに発車していった快速高知行きは、乗り入れ先のJR四国の1000形でした。

今乗ってきた9640形です。
Kuroshio20170221_10
青い帯に中には、各駅のキャラクターマスコットが描かれていたのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクトランド経由で自宅へ(1) 

高知龍馬空港へ行くのなら、後免からバスで行くことが出来るのですが、その前に寄りたいところがあります。香南市のアクトランドへ寄ってから、高知龍馬空港へ乗合タクシーで行くという予定を立てました。
Kuroshio20170221_01
とさでん交通の後免駅の前にあるのは、土佐くろしお鉄道の後免町駅です。愛称は「ありがとう駅」というのだそうです。

土佐くろしお鉄道ごめんなはり線の各駅には、やなせたかしさん作のマスコットキャラクターがあります。
Kuroshio20170221_02
この後免町駅は、「ごめんまちこさん」です。

後免があるのは、高知県南国(なんこく)市です。高知県は生姜の生産日本一なのだそうです。
Kuroshio20170221_03
ごめん生姜地蔵という、やなせたかしさん作の像がありました。ごめんの一言で心のとげをぬいてくれるごめん生姜地蔵だそうです。

階段を上がって、高架にある後免町駅のホームへ向かいます。
Kuroshio20170221_04
上がってみると、意外にも10人以上の人がホームで列車を待っていました。

そこに14:34の後免行き普通列車がやってきました。
Kuroshio20170221_05
土佐くろしお鉄道9640形ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイバラ電車に会いにいく(26) 

後免行きの電車の最後部から、これが最後になるであろうサイバラ電車を撮っておきます。
Tosaden20170221_111
実際、サイバラ電車の運行は2017年3月4日が最終日でした。この訪問から2週間後のことです。

伊野方面とは違い、本数が少なくなるとはいえ、線路は複線が続きます。
Tosaden20170221_112
国道側は、安全地帯のない道路に白線を引いただけの電停も増えてきました。

終点の後免に到着しました。
Tosaden20170221_113
領石通で乗ったときの整理券と、先ほどもらった乗り継ぎ券を渡しております。

Tosaden20170221_114
電停の隣には、バスの折り返し場もありました。

そして、駅前の高架には、土佐くろしお鉄道の後免町駅があります。
Tosaden20170221_115
駅前には尾長鶏のモニュメントがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイバラ電車に会いにいく(25) 

文珠通より東側は本数が少ないためか、折返しの取り扱いものんびりしているようです。
Tosaden20170221_106
しばらくしてから、折返し用の渡り線の先まで移動しました。

その後、エンド交換して西方面のホームに入ってきました。
Tosaden20170221_107
今まで撮れなかった北側のイラストが撮れます。

反対側の先頭からも撮っておきます。
Tosaden20170221_108
時間的にサイバラ電車を追いかけるのも、ここまでになるでしょう。最後に、こちら側も撮れてよかったです。

引きがなくキレイに収まりませんが、パノラマ撮影もしておきます。
Tosaden20170221_109
たも屋って、千葉にいると知りませんでいたが、本当にあるお店なんですね。

次の後免行きに乗って、領石通電停を後にします。
Tosaden20170221_110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイバラ電車に会いにいく(24) 

この電車の終点、領石通電停が見えてきました。
Tosaden20170221_101
カーブの途中にある、小さな電停です。ここが折返し電車のある電停なんですね。

停車した電車の前方に、折返し用の渡り線がありました。
Tosaden20170221_102
ここは、ちょうど日陰です。光線を気にすることなく車体が撮れそうです。

1日乗車券は、文珠通の1つ先、介良通電停までしか使えません。1日乗車券を示して、後免まで行きたいのですがと告げます。介良通から後免までの運賃を払って、乗り継ぎ券を発行してもらいました。
Tosaden20170221_103
後免からの鏡川橋行きが発車していきます。その後に、入れ換えが始まりました。

その前に、ゆっくり写真を撮ります。
Tosaden20170221_104
正面がちに1枚。

そして、サイド気味1枚です。
Tosaden20170221_105
ほどよい日陰なので、影もかからずイラストが撮れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

サイバラ電車に会いにいく(23) 

再び西方面ホームでカメラを構えます。
Tosaden20170221_96
領石通行きの804号ですね。

東方面ホームに移り、今度は坂を登ってくる電車を撮ります。
Tosaden20170221_97

そんな移動を繰り返しながら、やってくる路面電車を撮っていきます。
Tosaden20170221_98
文珠通行き213号のすぐ後を、後免行き701号がやってきます。

そんな213号と西行き電車がホームを出たところで行き違います。
Tosaden20170221_99

そして、ついにサイバラ電車が領石通行きになってやってきました。
Tosaden20170221_100
これに乗って、終点の領石通電停まで行くことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイバラ電車に会いにいく(22) 

高知駅前には、高知県出身のやなせたかしさんのベンチがありました。
Tosaden20170221_91
その中の1つ、ばいきんまんのベンチで、先ほど買ってきた弁当を食べます。2月という季節柄、外で食事をしている人はほとんどいませんが、今日はそんなに寒くはありません。

再び高知駅から路面電車に乗っていきます。
Tosaden20170221_92
201号ですが、200形なのに正面が均等な3枚窓ではないのでした。

車内に入ると、つり革に写真がついていました。
Tosaden20170221_93
1つずつ違う、昔のとさでんの写真です。これは見ているだけでも楽しかったです。

はりまや橋で東方面の電車に乗り換えました。知寄町三丁目~専用軌道に入り、最初の電停である葛島橋東詰電停で降りました。
Tosaden20170221_94
専用軌道のかなり長い鉄橋を渡ってくるのが、西方面ホームから撮れます。

東方面ホームからは、後免方面からカーブを登ってくるところが撮れます。
Tosaden20170221_95
電車も、かなりの頻度でやってくるので、見ているだけでも飽きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

サイバラ電車に会いにいく(21) 

文珠通折返し電車として200形がやってきました。
Tosaden20170221_86
子どもの頃、いちばん慣れ親しんだ路面電車は都電6000形。そのためか、前後2枚引き戸で正面3枚窓、中央運転台の路面電車を見ると正当派と思ってしまうのです。そんなわけで、この土電200形はけっこう気に入ってます。

そうこうしているうちに、サイバラ電車がやってきました。
Tosaden20170221_87
しかも後免行きです。これは高須電停で撮りたかったです。サイバラが高須にごめんって、なんだか洒落のようなギャグのような写真になったのに。

Tosaden20170221_88
もちろん、後追いも撮っておきます。

サイバラ電車が後免まで行ってしまうということは、しばらく戻ってきません。お腹も空いたので、今日は未乗のはりまや橋~高知駅の乗車も兼ねて、いったん高知駅まで行くことにしました。
Tosaden20170221_89
高架駅になった高知駅へ来たのは、これが2回目かな。

駅下のお店で、お昼を買ってきます。
Tosaden20170221_90
土佐かつおめしの弁当と、手にぎりちくわというものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイバラ電車に会いにいく(20) 

続いて、700形のHOMERUNがやってきました。
Tosaden20170221_81

高須電停で、その700形と800形の行き違いです。
Tosaden20170221_82
やっぱり「ごめん」とか「いの」の方向板が着いている方が絵になっていいですね。

なかなかサイバラ電車がやってこないので、撮影場所を変えようと高須電停から文珠通電停へ歩いていきました。
Tosaden20170221_83
文珠通電停の東側に歩道橋があります。平日の日中なので、わざわざ歩道橋を渡る小学生はいません。文珠通折返し電車が停まっているのを好きなだけ撮影できます。

Tosaden20170221_84
2000形の領石通行きです。2001は幕式なのですが、他の2000形はLED方向板なのだそうです。ちょっと残念です。

文珠通止まりで折返し待ちしている600形の脇を、後免方面からの600形が走り抜けます。
Tosaden20170221_85
数年すると当たり前の風景になるのでしょうけど、個人的には旧土佐電気鉄道時代の塗色の方が好きですね。この新塗色は、なんだか軽すぎるような感じがしてしまうのです。色が明るすぎるのかなぁ。あくまで、個人的な感想ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイバラ電車に会いにいく(19) 

高須電停の東隣が折返し電車が多数設定されている文珠通電停です。
Tosaden20170221_76
その、文珠通電停を発車してくる電車も撮ることができます。

もちろん、高須電停の電車も撮れます。
Tosaden20170221_77
「イエス、高須・・・」ということで、ここでサイバラ電車を撮ろうと待っているのですけど。HOMERUNのゆるキャラ電車です。パチンコ遊技場等を経営しているホームラングループのキャラ、ランちゃんというそうです。

先ほどのHOMERUNは700形で、今度は800形です。
Tosaden20170221_78
どちらもドアが2枚折り戸という、バスのような外観が特徴の車両です。

ここから文珠通電停を望遠レンズで狙います。
Tosaden20170221_79
HOMERUN塗色って、1両じゃなかったのですね。後免からやってきた600形と、先ほど文珠通行きで走っていった700形が折返しで並びました。

600形HOMERUNが走ってきました。
Tosaden20170221_80
ホームには、折返し電車が渡り線を通って入線しているのが見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイバラ電車に会いにいく(18) 

渡り線に乗れば、目的は達成なので、はりまや橋の次の梅の辻電停で降ります。
Tosaden20170221_71
ここから歩いて、はりまや橋電停へ戻ります。

その間にある橋を渡る電車を何枚か撮っていきます。
Tosaden20170221_72
廃止になった名鉄美濃町線からやってきた590形です。名鉄時代は前中後の3扉だったのですが、今は後ろ扉は埋められて前中扉になっています。でも、その扉の跡がはっきりわかりますね。名鉄っぽい赤系に塗られていました。2両だけの在籍です。

はりまや橋交差点に着きました。
Tosaden20170221_73
とさでん交通のなつかしいバスがやってきました。富士重工の6Eですかね。

はりまや橋から東方面の電車に乗っていきます。
Tosaden20170221_74
知寄町三丁目を過ぎると専用軌道になります。葛島橋を渡ると、国道195号線の脇の専用軌道を走ります。

サイバラ電車を撮るなら、この電停と一緒に撮ろうと、高須電停で降ります。
Tosaden20170221_75
そうは言っても、サイバラ電車の詳しい時刻がわかっているわけではありません。しばらく、他の電車も撮りながら待つことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイバラ電車に会いにいく(17) 

デンテツターミナルビル前電停に、次の電車が近づくサインが点灯します。
Tosaden20170221_66
その、次の桟橋車庫前行きに乗ろうとするのですがドアが開きません。ちょっとタイミングが遅れてドアが開くと、桟橋方面ですがいいですかと聞かれます。そうですよね。桟橋方面へ行く人なら、ここではなくはりまや橋電停の南方面ののりばで待つはずですから。「ええ、渡り線に乗りたいもので」と正直に答えます。

デンテツターミナルビル前電停を発車しました。
Tosaden20170221_67

すぐに左折する渡り線に入ります。
Tosaden20170221_68

進行方向が西から南に変わります。
Tosaden20170221_69

南方面の桟橋線に合流します。
Tosaden20170221_70
そして、はりまや橋電停の南方面のりばに停まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

サイバラ電車に会いにいく(16) 

入庫電車が続きます。
Tosaden20170221_61
前の電車は桟橋通五丁目行きです。黄色の矢印信号が出て、ようやく桟橋通五丁目電停へ向かいます。つまり高知駅行きは、まだしばらく来ないということです。手前の電車は、入庫待ちの電車です。

入庫線は2本あるのですが、今度の電車は北側の線路を走って入庫していきます。
Tosaden20170221_62
先ほどの604号は南側の線路でした。入庫場所によって使い分けているのでしょうか。ちなみに、入庫便は桟橋車庫行きですが、出庫便は戻ってこの電停に来ることはせずに、1つ北隣の桟橋通四丁目電停始発で運行されているようです。

ようやく桟橋通五丁目電停に高知駅行きがやってきました。
Tosaden20170221_63
それでも、入庫便は次々とやってきます。

この高知駅行きに乗って行きます。
Tosaden20170221_64
はりまや橋まで戻ります。

そして、交差点東側にある、デンテツターミナルビル前電停の西方面のりばで入庫便を待ちます。
Tosaden20170221_65
これは伊野行きなのでパス。次の桟橋車庫前行きに乗ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«サイバラ電車に会いにいく(15)